中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

“It”(それ)と呼ばれた子―少年期ロストボーイ (ヴィレッジブックス) 文庫 – 2003/2

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   著者はカリフォルニア州デイリーシティに生まれ、州史上ワースト3に数えられるほどの児童虐待を実の母親から受けた。その前著であるように名前も呼ばれず「It」と言われ、兄弟のうちでただ1人いじめぬかれた。食べ物をぎりぎりまで制限される。服もボロボロになるまで与えられない。ひとりガレージに追いやられ寒さと飢えに苦しむ。そして、ときどき嵐のようにやってくる折檻。「母さんはそのうち自分を本当に殺すつもりだ!」

   恐怖が現実味を帯びたとき、彼は全身全霊で命を守る術を考えた。驚くべきことに彼は教師や警官やソーシャルワーカーという他人である大人と、郡の福祉政策と裁判所によって生き延びることができたのである。執拗に彼を破滅させようとしているとしか思えない母親の所業は、このごろ日本でも問題となっている幼児虐待とは違っているように思える。大人になった著者が、母親はアル中で病気だったと自分自身にいい聞かせている。そして母親自身、自分の母親との関係に悩んでいたようだ。

   それにつけても、里子に出された著者、が紆余曲折の末、成功したことは賛美せずにいられない。普通の大人になるだけでも奇跡的なのに、アメリカ国民として1人「世界の優れた若者」に選ばれたり、聖火リレーの栄誉を担ったり活躍している。何よりなのは、彼が幸せな家庭を築いたことである。自分にはトラウマがあると思い悩んでいる人はぜひ一読を。(高津紀代子) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

「母さんは、ぼくが憎いの?」虐待体験者の勇気ある告白、待望の続編幼年期、少年期あわせて世界790万部突破の大ベストセラー!
「ぼくには、どこにも居場所がない」———
すさまじい虐待から逃れ、ようやく子どもらしくのびのびと暮らせると思えた里子としての暮らし。しかし、そこでも数々の試練が彼を待ち受けていた。母親から離れてもなお恐怖にさいなまれ、それでも母親に愛されたいという思いに心を揺さぶられる日々。学校や少年院でのつらい出来事や世間の偏見の目にさらされながら、それでも希望を捨てずに自分の生き方を探しつづける。
カリフォルニア州史上最悪と言われた児童虐待の体験者が自ら明かす、少年期の記録。


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: ソニーマガジンズ (2003/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789719928
  • ISBN-13: 978-4789719926
  • 発売日: 2003/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 492,274位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「彼」の幼年期を読んで以来、その後が気になってしかたありませんでした。
おとぎ話なら、ひどい母親の元から救い出されて「それから楽しく暮らしました。
めでたし、めでたし」になるけれど、これは、現実だから。
長年の虐待され続けた経験が、彼の性質をどれほど歪ませてしまったのか。
もう飢える心配はないのに、食べ物を盗み隠し持つ。
同年代の子供に関心をもってもらい、仲間に入れてもらいたいために、
目立つ真似を繰り返す--それは、たいていが「悪いこと」であり、最悪の結果を招いてしまう。
里親の間を転々としながら、他人とコミュニケーションを取る術を体得していく。
何度も挫ける気持ちと戦いながら、自立するために、同年代の子が遊びに夢中になっている間に、働く。そうして生きていくための努力をする著者の姿の中で、私にとって一番衝撃だったのは、
彼が母親を求め続けているということです。
彼の幼年期に記憶を占めるのは、母親からの虐待だけだろうに、それでも母親に会いたい
自分に声を掛けて欲しいと願う彼が痛々しかった。
「親はなくとも子は育つ」というのは、あまりにも言葉足らずだ。
「自分は親に愛されている(いた)」という実感と信頼がなければ、子供は育たない。
そのことを痛感
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これを読む前に必ず幼年期を読んで欲しいです。
幼年期は、早く何か食べて・・!!
少年期は、早くお母さんから逃げて!!の一心で読みました。
早く幸せになって・・!!こんなひどい過去だったからこそ、
人より余計に幸せになって欲しい。
そんな祈りのような気持ちで読みました。
どうやってこの困難を乗り切るのか。
最後はどのように母親と向き合うのか。
幸せになるまでを知らないと気が済まなくなりました。
これは実際にあった話です。
信じられないくらいの衝撃でした。
自分はなんて恵まれているのだろう。
ただ誰からも迫害を受けていないという事実が尊いなんて。
当たり前の人権と思っていたのに。
今子供の虐待がニュースになっています。
どうしてこんなことになったのか。
虐待される子供の気持ちをわかってあげるためにも是非多くの人に
読んで欲しい本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 d_these 投稿日 2004/9/18
形式: 文庫
前作の幼年期も読みました。
すごく何と言うか・・・実話なだけに人間の醜さが染み出ています。
どうしてあいつはこんなことを、主人公に言うのだろうか?
と多くの疑問がわいてきました。
しかし自分がその立場に立ったら、主人公に優しくしてやれるのだろうか?
きっとできない。
そして逆に主人公だったら?
そう思うと心から彼を尊敬します。
彼は凄いです。
虐待―
最近問題になってますよね。
世界はどうなっちゃんでしょうか?
子供は親には逆らえないのです。
それを、親は・・・・・・・
それはとても許されることではないと思います。
とにかく虐待について考えさせられる一冊でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はこの本を読んだ時、かなりショックを受けました。
虐待の事は何度もテレビで見たことがありましたが、これを読んで、自分の考えが甘いなぁと思いました。
生々しいというか言葉が出ないほど衝撃的でした。
コンロで焼こうとしたり、ナイフで刺されたり、汚物を食べさせたり、考えられないことばかりでした。
いつか自分が母親になる時の事を考えると不安になりました。もしも自分がお腹を痛めて産んだ子に虐待してしまったらと、深く考えてしまいました。大人になってもこの本のことを忘れないで生きていきたいです。
私は、今までこの生活が当たり前だと思ってきましたが、私の生活がどんなに幸せなものか気付く事ができました。私くらいの同じ年代の人にも沢山読んでほしいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期」で描かれた児童虐待の現実から、本書では視点が里子里親の問題に切り替わっています。1冊単位の主題が明確で、十分な編集がなされていると感じます。
 幼児期の無意識のトラウマを、意識的な本人の努力とそれを支える里親たちの愛情でふりはらっていくドラマが、また新たに感動を呼びます。まさに「少年期」となのるのにふさわしいストーリーだと思います。
 「人間って、こうやって少年期に成長していくんだな」と素直に感心しました。大人になるとそれを忘れてしまいますね。本書の背景は特殊な状況ですが、それが少年期の本質を浮き立たせていると思います。社会は、人の成長にかかわる責任をもっています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー