Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 842
(税込)
ポイント : 8pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田地野 彰]の〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書)
Kindle App Ad

〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書) Kindle版

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 842
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 327

商品の説明

内容紹介

「トムがボールを蹴った」「ボールをトムが蹴った」と語順を入れ替えても通じる日本語に対して,英語では正しい語順がとても重要.〈意味のまとまり〉で英語をとらえ,順序の決まった,まとまりごとのボックスに言葉を入れていけば,英作文はとても簡単.難しい文法も角度を変えて理解できるユニークな発想を紹介します.

内容(「BOOK」データベースより)

日本語なら、「トムがボールを蹴った」「ボールをトムが蹴った」と語順を入り換えても通じますが、英語では正しい語順がとても重要。「だれが」「する(です)」「だれ・なに」「どこ」「いつ」という順序の決まったボックスに言葉を入れていけば、英作文は楽しく簡単です。難しい文法も角度を変えて理解できる、ユニークな発想を紹介します。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5591 KB
  • 紙の本の長さ: 227 ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2011/3/18)
  • 販売: 株式会社 岩波書店
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00RF1QJHK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 51,734位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 2mo10 投稿日 2017/5/1
形式: 新書 Amazonで購入
英語をやり直すためにこの本を購入した。英語の文法をわかりやすく解説して頭にすーと入ってきた。英語を習い始めた学生に一度読んで貰いたい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
非常に理解しやすい。
もっと早くこの本に出会ってたらよかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
英語を聞いて日本語文を直ぐに頭の中で考えてしまう人にはその「クセ」をうまく応用すれば英語が上達しますという本だと感じました。
日本語と英語の仕組み(思考の仕組み)の違いを最初からはっきりと自覚させられる内容です。
わたくしのように古い英語教育を受けた「英語出来ず」にとってはピッタリの本でした(今65歳)。動詞(述語)をすごく意識して英文を読んだり聞いたりできるようになります。もっとも聴き取れればの話しですが。ジュニア新書ですから中高生にとっては英作文に親しむための第一歩の本になるのではないでしょうか。この本から英文法にも入りやすいと思いました。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
例えば、英語で
I climbed Mt.Fuji yesterday.
これを日本語で言えば、
私は昨日富士山に登りました。となりますが、これを、
私は富士山に昨日登りました。
昨日私は富士山に登りました。
昨日富士山に私は登りました。
富士山に私は昨日登りました。
富士山に昨日私は登りました。
と言っても構いません。
これに対して英語は基本的には上記のみで、せいぜいyesterdayを先頭にもっていくことぐらいしかありません。この違いはどこから来るのでしょう。
それは日本語にはある助詞が英語にはないからです。私(は)、富士山(に)の、(は)や(に)にあたるのが助詞です。これがない英語は語句の順番(ポジション)によって役割を決めています。このあたりをしっかり理解すれば、英語の文を書くことの基本を身につけることができます。
「意味順英作文のすすめ」は、そんな参考書になります。本書を精読し、出てくる例文を理解し暗記すれば、英作文の下地は出来ると思います。後は過去問など用いて、実践演習をすればよいでしょう。
英作文は減点法の分野ですからそんなに難しい表現は使えなくても大丈夫です。自分の知っている表現や語彙を用いて文法的・構文的(ここが大事つまりポジション順)
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover