購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥300

(税込)

獲得ポイント:
3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[菅原隆志]の「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.31~No.60): 本当の自分を大切に…

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「おれ」と「ぼく」のつぶやき(No.31~No.60): 本当の自分を大切に… Kindle版

5つ星のうち5.0 1個の評価
「おれ」と「ぼく」のつぶやき (3冊) の2冊目

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥300

販売: Amazon Services International, Inc.
紙の本の長さ: 36ページ タイプセッティングの改善: 有効 Page Flip: 有効

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック
このシリーズの次の2巻 シリーズの巻をすべて見る
小計: ¥600
ポイント: 6pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます


商品の説明

内容紹介

短文+画像なので「読みやすい」と好評です!
長文苦手な方は、是非、読んでみて下さい。

Kindle Unlimited(月額980円)に登録していれば、
「読み放題」で読むことが出来ます。

今回は、以下の内容で書きました。

No.31(幸せ)
No.32(試練)
No.33(生きる意味)
No.34(悪い噂)
No.35(一人ぼっち)
No.36(戦う)
No.37(子供の自殺)
No.38(自作自演)
No.39(群れる加害者)
No.40(親も変わる)
No.41(暗示)
No.42(被害者を悪者に)
No.43(愛と感謝)
No.44(悪意のある嘘つき)
No.45(観察妄想)
No.46(心が強くなる)
No.47(責められ妄想)
No.48(自信)
No.49(思考)
No.50(情熱)
No.51(悪い噂)
No.52(詐欺師)
No.53(正しさ)
No.54(鎖)
No.55(無理をする)
No.56(過去)
No.57(闘志)
No.58(孤立)
No.59(あなたの不幸を願う人)
No.60(なぜ?)

僕のつぶやきを、
「本当に読みたいと思ってくれる人だけに届けたい」
という思いから、本書が完成しました!

子供のころから、ずっと心が苦しくて、
長年、抜け出すことが出来ずにいました。

そして、そんな長年の苦しみを大幅に減らすことが出来ました、
その方法を、「サヨナラ・モンスター」という、
心に大きな変化を起こすための方法を、情報教材として販売しています。

実際に取り組んだ方たちから、、、

・確かに恐怖が減った!
・強迫性障害のような症状が改善してきた!
・カウンセリングよりも効果的だった!
・心が軽くなってきた!
・心が整理されてきた!
・強くなってきた!
.etc

色々な良い変化を感じたお声を頂きました。

これは本当に嬉しかった。

そう思って、少しでも誰かの心が軽くなればいいなと思い、
色々な方法(メルマガ、SNS、ブログ等)で情報を発信していたのですが、
何故か、”SNSからだけ”、支配的な人間が寄ってくるのです。
(メルマガは、その逆)

SNS…
(僕のデマを流してたり、誹謗中傷をしてきたり)

メルマガ…
(勉強になりました!ありがとうございます。気づきがありました。)

このように、「SNS」と「メルマガ」では、
そこにいる(寄ってくる人間)が全く違うのです。

それは、SNSは公然の場なので、
当然、支配的な人間もいて、虐め、嫌がらせ、
誹謗中傷、人格攻撃などが好きな者は、SNSに集結しています。

そして、僕が抱えていた長年の心の苦しみは、
心が「支配されていたから」で、その支配から抜け出して楽になれました。

つまり、僕の発する情報は、、
「支配から抜け出そう!騙されず本当の自分を生きよう!」なので、
支配者にとっては、当然、不快に感じるものもあるのです。

健全な人間たちなら、お互いに考えが違っても、違いを認め合いますが、
支配者には、それがありません。
気に入らなければ、攻撃したり、相手を悪者扱いします。

だから、支配者の支配が解けるキッカケになる発信をすると、
SNSでは距離感が近いので、支配的な人間が近寄ってきます。
(異常な距離感で接触してくる者もいる)

それ以外の場所では、皆さん、健全な距離感で問題ありません。

そのような者は、誹謗中傷が好きだったり、他人を軽視したり、
悪い噂を作って流したりする(デマ流しをする)のが好きです。

「SNSやると病むからやめた」という人もいますが、
病む原因は、異常な距離感で接触してくる者との人間関係によるものです。

SNSでの誹謗中傷や、ネットいじめでの自殺などが起こっていますよね。
つまり、SNSは、健全な人間の中に、悪い人間も混ざっているのです。

なので、「支配から抜け出そう!騙されず本当の自分を生きよう!」に沿った内容を、
SNSで発信すると、支配者が寄り付いてきて、疲れます。

実際、別アカウントで、「支配」「騙し」に触れずに発信して試してみたところ、
支配的な者は寄り付いてきませんでした。
彼ら(支配者)は、「騙せる人間が減る
(本当の自分を生きる人が増える)」ことを恐れているのだと思います。
(実際に、騙している自称カウンセラーの存在も確認済み)

だけど、僕は自分の考えを発信したい。
僕の考えが役立つという人に、僕の考えを届けたい。

じゃあどうしたら良いか、
「僕が、発信場所を変えてみればよい」そう思いました。
それがAmazonの「Kindleストア」で、「出版」することだと考えました。

僕が場所を変えて、今後は、Amazonの「Kindleストア」で、「出版」する形で、
自分のつぶやき(1つ、約140文字)を発信していこうかと考えたのです。

そうすれば、支配的な人間は有料なので読まない(離れられる)、
そして、本当に読みたい人は、読んでくれる。自分も成長できる。一石三鳥だと、考えたのです。

ツイッターでもツイートはしますが、メインはこの「Kindle版」です。
短文140文字くらいを、30個まとめて、販売していくことにしました!

そして、「菅原さんの言葉は良い意味で心に刺さります!
しかも画像付きだとスーッと入ってきます!」と言われました。

なので、画像付きで、短い文章(140文字くらいの短文)で発信したい、
そう思うようになったのですが、僕が使っている画像は、
有料サイトのものを使用していますので、お金もかかります。

そこで、

1、無料発信だと、支配的な者が寄り付いてくる
2、有料画像を使って発信し続けたい

この2つから「AmazonのKindleストアで出版すれば2つが解決する!」と閃いたのです。
「自分のつぶやき(言葉)を有料化しよう!」と。

これなら、読む人も限定されるし、本当に読みたい人だけ読んでくれるし、
邪魔したい者はわざわざ購入しないと思いますし、良いことだらけだと気づきました。

自分の言葉を、誰でも彼でも、自由に読んで欲しいわけじゃない。

何で、自分の苦しみや努力などから生まれた言葉を、
「わざわざ悪く見てくる者」に読まれなきゃいけないのか。
なんか、不快だな…。そう感じていました。

以前、こう書いたことがある。

「あなたを悪く見る人は、どこまでいっても悪く見てくる。
真実を歪めて悪く見てくる。何故なら、それが「目的」の一部だから。
だから、あなたを悪く見ようとする者からは離れたほうが良いと思う。
その逆もある。つまり、あなたの良いところをちゃんと見てくれる人もいる。自分の心が望むほうに進もう。」

だから、僕も、離れる(僕の発する情報や言葉と、彼らを離す)ために、考えた。
「AmazonのKindleストアで出版すれば解決する!」と。

僕は、デマを流す者や、悪意のある嘘つきなど、
そんな者に読んで欲しいわけじゃない。

しかし、彼らは、如何に相手を軽視するか、
傷つけるかが目的の者もいるので、近寄ってくることもある。

なので、僕が場所をちょっとずらそうかなと思ったんです。(自分のやり方を変えた)

場所を変えて、僕の考えを、更に広めていくことにしたのです!!

あと、タイトルがなぜ、「おれ」と「ぼく」なのかというと、
それは「おれ」のような気分になったり、
「ぼく」のような気分になったり、コロコロ変わりたいからです。

つまり、「おれ」でいても飽きるし、
「ぼく」でいつづけても飽きる。

だから、気持ちを変化させたいのです。
それだけです。

あと、本書は、読者さんを喜ばせようとか思っておらず、
思ったことを自由に書いているので、
読んでいて嫌な気持ちになる言葉もあるかもしれない。

「なるほど!すごいな!」と思う時もあるかもしれない。
「なんだこれ不快だな…、くそっ」と思う時もあるかもしれない。

勇気が湧いてくるかもしれない。
良い気づきがあるかもしれない。
ありがとうって気持ちが出てくるかもしれない。

あなたがどんな気持ちになるか、それは僕にはわからない。

ただ、その中から、あなたの人生が豊かになるために、
使える考え方(言葉)があれば、
心の成長の材料として使っていただけたら、嬉しく思います。

それでも、読みたい方だけ、購入して読んで下さい。
否定的に、人を悪く見たい人は、さようなら。

あと、本書、『「おれ」と「ぼく」のつぶやき。』の言葉を引用して、ツイッターで紹介したいときは、
必ず、Amazonの書籍のページへのリンクを貼って下さい。

詳しくは、購入後、本の中の「引用について」をお読み下さい。

この本は、

・「自分の言葉を発信したい!」と思っている人
・心の苦しみから抜け出すために、違う考え方(材料)を探している人
・支配者や嘘つきが嫌いで、そこから離れたいと思っている人
・自分を大切にしたい人

このような人に読んで欲しいと思っています。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 22213 KB
  • 推定ページ数: 36 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B082SZRNBC
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 134,931位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2019年12月18日
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover