中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに少しいたみあり。本体少しやけ・よごれあり。中はきれいです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

“It”(それ)と呼ばれた子―完結編さよなら“It” (ヴィレッジブックス) 文庫 – 2003/6

5つ星のうち 4.3 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

虐待体験者による魂の記録、ついに完結「母さんを、ぼくは許せるだろうか?」
幼い時から実母による虐待を受け続けたのち、里子として偏見と差別のなかで成長し、やがて18歳で空軍に入隊したデイヴ。かつてはヒーローだった父親が哀しい死を遂げ、はじめて愛した女性との結婚生活もまた悲劇に終わる——
それでも、最愛の息子スティーヴンとのふれあいを通じて、癒されてゆく。そして、ついに母親との再会を果たすことを決意。憎しみと許しのはざまで苦悩しつつも、人生最大の問いかけ——「なぜ、ぼくを虐待したのか?」と尋ねるために……
壮絶な虐待の体験者が、トラウマを乗り越え、人間として生まれ変わるまでの魂の軌跡。


内容(「BOOK」データベースより)

幼い時から実母による虐待を受け続けたのち、里子として偏見と差別のなかで成長し、やがて18歳で空軍に入隊したデイヴ。かつてはヒーローだった父親が哀しい死を遂げ、はじめて愛した女性との結婚生活もまた悲劇に終わる―。それでも、最愛の息子スティーヴンとのふれあいを通じて、癒されてゆく。そして、ついに母親との再会を果たすことを決意。憎しみと許しのはざまで苦悩しつつも、人生最大の問いかけ―「なぜ、ぼくを虐待したのか?」と尋ねるために…。壮絶な虐待の体験者が、トラウマを乗り越え、人間として生まれ変わるまでの魂の軌跡。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 374ページ
  • 出版社: ソニーマガジンズ (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789720543
  • ISBN-13: 978-4789720540
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 478,709位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
遅ればせながらようやっと読んでみました。
1巻では本当にこんなことが起こったの!?という程の常識を超えた凄い虐待の数々が告白されていて、私の貧相な頭ではその時のリアルな場面を想像できない位でした。
しかし皆さんに本当に読んでもらいたいなと思ったのは、その1巻よりも2巻やこの3巻です。虐待されたきた彼が人としての本当の喜びや楽しみや希望をやっと少しずつ経験していくのですが、この過程こそ、読むべき所だと思います。人間の生きる喜びや意味など普段小難しく考えががちな現代人だけど、この壮絶な体験を経てきた作者の目からそれを見ると、とってもピュアに単純に本質がわかってきます。人から必要とされること、愛されることは、凄く凄く私達にとって大切なことなんだということ。そうやって、生きるとは何かとか、人生とは何かとか素直に考えさせてくれるきっかけとなる本だと思います。
(私は虐待問題について読んだというよりも、人間の成長や本質についての物語を読んだ気でいます)
彼は今、一瞬でもいいから心から幸せ、と感じて生きているでしょうか。そうであることを祈ってやみません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シリーズ3冊を読み終えて、幼少期における親の振る舞いが子供の人生にあたえる影響が如何に大きいものかを身にしみて感じました。
私自身も、私の父親・母親を基準に物事を判断することがよくあります。
10代の少年・少女をはじめ、若年層が起こす様々な事件が世の中を騒然とさせている昨今、父親の1人として自らの役割を考えさせられました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
多分、私の年代の親は、大なり小なり『躾』と言う名の下に、
殴る・蹴ると言った類の虐待をして育児をしてた人が多いと思います。
私自身、『きっとあれは今で言う虐待だろうな』と思われる経験があり
今まで、こういう虐待経験者の本の類は避けていました。
この本を『読んでみようかな?』と言う気にさせたのは、
【さよならIt】と言うサブタイトルです。
虐待は繰り返されると言われていますし、
『哀しき連鎖』なんて言葉も耳にします。
二児の母である私も『いつか実母の様になってしまうのでは?』と
ビクビクしながら育児している現状があります。
でも虐待は、自分の世代で止める事ができる。
心がけ次第で食い止める事ができるんだ
とわかったので、一筋の光がさして来た様に思います。
母は母、私は私だと別個の存在であると気付いた時(本心から思えた時)とても爽快でした。
この本に、感謝したい気持ちで一杯です。
被虐待の経験のある方に、ぜひ読んでもらいたい一冊だと思います。
本当は星5つにしたい所ですが、冒頭、読むのが辛かったりしたので
星4つとさせて頂きました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
人を憎むな、と言われても強がりになってしまったり、なかなか出来るものではない。デイヴの母親は虐待を繰り返し人を支配し振る舞ってきた結果、最後は孤独で、自分自身をも蝕んでしまった。その結末を見てきたデイヴに「憎むな」と言われると、人を憎んで生きた結果の末路が目に浮かび、すんなり納得しました。
デイヴは、空軍に入り、父の死を乗り越え「本物の人間」になるための道を、丁寧に一生懸命積み上げていき、結婚、子供を持ち、その後真の愛情の巡り逢う。
人として何が大切なのかを掘り下げるのにとても良い本だと思います。
デイヴは、いつもどこにいても幸せでいたいだけと言います。そこに生きる意味、生きる目的、生きる楽しみがあるように思います。いつも全力投球でがんばりに頑張って、これだけやれば「充分に生きた」といってこの世を去れるでしょうし、本当に素晴らしい人生だと思います。どんな過去があっても、本気で望めば実現出来る、修復出来るという希望をを貰えます。ただ彼は質の良い里親に恵まれ、きちんとした愛情を貰える大人に巡り会えた事が幸せだと思います。何が愛情なのかも分からない人が沢山いるのに。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
やっぱり、これがないと救われないですよね。3冊目。
時々彼の行動が鼻につく、というか、重たい、と感じるのはその神経質で完璧主義で調子のいいところが自分と重なるからかも。
さて、3冊目は素敵な言葉がたくさんちりばめられています。
「なぜって、どんな問題にしても、心の中でふくらんでいくまま放っておいたら、少しずつおまえをだめにしてしまうんだ。パパの母さんのときと同じようにね」
「人生では、失敗もするし、ころびもする、だが、大切なのは立ちあがることだ」
主人公の生きる力の強さに感服。ついに乗り越えちゃいました。
今後の人生で万が一にも虐待の連鎖が芽を出さないことを祈ります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー