¥ 6,804
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性 単行本 – 2002/11

5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,804
¥ 6,804 ¥ 3,133

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性
  • +
  • 単一民族神話の起源―「日本人」の自画像の系譜
  • +
  • 「日本人」の境界―沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮 植民地支配から復帰運動まで
総額: ¥17,172
ポイントの合計: 431pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今回は、太平洋戦争に敗れた日本人が、戦後いかに振舞い思想したかを、占領期から70年代の「ベ平連」までたどったものです。
戦争体験・戦死者の記憶の生ま生ましい時代から、日本人が「民主主義」「平和」「民族」「国家」などの概念をめぐってどのように思想し行動してきたか、そのねじれと変動の過程があざやかに描かれます。  登場するのは、丸山真男、大塚久雄から吉本隆明、竹内好、三島由紀夫、大江健三郎、江藤淳、さらに鶴見俊輔、小田実まで膨大な数にのぼります。現在、憲法改正、自衛隊の海外派兵、歴史教科書などの議論がさかんですが、まず本書を読んでからにしていただきたいものです。読後、ダワー『敗北を抱きしめて』をしのぐ感銘を覚えられこと間違いありません。
TOC: ◆目次 第1章 モラルの焦土――戦争と社会状況
セクショナリズムと無責任/軍需工場の実態/組織生活と統制経済/知識人たち/学徒兵の経験/「戦後」の始まり
第2章 総力戦と民主主義――丸山眞男・大塚久雄
「愛国」としての「民主主義/総動員の思想/「国民主義」の思想/「超国家主義」と「国民主義」/「近代的人間類型」の創出/「大衆」への嫌悪/屈辱の記憶
第3章 忠誠と反逆――敗戦直後の天皇論
「戦争責任」の追及/ある少年兵の天皇観/天皇退位論の台頭/共産党の「愛国」/「主体性」と天皇制/「武士道」と「天皇の解放」/天皇退位と憲法/退位論の終息
第4章 憲法愛国主義――第九条とナショナリズム
ナショナリズムとしての「平和」/歓迎された第9条/順応としての平和主義/共産党の反対論/「国際貢献」の問題
第5章 左翼の「民族」、保守の「個人」――共産党・保守系知識人
「悔恨」と共産党/共産党の愛国論/戦争と「リベラリスト」/オールド・リベラリストたち/「個人」を掲げる保守/「世代」の相違
第6章 「民族」と「市民」――「政治と文学」論争
「個人主義」の主張/戦争体験と「エゴイズム」/「近代」の再評価/共産党の「近代主義」批判/小林秀雄と福田恒存「市民」と「難民」
第7章 貧しさと「単一民族」―一九五〇年代のナショナリズム
経済格差とナショナリズム/「アジア」の再評価/反米ナショナリズム/共産党の民族主義/一九五五年の転換/「私」の変容/「愛する祖国」の意味
第8章 国民的歴史運動――石母田正・井上靖・網野善彦ほか
孤立からの脱出/戦後歴史学の出発/啓蒙から「民族」へ/民族主義の高潮/国民的歴史学運動/運動の終焉
第9章 戦後教育と「民族」――教育学者・日教組
戦後教育の出発/戦後左派の「新教育」批判/アジアへの視点/共通語普及と民族主義/「愛国心」の連続/停滞の訪れ
第10章 「血ぬられた民族主義」の記憶――竹内 好
「政治と文学」の関係/抵抗としての「十二月八日」/戦場の悪夢/二つの「近代」/「国民文学」の運命
第11章 「自主独立」と「非武装中立」――講和問題から55年体制まで
一九五〇年の転換/アメリカの圧力/ナショナリズムとしての非武装中立/アジアへの注目/国連加盟と賠償問題/「五五年体制」の確立
第12章 六〇年安保闘争――「戦後」の分岐点
桎梏としての「サンフランシスコ体制」/五月十九日の強行採決/戦争の記憶と「愛国」/新しい社会運動/「市民」の登場/「無私」の運動/闘争の終焉
第13章 大衆社会とナショナリズム――一九六〇年代と全共闘
高度経済成長と「大衆ナショナリズム」/戦争体験の風化/「平和と民主主義」への批判/新左翼の「民族主義」批判/全共闘運動の台頭/ベトナム反戦と加害
第14章 「公」の解体――吉本隆明
「戦中派」の心情/超越者と「家族」/「神」への憎悪/戦争責任の追及/「捩じれの構造」と「大衆」/安保闘争と戦死者/国家に抗する「家族」/「戦死」からの離脱
第15章 「屍臭」への憧憬――江藤 淳
「死」の世代/没落中産階級の少年/「死」と「生活者」/「屍臭」を放つ六〇年安保/アメリカでの「明治」発見/幻想の死者たち
第16章 死者の越境――鶴見俊輔・小田 実
慰安所員としての戦争体験/「根底」への志向/「あたらしい組織論」の発見/「難死」の思想/不定形の運動/他 結論

著者からのコメント

私たちは「戦後」を知らない
あなたは、共産党が日本国憲法の制定に反対し、社会党が改憲をうたい、保守派の首相が第九条を絶賛していた時代を知っているだろうか。戦後の左派知識人たちが、「民族」を賞賛し、「市民」を批判していた時期のことをご存じだろうか。全面講和や安保反対の運動が「愛国」の名のもとに行なわれたことは? 昭和天皇に「憲法第九条を尊重する意志がありますか」という公開質問状が出されたことは?
 焼跡と闇市の時代だった「戦後」では、現在からは想像もつかないような、多様な試行錯誤が行なわれていた。そこでは、「民主」という言葉、「愛国」という言葉、「近代」という言葉、「市民」という言葉なども、現在とはおよそ異なる響きをもって、使われていたのである。
 一九九〇年代の日本では、戦争責任や歴史をめぐる問題、憲法や自衛隊海外派遣の問題、あるいは「少年犯罪」や「官僚腐敗」などの問題が、たびたび論じられた。しかしそれらの議論が、暗黙の前提にしている「戦後」のイメージは、ほとんどが誤ったものである。誤った前提をもとに議論しても、大きな実りは期待できない。私たちはまず、自分たちが「戦後」をよく知らないということ、「戦後」に対する正確な理解が必要であることを、自覚することから始めるべきだと思う。
 この本は、そうした問題意識から出発して、「戦後」におけるナショナリズムと「公(おおやけ)」をめぐる議論が、どのように変遷して現代に至ったかを検証したものである。このテーマを追跡するために、「戦後」の代表的な知識人や事件は、ほとんど網羅することになった。
 たとえば丸山眞男・大塚久雄・吉本隆明・江藤淳・竹内好・鶴見俊輔などの思想はもとより、共産党や日教組の論調、歴史学者や文学者などの論争も検証した。憲法や講和、安保闘争、全共闘運動、ベトナム反戦運動などをめぐる議論も、可能なかぎり追跡した。さらに戦争や高度経済成長などが、こうした思想や論調にどのような影響を与えたのかも、重視されている。
 結果として本書は、「戦後とは何だったのか」そして「戦争の記憶とは何だったのか」を問いなおし、その視点から現在の私たちのあり方を再検討するものとなった。「私たちはどこから来たのか」、そして「私たちはいまどこにいるのか」を確かめるために、読んでいただきたいと思う。
著者 小熊英二

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 966ページ
  • 出版社: 新曜社 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788508192
  • ISBN-13: 978-4788508194
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.8 x 5.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 
 戦後思想はナショナリズムの否定ではなく、異なるナショナリズムを模索するもの。これが著者の主張である。
 異なるナショナリズムの模索とは、「私」がいかに「私たち」になりうるのか、その「私たち」がどこまでの範囲のものであり、どのような性格のものであるを探ることだ。そこには、戦前のナショナリズムとの断絶と連続性の複雑な交錯がある。著者は、交錯の後を丹念に追跡する。
 マルクス主義と戦中思想の意外な共通点や、日教組が唱える愛国心など、追跡の過程で見えてくるものはいずれも興味深い。
 また、戦後思想を「戦争体験」の思想化と考える著者は、典型的なステレオタイプ化した戦争体験論と距離を置き、「戦争体験」の多様性を強調する。
 戦地に行った者、行かなかった!'!'、戦闘に参加した者、しなかった者、空襲にあった者、あわなかった者・・・。一口に「戦争体験」といってもその内容はさまざまであり、まさにさまざまであることが戦争の「実感」を多様性のあるものにしている。たとえば、海軍士官時代に台湾駐留で内地以上に食料に恵まれた安全な環境にいたことと、「タカ派中曽根康弘」の形成は無関係ではないことがわかる。
 
 同じ言葉を、各人が異なる意味で使っている状態では、まともな対話や討論は成立しない。「ナショナリズム」というきな臭いイメージの言
...続きを読む ›
コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私にとっては、ここ数年で最も買ってよかった本。6300円は安くないが、社会人なら、気の進まない飲み会を1回キャンセルすれば捻出できる額。けっして高くない。私は、中高大学生時代、朝日新聞を読み続け「日本はダメだ」「愛国というのは植民地思想と同義」というイメージを(朝日が直接的に書いてはいなかったかもしれないけれど)持ち続けてきた。日本人ではあるけれど、そのことを「誇りに思う」などと少しでも考えてはいけないのではないか、と思い続けてきた。アメリカ人が右も左も「愛国」を唱えるのを見て「戦争に勝ったから言えるんだな」と、どこかうらやましい気持ちを抱くようになった最近「今、日本人であることの悲しさは、国を愛するということと、改革派であることが両立しえないことだ」と思っていた。「<民主>と<愛国>」は戦後日本において、左翼が「愛国」を唱えた時代があることを、丹念な資料検分を踏まえ、教えてくれた。自分の歴史認識の浅さに気づくのは、とても楽しい経験だった。高名な知識人と言えども、社会の大きな動きと無関係ではいられない「弱い個人」である、という認識にも共感を持てた。また、戦争体験世代と言っても、年齢、居住地、階層で体験の内容が大きく違うと知ったことも、発見だった。翻訳されて海外の人にも読んでほしいと思う。あえて欠点を挙げるなら、結論部で在日韓国人のナショナリズムを「めざすべき形」のように取り扱っている部分。本論に比べて議論が粗く説得力が弱く感じるのが(個人的、主観的には賛成したいけれど)もったいないなと思った。
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2年ほど前、書店でこの分厚い、堅苦しいタイトルの本を取り上げ、それをパラパラとめくったとき、この本で敗戦からの戦後の思想史を辿っているのが、自分よりほんの少し年下の研究者であることに意外な感をもった。 著者は1963年生まれだから、丸山真男も竹内好はもちろん、60年安保はおろか、全共闘の70年安保さえも体験としては知らない世代である。 私が79年に大学に進学した当時、学生運動の残滓のようなものがまだあったが、80年代の消費文化とともに鳴りを潜め、時代を代表する思想家や評論家などもいなくなった。 
本書によって改めて戦後社会思想史の一幕ずつを辿っていくことは決して無駄ではない。 それどころか、戦後60年を迎え、グローリゼーションと市場経済の真っ只中にいる今、日本人の精神が直面する閉塞感、「個人」と「国家」の関係への不安、「企業」、「社会」との関わりの有り方を、この本で戦後史を辿りながり考えることが必要かもしれない。 「戦争を知らない世代」には、敗戦直後に「個人主義者であることに於いて正に国家主義者である」という「国民主義」を説いた丸山真男などの戦中派の背負った複雑な罪悪感をアクチュアルに感じることは難しいし、60年代の寵児だった吉本隆明の言説でさえ、なんだかやたらと攻撃的で冷たいと感じる。 その中で共感を覚えるのは、例えば鶴見俊輔の言う「他者と共感し連帯を生み出す『同情』の
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
労作だと思います。
さまざまの言説が錯綜しわかりにくい太平洋戦争後の半世紀を整理した点で評価できます。終戦後から55年体制成立までを「第一の戦後」、それ以後から冷戦の終結までを「第二の戦後」、冷戦終結から現在までを「第三の戦後」とした分析はわかりやすいです。
著者自身が序章で断っているように、研究論文としては不備も多く、主観が入りすぎているきらいはありますが、戦後思想史を俯瞰するのにはこれ以上の著作はないでしょう。
個人的には典型的日本人と思う吉本隆明を分析した第14章が非常に啓発されました。彼が体現した生き方が現在の日本の思想状況を生み出している、と思うだけに。
現在が「第三の戦後」なのか、「新しい戦前」なのかは今後の歴史の展開を待たねば判断できませんが、国民国家の理念が消失し、19世紀的な「帝国の時代」に回帰している、という感じです。明治初期に戻って近代思想を再点検するべき時なのかもしれません。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー