¥924
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
〈刑務所〉で盲導犬を育てる (岩波ジュニア新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

〈刑務所〉で盲導犬を育てる (岩波ジュニア新書) (日本語) 新書 – 2015/2/21

5つ星のうち3.9 14個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥924
¥924 ¥97
お届け日: 7月18日 - 19日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
21 時間 50 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 〈刑務所〉で盲導犬を育てる (岩波ジュニア新書)
  • +
  • ギヴ・ミー・ア・チャンス 犬と少年の再出発
  • +
  • 犬、そして猫が生きる力をくれた――介助犬と人びとの新しい物語 (岩波現代文庫)
総額: ¥3,300
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

犬は教えてくれた、人は生き直せることを…。日本で初めて、刑務所で盲導犬候補の子犬を育てる試みが始まった。犬との日々は人々をどのように変えていったのか。動物との絆に秘められた可能性とは。この試みの立ち上げから7年以上にわたって取材を重ねてきた著者が綴る、希望の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大塚/敦子
フォトジャーナリスト。上智大学文学部英文学科卒業。パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争の取材を経て、死と向きあう人びとの生き方、自然や動物との絆を活かして人や社会を再生する試みなどについて執筆。島根あさひ社会復帰促進センターの盲導犬パピー育成プログラムアドバイザー、法務省「少年院における動物(犬)介在活動等検討会」委員(平成24‐26年度)も務める。『さよなら エルマおばあさん』(小学館)で、2001年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 14
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2015年3月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年3月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年10月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2015年3月15日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月11日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2016年9月4日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年9月15日に日本でレビュー済み