新品:
¥1,980
ポイント: 38pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送: 12月9日 木曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
9 時間 54 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
〈仏教3.0〉を哲学する がカートに入りました

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


〈仏教3.0〉を哲学する 単行本 – 2016/9/20

5つ星のうち4.3 32個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥426

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 〈仏教3.0〉を哲学する
  • +
  • 〈仏教3.0〉を哲学する バージョンII
  • +
  • アップデートする仏教 (幻冬舎新書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

既存の仏教を包み超える、新たな“仏教3.0”とは。新時代を切り開く力となり得るか。白熱、スリリングな徹底討論。

著者について

藤田一照 ……1954年、愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。曹洞宗紫竹安泰寺で得度し、1987年からアメリカ・マサチューセッツ州のヴァレー禅堂住持を務め、そのかたわら近隣の大学や瞑想センターで禅の指導を行う。現在、曹洞宗国際センター所長。著書に『アップデートする仏教』(山下良道との共著、幻冬舎)、訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』(春秋社)、D・ブレイジャー『フィーリング・ブッダ――仏教への序章』(四季社)など多数。

永井 均 ……哲学者。1951年生まれ。慶応大学大学院文学研究科博士課程単位取得。現在、日本大学文理学部教授。専攻は、哲学・倫理学。主な著書に『転校生とブラック・ジャック――独在性をめぐるセミナー』(岩波現代文庫)、『私・今・そして神――開闢の哲学』(講談社現代新書)、『倫理とは何か――猫のアインジヒトの挑戦』(ちくま学芸文庫)ほか。

山下良道 ……ワンダルマ仏教僧。1956年、東京生まれ。東京外国語大学仏語科卒業後、曹洞宗僧侶となる。米国・日本にて布教・坐禅指導の後、2001年、テーラワーダ比丘となり、パオ瞑想メソッドを修了。現在、鎌倉一法庵を拠点に、国内外で坐禅瞑想指導をおこなう。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 春秋社 (2016/9/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2016/9/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 304ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 439313592X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4393135921
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 32個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
32 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年10月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年11月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年6月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年10月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年9月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年10月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年7月24日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 この本に書かれている仏教3.0と、科学や哲学そしてキリスト教の思想を比較してみると
ユーザー名: ある、日付: 2019年7月24日
【意識について】
意識とチェスのたとえ
 チェスのルールに関係なく、一つの駒の上に帽子を被せる
 それはその人、 個人の意識を意味する
 帽子はあってもなくても、チェスはルールに則って進行する
 自分がいてもいなくても世界は動いていくように
 でも自分個人にとっては、この帽子が全てである

意識と今
 意識は常に「今」と深くリンクしており、この二つは不可分である

唯物論的科学によれば、意識とは動物が進化する過程において、生じる脳の熱のようなもの

心理学的には、行動してしまった事を、随伴的に論理づけるのが意識の働きであって
人は自分の意識によって行動しているのではないとする「意識の随伴現象説」

聖書によると、神が人に御自身の命の息を吹き込むことにより、意識が生じ
善悪の木の実をとって食べたことにより、羞恥心などが生じたとする

【ワンネスについて】
私と貴方と世界のすべては、一つの存在である
 瞑想の中でその事を意識し、気づく時、慈悲の心が生じる

科学的にも、自己と他者と空気と物質は、全て濃度や波形の異なる、原子や波動であり、それらはお互いに繋がっているので
全てが網状の一つの存在であるという事は言える

キリスト教においては、父子聖霊が「一」であり、夫婦が「一」であり、人々は愛によって一つとなり、主と一つとなるということが教えられている。愛が結びの帯だと聖書に書かれている

【死について】
アキレスと亀の例えのように
 アキレスが亀を追い抜けないように、死が意識を追い抜くことはあり得ない為、死は存在しない
 つまりは死は意識によって認識されなければ「無」と等しく、死ぬときには意識は消滅しているのだからという事
 私たちが見ているのは全て他人の死である
 
 聖書によると
 人は死んだ後も霊魂・意識があるとされる
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年4月19日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する