Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 756の割引 (58%)

ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[植山 周志, できるシリーズ編集部]の「あるある」で学ぶ 忙しい人のためのExcel仕事術 できるビジネスシリーズ
Kindle App Ad

「あるある」で学ぶ 忙しい人のためのExcel仕事術 できるビジネスシリーズ Kindle版

5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540

紙の本の長さ: 240ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

「納品日まで、あと何日あるのか把握していない」「上司から高すぎる売り上げ目標を設定された」「商品名や製品名の入力間違いが多い」「表が途中で切れて印刷された」など、思い当たる人は業務改善の余地あり! 自分が気付いていないExcelのノウハウを「あるある」の例でひも解ける、新感覚のExcel本。外資系企業で日々マーケティングと戦略作りを行い、Excelのビジネススクールで講師を行う著者が生産性を上げるためのコツを紹介。時短ワザや実務に使える関数、美しい資料の作成方法、売り上げのシミュレーションなど、ビジネスに効くテクニックが満載!

著者について

植山周志(うえやま しゅうじ)

外資系企業にてインターネットのマーケティングに従事。仕事の傍らビジネスマンに向けたExcelの使い方やプレゼン資料の作り方、数字思考力などのレクチャーを2008年から実施。
2011年3月にグロービス経営大学院を卒業しMBAを取得。世の中に価値あることを提供することを目指して日々努力中。
1994年から12年間でBMX(自転車競技)の国内外の大会を45回の優勝経験を持つアスリートの経験あり。趣味は料理。

●植山周志のぶっ飛びブログ
http://www.shoe-g.com

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60194 KB
  • 紙の本の長さ: 239 ページ
  • 出版社: インプレス (2015/4/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00W4W747E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 13,634位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Excelの起動から始まって、表をつくってみよう、レベルの超入門書は結局すぐ読まなくなりますが、これは
その次レベルの入門書でした。Excelの本はきちんと読んだことが無く、独学で何となくExcelを囓っていた方
には適当だと思います。パラパラ読んでいると、こんなこともできるんだ的アンチョコになります。

それだけなら★4つ以上あげたいのですが、実際にこの本を片手に始めて見ると、しばしば詰まってしまう。
分かっているものとして省かれている部分や、間違っている部分もある(正誤表は公開されている)。

結局この本を片手にインターネットで調べること多数。この本の意義は、こんなことができそうという紹介と、
ノートの小さな画面でWebを見ながら作業しづらい時に片手にあると便利なことがある、程度でしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は大満足。読み口もいい。
サンプルデータも提供されているので、すぐに手を動かせる。

サポートページの正誤表にそれなりの修正が記載されているが、Kindle版は初版。
[・・・]

それなりに売れている電子版なのだから、正誤表が反映されたものにして欲しかった。
内容ではなく、出版社の姿勢に減点。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これはExcelと仲良くなって、『最強のビジネスパーソン』になれる本です。かといって単なる、Excelのスキルだけを上げさせるテクニカル偏向の本でもありません。(ここがミソ)
もちろん、入力のABCのような基本的な使い方から、知っていると便利な効率性を上げるショートカットなどのtips系。Excelの真骨頂のピボット、関数あれこれ、グラフ作成・表罫線などの見せ方のコツ。回帰分析、目標達成のKPIの適正値を提示してくれるゴールシークといった応用編までテクニカルな要素はきっちりと押さえられていますのでご安心を。
そういったテクニカル要素をきっちり押さえたうえで、ビジネスパーソンとしての自分の価値を上げるためtipsに溢れた本と言ってもいいかと思います。著者の植山さんのIT系外資をスイスイ生き抜いてきた背景からの、普段の仕事でのちょっとした気づきやアドバイス、あと、「あるある」ネタが読み物としても非常に面白いものに仕上げる材料になっていると思います。
最後にちょっとまとめると、、Excelを使った仕事の大体は、元になるデータを「抽出」⇒「整理」「加工」「集計」⇒「分析」「グラフ化・表化」して、それを、使って「プレゼンテーション」することが多いと思います。
『 この一連の流れ × N回 』のNを増やし、その質をどれだけ上げ、その間隔を短くできるかがビジネスパーソンパワーだと私は確信しており、この本は確実にそれを後押ししてくれる本だと思います。
お薦めですよ!
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「あるある」
つい言葉に出してしまうこの一言。
そんなExcel触ってる時にぶつかるシチュエーションとその対処方法などがケースにあわせてわかり易く解説してある本。初心者の方から中級者の皆様まで確認と知識習得に役立つ書籍。

各チャプターを簡単に書くとこんな感じ。

1,基本技
2,効率化
3,関数
4,表現力
5,分析力

自分はExcel力は高くない方だとは思いますが、3の途中、4の途中までは、自分の中では知ってる知識。
それ以降は、知ってても使ったことが無かったり、知らなかったテクニック。
回帰分析などはほぼほぼ使わないけど、最近、ちょっと勉強しなきゃな内容になっているので興味津々。

この10数年で何度か取り組む必要にかられて本を読んでみたり、マイクロソフトのサイトのラーニングを見たりしてましたが、こういうことたまにしないとダメですね。

本書籍は、「=A1+B1+C1」とかやっちゃう貴方から、「VLOOKし過ぎで処理速度遅くてー」とか言ってる貴方まで、読み物としても、実用書としても楽しめるのでは無いでしょうか?

筆者の最後の言葉も好きだなー。
情熱ですよ!
(前後も読んでねw
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/5/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書は、EXCELを使う上で知っていると便利な機能や、関数、グラフ作成のコツなどなどを解説した本です。

 私はEXCELを長年使い、特にクイックアクセス・ツールバーやリボンによりたたずまいが相当変化した2010を使い始めたときは改めて入門のガイド本を何冊か読みましたので、最低限の基本的な知識は持っているつもりでしたが、本書を読んでみると、(知っているものも相当ありますが)「へえー これは知らなかった。便利な機能」と思う項目も複数ありました。EXCELは「知っていると知らないでは、作業効率が大違い」という要素が強いので、いくつかの有益・実践的な知識を得られて満足です。
 私は、クイックアクセス・ツールバーやリボンを自分に便利なスタイルにカスタマイズして以降、それ以外の機能を日ごろほとんど見ていなかったことに気づきました。本書をきっかけに改めて便利機能を追求しようと思いました。そんなきっかけを与えてくれる本です。

 一方、EXCELのワザの本には、スゴイけどあまり使わない機能を羅列した本もありますが、本書は「あるある」というタイトルのとおり、「これはけっこう使う」と思う事柄に絞って書かれています。良くも悪くも機能や関数を網羅的に取り上げている本ではありません。
 また、単に機能の解説をしているだけでなく、実際に使うシーン
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover