Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 666
ポイント :
7pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[春木敏徳]の「うつ病」は99%誤診だった!: 血液検査と栄養療法で「ウツ」は治る時代へ

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「うつ病」は99%誤診だった!: 血液検査と栄養療法で「ウツ」は治る時代へ Kindle版

5つ星のうち5.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 666

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【666円】

その日、人類は思い出した
世界は強大な闇と利権に支配されていた恐怖を…
掌上で運らされていた屈辱を……

【内容紹介】

うつ病は女性なら5人に1人、男性なら10人に1人がかかると言われています。

このうつ病の原因は、セロトニン不足や心の風邪、怠け病、
はたまた原因不明と言われているなど、未だに情報が錯綜しています。

ですが、うつの原因は、内分泌疾患などが関係している器質性精神疾患や
栄養欠乏、薬害、環境や思考などが深く関係していることが分かってきました。

この本では、これら原因をわかりやすく解説すると共に、うつヌケするために必要な
栄養と食事、行動、思考などを具体的に指南した、まさにバイブルと呼べる一冊です。

10年以上苦しんだうつ病を、たった6ヶ月で克服した著者が、
心療内科では絶対に教えてくれない、
「うつ病の原因と本当の治し方」と
「ずさんな精神医療の実態と製薬会社の闇」を完全暴露!


【目次】
はじめに

第一章:うつ病の本当の原因は何? モノアミン仮説の嘘

うつ病のモノアミン仮説
・セロトニン仮説
・ドーパミン仮説
・ノルアドレナリン仮説
・双極性障害のモノアミン仮説

うつ病の原因は、本当にモノアミンの分泌異常なのか?
・うつ病の原因は、モノアミンの分泌異常以外にも様々な原因がある!

精神科は、当てずっぽうで薬を処方している!

男性なら男性更年期障害と亜鉛不足を疑え!

女性は更年期障害とPMS、タンパク質と鉄不足を疑え!
・月経前症候群(PMS)とは
・月経前不快気分症候群(PMDD)とは
・更年期障害もうつの原因に
・女性のうつ、パニックは鉄欠乏とタンパク質不足が原因
・貧血と診断されていなくても貧血になる「隠れ鉄欠乏貧血」とは

血糖コントロール障害がうつを引き起こす
・セロトニン不足は原因では無く結果

第二章:うつの原因は、栄養、思考、環境が密接に関係している

女性がうつになってしまう環境と原因
・女性特有の疾患や症状(月経、出産)
・妊娠、産後うつ
・男性よりもストレス過剰な格差社会
・DVやセクハラなどによる被害
・母子家庭の増加による貧困
・間違ったダイエットによる栄養不足
・インスタ映えを狙った食生活の悪化(糖質の取り過ぎ)も原因の1つ
・過度な日焼け対策も冬期うつの原因に

男性がうつになってしまう環境と原因
・ロスジェネ世代の生きづらさと貧困

第三章:精神科医と精神薬の闇

精神科医は、原因を調べずに病気を診断している!
・精神医学マニュアルには、原因を特定するよう書かれている!
・不必要な抗うつ剤と安定剤を処方している!
・不調が増え続ける負のスパイラルとは
・うつ病や心の風邪は製薬会社のマーケティング
・中には本当の精神疾患もある

第四章:うつの克服は質的栄養失調の改善が鍵

質的な栄養失調とは
・脳の神経伝達物質はタンパク質とビタミン、ミネラルで出来ている
・栄養別うつの原因

コレステロールの重要性
・いい脂質と悪い脂質
・リノール酸の取り過ぎは、慢性炎症の原因となる
・脂質はバランスが重要
・利用効率が高い脂質を摂取する
・トランス脂肪酸を避ける

うつ病克服における糖質制限の重要性

第5章:腸が悪いとうつになる!? 脳と腸の関係とは

腸内環境が悪化する原因
・グルテン、カゼインの危険性
・リーキーガット症候群
・ピロリ菌の感染や胃弱
・腸カンジダの感染
・口腔ケアの重要性

腸内細菌が人類を救う

・腸内細菌とうつの関係
・腸内細菌のバランスは脳の健康にも作用する
・植物性の乳酸菌が鍵
・植物性乳酸菌が多く含まれている食品
・食物繊維やオリゴ糖は善玉菌を増やす
・ビタミンDは腸の粘膜を強くする

第6章:うつヌケ食事術を実践しよう!

うつヌケ食事術 生活習慣編
・低糖質、高タンパク高脂質を心がける!
・炊飯器は捨ててしまえ!
・飲むんだったら水かお茶!
・サラダ油をラードに変える!
・DHA・EPAを意識して摂る!
・カゼインとグルテンを避ける!
・肉ファーストで食べる!
・食物繊維を多く摂る!
・足りないビタミンとミネラルはサプリメントで!

うつヌケ食事術 買い物編

・スーパーでの買い物の仕方
・コンビニでの買い物の仕方
・外食での料理の選び方

第7章:うつにならない行動習慣を手に入れろ!

補給した栄養は、使ってこそ意味がある
・うつヌケしたいならテレビを捨てろ!
・うつヌケしたいなら節約を徹底しろ!
・うつヌケしたいなら、自分の強みと弱みを知れ!
・うつヌケしたいなら、環境を変える努力をしろ!
・うつの克服は、ギブギブギブが鍵!

第8章:減薬、断薬成功の秘訣

今薬が効いていないなら、減薬断薬すべきでは無い
・栄養補給が第一
・減薬のサイン

第9章:継続こそがうつ克服の鍵

・うつが再発する人としない人の違い
・怠け病とうつ病の違い

終わりに
著者プロフィール
うつぬき完全攻略マニュアル無料プレゼント!


【著者プロフィール】

本名: 春木 敏徳
ビジネスネーム: はる かおる
1985年生まれ
東京生まれ・岐阜県在住

幼少期からの虐待と学校でのいじめによりPTSDとうつ病を発症。
重度の電話恐怖症により、社会生活が営めず、引きこもり状態となる。
その後10年以上も心療内科に通い、薬物治療を行うが治らず、
一時期は生活保護を受けるまで経済的に困窮した。

ある日「オーソモレキュラー療法」という分子栄養医学と出会い
「心の病は栄養失調からきている」と気がつき、独自で栄養療法を開始。
開始して6ヶ月後にはみるみる体調が良くなり、見事うつヌケを果たす。
その後、1〜2年ほどゆっくり時間をかけて減薬、断薬し、
今ではうつとはほぼ無縁の生活をしています。
しかし、うつヌケは出来てもPTSDは治らず、現在も奮闘中。
自ら経験、学んだ知識を活かし、うつ病専門のコンサルタントとして活動しています。

【HP】

https://icsphere.com/

【まえがき】(抜粋)

突然ですが、あなたに質問です。

あなたが初めて「うつ病」と診断されたとき、診断方法に何か違和感を感じませんでしたか?

「気分が落ち込む」「なんとなくやる気が出ない」「もしかしたらうつ病かもしれない」そう思ったあなたは、ワラにもすがる思いで心療内科の元へ受診したかと思います。

問診票を記入し、待つこと数十分。ようやく順番が来たかと思ったら、数分程度の診察で終了。血液検査や精密検査は特にありません。そして、医者が下した診断は、「うつ病」です。

「えっ?たったこれだけの事で病気かどうかわかるんですか!?」

あまりにも簡単にうつ病と診断するので、あなたはもう一度医者に問いただします。

「私は、本当にうつ病なのでしょうか? 何か、他に原因や検査はないのでしょうか?」

こう聞かれた医者は、特に改める様子も無く、

「うつ病で間違いありません。お薬を処方しますので、ゆっくり休んで下さい。」

と、病気の原因を深く検査することはありませんでした。

「医者が言っているんだから間違いないのかもしれない……」

あなたは、不安になりながらも、こう自分に言い聞かせたのではないでしょうか。

このように、現在の精神科や心療内科では、チェック項目に多く当てはまっただけや、たった数分の問診でうつ病と診断しています。そして、わけの分からない向精神薬を大量に処方しているのです。

本来であれば、脳の萎縮を調べたり、血液検査をしたりして、原因が特定されてから病気が診断されるはずですよね。でも、このような検査は全く行いません。

「もしかしたら、医者のさじ加減で病気と診断しているのでは?」

「他に何か原因があるのかもしれない。」

診断結果を受けて、もしこのような疑問をお持ちであれば、この本はきっと役に立つと思います。

なぜなら、このような問診だけでうつ病と診断されている場合は、99%誤診であると言い切ることが出来るからです。

あまり知られていませんが、うつ病や精神疾患には、大きく分けて2つの原因があります。1つは、内分泌疾患などが関係している「器質性精神疾患」と、日々の食生活の悪化などによる「栄養欠乏型精神疾患」があります。

これら2つは、結果として脳に影響を与えるため、うつ症状やパニック障害など、一見すると精神疾患のように見えることがあるのです。

医者は、これらをろくに調べないまま、単に表面に現れた精神状態を問診して病気を診断しています。ですので、あなたのうつ病も、原因となっている何かしらの病気が隠れていてもおかしくありません。

そして、うつ病の原因が内分泌疾患や栄養欠乏からきているのであれば、まずこれらの治療が先決です。これらを治さないまま、いくら精神薬を飲んでも全く効かないどころか、うつが良くなることはあり得ないからです。(続く)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4046 KB
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07VNFC45L
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 6,276位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



8件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

8件中1 - 8件目のレビューを表示

2019年7月25日
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月29日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年7月31日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年7月26日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年7月27日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年7月27日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年7月29日
形式: Kindle版Amazonで購入
2019年7月29日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover