¥ 2,700
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
〈世界史〉の哲学 近世篇 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

〈世界史〉の哲学 近世篇 単行本 – 2017/3/22

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 5,396

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 〈世界史〉の哲学 近世篇
  • +
  • 〈わたし〉と〈みんな〉の社会学 (大澤真幸THINKING「O」)
総額: ¥4,266
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

遅れた封建ヨーロッパの中世末期になぜルネサンスと宗教革命という相反する運動が同時進行したのか。ラテン語で書かれた聖書を読めないカトリック信者のジレンマとはいかなるものか。科学革命のハイライトともいうべき「万有引力」は、合理的思考が忌避する遠隔作用ではないのか。西欧だけがなぜ近代へと飛躍しえたのかという謎が今、解き明かされる!

内容(「BOOK」データベースより)

神に属する知性をもたぬ人間の不安が歴史を動かすという逆説。ルネサンスと宗教改革という正反対の運動がなぜ同時代に起きたのか。ラテン語で書かれた聖書を読めないカトリック信者のジレンマとは。科学革命のハイライト・万有引力は非合理な遠隔作用ではないのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 482ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062204533
  • ISBN-13: 978-4062204538
  • 発売日: 2017/3/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.8 x 3.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,720位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
大胆な着想に驚いた。宗教改革、ルネサンス、大航海時代に共通する視点を提示する。それは中世以来の巡礼の延長として近代のはじまりを考えること。とても面白く読んだ。しかし、マルコ=ポーロが「東方見聞録」で黄金の国ジパングへの憧憬を描いたように、経済的要因を無視することはできない。ウォラーステインが究明したように、史的システムとしての資本主義形成の世界史的要因として捉える必要がある。カントローヴィッチの「王の二つの身体」に基づく後半の議論はさほど新鮮味を感じなかった。王の「自然的身体」と「政治的身体」を区別し、後者の不死を論じる解釈はキリスト教的な特殊ヨーロッパ的な歴史解釈として重要であるが、これを中国の王と比較するのではなく、中世ヨーロッパのキリスト教に基づいた即位式、塗油とパンとブドウ酒、また皇帝権と教皇権、ローマ帝国由来の帝国理念(インペリウム)に由来するものであることをしっかり説明しないと分かりにくい。しかし、著者の博識は芸術にも及び、ベラスケス等の作品の説明と解釈は素晴らしい。本書の白眉である。歴史の本質を論じるような哲学者の規範的な歴史哲学ではなく、社会学者の自由な独創性溢れる歴史論に拍手を送りたい。いつか「日本史の哲学」も書いてほしい。お勧めの一冊だ❗
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告