通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫) 文庫 – 1979/9/17

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 713 ¥ 44

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)
  • +
  • 日本的霊性 (岩波文庫)
  • +
  • 中空構造日本の深層 (中公文庫)
総額: ¥2,337
ポイントの合計: 220pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本民族に独自の美意識をあらわす語「いき(粋)」とは何か。「運命によって“諦め”を得た“媚態”が“意気地”の自由に生きるのが“いき”である」―九鬼(1888‐1941)は「いき」の現象をその構造と表現から明快に把えてみせたあと、こう結論する。再評価の気運高い表題作に加え『風流に関する一考察』『情緒の系図』を併収。


登録情報

  • 文庫: 211ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1979/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003314611
  • ISBN-13: 978-4003314616
  • 発売日: 1979/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,849位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 コナン.O. トップ100レビュアー 投稿日 2015/3/29
形式: 文庫
大正〜昭和時代の哲学者・九鬼周造(1888〜1941年)の代表的著作。
著者は1921〜29年に欧州に留学し、パリの哲学界で若い俊秀として認められ、ハイデッガーやベルクソンからも評価を受けていたという。
著者は、「「いき」は欧洲語としては単に類似の語を有するのみで全然同価値の語は見出し得ない。したがって「いき」とは東洋文化の、否、大和民族の特殊の存在様態の顕著な自己表明の一つであると考えて差支ない」と、ソシュールの言語学的アプローチから、「いき」を「わが民族に独自な「生き」かたの一つ」と述べている。
そして、その日本人の生き方の美意識の基本的構造を、古典的ヨーロッパ哲学の論法で分析したのである。
著者による、「いき」の内包的な特徴・性質は以下である。
◆第一に、異性に対する「媚態」、即ち、異性を意識した「なまめかしさ」、「つやっぽさ」、「色気」であり、異性との関係が「いき」の原本的存在を形成している。
◆第二に、「意気」即ち「意気地」であり、江戸っ子の気概が含まれる。「武士は食わねど高楊枝」の、溌剌とした武士道の理想が生きている。
◆第三に、「諦め」、即ち、運命に対する執着を離脱した無関心である。垢抜けがしてなくてはならぬ。あっさり、すっきり、瀟洒たる心持でなくてはならぬ。無常等を原理とする仏教の世界観である。<
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
つくづく奇書。ときまさに大日本帝國がさらなる膨張を果たし、
後戻りできないところまで戦争に踏み込んでゆく1930年、
ドイツ、フランス帰りの京大の哲学の先生は、
新カント学派、ベルグソン、ハイデガーを学んで、
そして男女の色恋の「いき」を論じる日本文化賛歌を書いた。

著者は書く、
カルメンがハバネラを歌いつつドン・ジョゼに媚びる態度は
コケットリーでではあっても決して「いき」ではない。
「いき」は、大和民族の特殊の存在様態の顕著な自己表明の一つである。

「いき」は、異性に対する「媚態」である。
「いき」のうちに見られる「なまめかしさ」「つやっぽさ」「色気」、
(女が男にやれそうな期待を与えるところに、「いき」が宿る。
しかし、やってしまえば、粋は消滅する。)
永井荷風が『歓楽』で書く、
「得ようとして得た後の女ほど、なさけないものはない」

「いき」の第二の徴表は「意気」すなわち「意気地」である。
「いき」は、江戸文化の道徳的理想が反映されている。
野暮と化物とは箱根より東に住まぬ。
命をも惜しまない町火消、
鳶者は寒くても白足袋はだし、法被一枚の「男伊達」を粋
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者は「いき」を「垢抜けて、張りのある、色っぽさ」と捉え、「上品」「甘み」「派手」等の類似概念との関係性を明らかにする。続いて、「いき」が具体的にどのような形をとって表れるかを論ずる。

昭和五年の本にしては読みやすいとは思うけれど、それにしたってやっぱり読みにくい。
それでも頑張って読んだのに、結論が「分析はできたが、いくら分析したって体験しないとダメなのだ」ってそりゃないぜ。それに、「大和民族の精神文化を忘れてはいけない」なんて言われても困る。仏教も武士道もわからないし。
しかたがないからアニメやマンガという現代の神話のなかに探してみる。

「いき」とは「カリオストロの城」のラストでルパンが見せた態度ではないか。
所詮、ルパンは愛するクラリスを幸せにできない運命にある。ルパンは「自由」を求めるからだ。ルパンはその運命を知って「執着を離脱した無関心」と「あっさりすっきりした垢抜け」を演じる。「叶わねばこそ浮世」、「未練のない恬淡無碍の心」には遠いとしても、自分のことを「おじさま」などと呼ぶ年端もいかない娘なんかに惚れてたんじゃ怪盗ルパンの名が廃る。「武士は食わねど」を演じきった。これこそ「運命に諦めを得て意気地の自由に生きる」色気だ。

ルパンの「微笑の裏に、真摯な熱い涙のほのかな痕跡を見つめた」ときに、我々ははじめて「いき」の真相を把握するのである。こんな理解でいいのかしらん・・?
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
九鬼周造の『いきの構造』は 学生時代に 少し読んだが
あまりにもつまらないというかよくわからないので、すぐに捨てた。

そして、今頃になって 
何か、気になり、読み始めた。

言葉というのは 時代とともに 風化していくものである。
そうであるがゆえに
古い言葉、古典的な言葉、失われつつある言葉を
蘇生させる作業が必要なのかもしれない。
そのひとつに 『風流』 という言葉がありそうだと思う。
それは、生活スタイルである。
今で言う 『ロハスな生活』というアメリカから来た
言葉を ありがたがるよりも 『風流な生活』のほうが
よっぽどよさそうである。

九鬼は言う
風流とは 『世俗』を断ち切り、『離俗』することである。
『風流人となるには 「心を正して俗を離れるほかはなし」』
という。
この言葉の 『心を正して』というくだりが
なんともいえなく、崇高である。

『世俗と断ち因習を脱し名利を離れて虚空を吹きまくるという気迫
が風流の根底になくてはならない。』という・・・

九鬼はつづけていう
『風流のこの第2の契機を耽美とい
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー