中古品
¥90
+ ¥247 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦 (日本語) 単行本 – 2002/11/1

5つ星のうち4.1 25個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥90
¥1
お届け日: 10月2日 - 3日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

<癒し=生きなおし>という心の旅に出た母と娘。
大切なのは、まず、自分を受容すること。
「いい子でなくていい」「頑張らなくいい」「私はわたしでいい」――本書は、女優・東ちづるが二年の歳月をかけて書き下ろした感動の記録である。
彼女は、本書を書いた動機について次のように語っている。――。
「『カウンセリングを受けてみよう』と思ったのは、長谷川博一先生との出会いがきっかけだった。
その時の会話――『私は不登校や家出をするきっかけが?めなかったんです。せいぜいがずる休みです。“いい子”やってたもんですから』『ああ、東さんは優等生だったんですね』
『グレることもできないで、不良に憧れながら、つい、つまんない優等生やっちゃったんです。後悔してるんです』『つまんない、ですか』『ええ、あんまりつまんなかったせいか、高校生の頃の記憶がぼけてるんです』『えっ?……東さんそれは解離かもしれませんねえ』『カイリ?……ああ解離ですね』『忘れることで救われているのかもしれませんねえ。そうならば、解離してよかったですね』という言葉を聞いて、心のどこかでいつも自分を責めていた私は泣き出してしまいそうだった。そして、心がスーッと軽くなった。ならば、しっかりと<ほんとうの私>と向き合おう。
それは戦いでなく『生きなおし』なのだ。
しかも、母と一緒にカウンセリングを受ける必要がある。心の奥には母娘の問題があり、母のまた私と同じように“いい人”をやってきたのだから。それから一年、私たちの自分探しが始まった。全部で9回にわたるカウセリング。父の思い出、母の涙、そして私自身の心の葛藤、そして母と娘の新たな旅立ち――すべてをこの本に収めた。
<私>は、もしかしたら<あなた>かもしれない。
本書は9回におよぶカウンセリング(ちづる・3回/母・3回/ちづる+母・3回)の記録と東ちづるによる11本の書き下ろしエッセイで構成される。

内容(「BOOK」データベースより)

“癒し=生きなおし”という心の旅に出た母と娘。「いい子でなくていい」「頑張らなくていい」「私はわたしでいい」―現代人の心の闇に向き合う感動の記録。

登録情報

  • 発売日 : 2002/11/1
  • 単行本 : 285ページ
  • ISBN-10 : 4838712855
  • 出版社 : マガジンハウス (2002/11/1)
  • ISBN-13 : 978-4838712854
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 25個の評価