¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
〈海賊版〉の思想‐18世紀英国の永久コピーライト闘... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

〈海賊版〉の思想‐18世紀英国の永久コピーライト闘争 単行本 – 2007/12/20

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,619
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

エジンバラの「海賊出版社」アレクサンダー・ドナルドソンは、コピーライトを永久に独占しようとしたロンドンの大書店主たちに敢然と挑んだ。「なぜ、コピーライトに期限があるのか」―18世紀英国を舞台とした法廷闘争を軸に、その起源を社会・文化史的に検証する。著作権問題を史的に考察した力作である。
当時の出版状況の背景には、書店主、法律家、貴族、作家の関係やネットワークがあり、今日的問題へのヒントも多い。作品をめぐる思想と議論、登場人物の人間臭さなど、出版文化史としても出色の読み物だ。
「独占と『海賊』は、善悪の二分法で切ることはできない。両者はあくまで経済的な利益を追求していたのだが、自分たちの立場を擁護する便法として、著者の権利や読者の便宜をいってきた。両者の力と力のぶつかりあいに法律家たちの人間関係がからみあい、時代が動いてゆく―そんな歴史観を、この本では描いてみたかった。こういう書き方は、法学のひとのように、法廷での論理構成を綿密に分析することを大事にしている立場からみれば、邪道の極みだろう。しかし法廷のなかでの議論だけを追っていてはわからないことのなかに、歴史のうねりを作り出す源があるのではないだろうか。」(「おわりに」より)

内容(「BOOK」データベースより)

コピーライト永久独占を目論む大書店主に挑む“海賊出版者”ドナルドソンの肖像。法廷闘争を軸に著作権を史的に考察する。近代の草創期の出版文化史としても出色。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: みすず書房 (2007/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622073455
  • ISBN-13: 978-4622073451
  • 発売日: 2007/12/20
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 632,872位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2014年6月8日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年8月11日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年2月8日
形式: 単行本
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ペットフード 犬