通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

〈仏教3.0〉を哲学する 単行本 – 2016/9/20

5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,641

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 〈仏教3.0〉を哲学する
  • +
  • アップデートする仏教 (幻冬舎新書)
  • +
  • 禅の教室 坐禅でつかむ仏教の真髄 (中公新書)
総額: ¥3,823
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本の伝統的な〈仏教1.0〉と、上座系瞑想実践的な〈仏教2.0〉を、共に包み超えて、新たな〈仏教3.0〉を提唱。その哲学とはどのようなものか。はたして新時代を切り開く力となり得るのか。今話題の禅僧・藤田一照、哲学者・永井均、ワンダルマ仏教僧・山下良道の三者による、白熱、スリリングな徹底討論。

内容(「BOOK」データベースより)

既存の仏教を包み超える、新たな“仏教3.0”とは。新時代を切り開く力となり得るか。白熱、スリリングな徹底討論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 春秋社 (2016/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 439313592X
  • ISBN-13: 978-4393135921
  • 発売日: 2016/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,892位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
山下良道さんのポットキャストをずっと聞いていました。この本で内山老師の図を拝見し、「青空」をやっと明確に理解することができました。
ヨーガの指導者をしていますが、ヨーガのサーマディと「青空」は一緒であり、そこへ行くことが目的なのだと、目的地がはっきりしました。
ヨーガや瞑想などされている方には必読の本だと思います。
私は今まで、修行して心の汚れを取り、限りなく透明に綺麗にしていくことが青空(真我)に到達する手段だと思い込んでいました。しかし、この本に出会い、「青空」の場所を知り、それは大きな間違いであったと気がつきました。この事に今のうちに気が付けて本当に良かったと思います。
また、子育て中の主婦でもありますが、「哲学」というとものすごく難しいというイメージでしたが、対談形式になっているので、私のような理論が苦手で感覚派の人間にも理解しやすかったです。
幼い娘が私に「人間ってなに?」「この世界って誰が作ったの?」という質問をしてきます。その質問を誤魔化さずにとことん追求して突き詰めていったことの答えがこの本にはあると思います。
第4図の世界でとことん苦しみましたが、これが映画だったとわかり心が軽くなりました。今苦しんでいる人にもぜひ読んで欲しい本です。いい意味で、今までの価値観を正反対に覆すような、素晴らしい本です!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本は、何か生きづらさを感じている方、常に自分は足りないだめだという思いのある方、そして「マインドフルネス」や「瞑想」をやっていて少し行き詰まりを感じている方、必読の本だと思います。
私もこれまで勉強や仕事をがんばり、自分を磨こうとばかりしてきましたが、ますます苦しくなり、やがて疲れ果てて寝込むところまでいきました。あるきっかけでマインドフルネス瞑想をやる事になりましたが、今度は瞑想中に次から次へと現れる雑念が苦しすぎて瞑想がなかなかできないという事になりました。
この著書で述べられている「世界観」はそれを打破するきっかけとなりました。「自己ぎりの自己」と<私>、死と生をめぐっての論議。この本を読めば人生の価値観世界観が180度がらっと変わります。 そしてその「世界観」で行う山下氏の日曜瞑想会に参加し、ポットキャストの法話や瞑想のインストラクションを聞き、瞑想を実践して初めて、私は生まれて何十年も苦しんできた心の苦しみが消えました。
苦しい気持ちが、ここに書かれてある「世界観」を通し、昇華されるとき、なんとも言えない体と心のヒーリングと感動があります。苦しみが大きい程その癒しは大きく、今まで生きてきたことが無駄ではなかったと実感できます。
この本には、どんな形であっても「生きているだけでそのままの自分に価値がある」そう思えるヒントが書かれていると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「アップデートする仏教」で、日本仏教、テーラワーダそれぞれの成り立ちと位置関係を明らかにし、それらを包括的にとらえ発展させた第三の仏教の提唱を初めて世に問うた藤田、山下両氏が、永井氏を交えることにより、いっそう踏み込んだ内容で仏教3.0を明確に語っている。

ジャンルの異なる永井氏が入ることによる化学反応か、スリリングで白熱した、妥協のない鼎談となっていて素晴らしい。

各人のスタンスの微妙な違いも、むしろ各論を多面的に捉える手助けとなって、わたしには非常に参考になった。
また、他の方も書いておられるが、こうした密度の濃い内容の鼎談が本という形として残されて読めることも有難い。

知的理解と実践とを相互に繰り返すためにも、何度でも読み返したい名著。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
衝撃的な本!!
言葉で説明することはできない(言葉で説明すること自体理論矛盾)とされる「悟り」の世界(仏教が説く世界)は、直接それを体験するしかないないのかもしれない。でも、修行(という冒険?)に、なんらかの指針(羅針盤?)を示そうと、仏陀以来、多くの先師が言葉をつくし、現在も数々のアプローチが試みられている。
二人の僧侶を中心に仏教のバージョンアップ(改革?仏陀の教えの真の理解?)を試みる「仏教3.0」に一人の哲学者が共感し、三人での鼎談が行われ、「哲学的なアプローチ」(哲学的な解説)が試みられた。
一法庵のサンガの端っこで、もがく凡夫の代表のような自分にとって、ここで示される羅針盤は「必殺アイテム」となるような予感がする。
鼎談のライブ(自分は3回目の鼎談をお聞きしたのみだけど)も衝撃的だったけど、ボケ始めた頭ではライブの話にはついていけない部分多かった。しかし、この本により、悪い頭を整理し、「アイテム」を受け取ることができた(ような気がする!!)
少年のように微笑む三人を見よ。
この三人の「微笑み」を信じ、「アイテム」を手に、ぼくの冒険は続くっ!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー