通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
“本物を見極める" ~3億円のヴァイオリンはいかに... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆずの木書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、中身共に概ね良好です。中古商品の為気をつけておりますが、見落としの多少の傷み・汚れ・ヤケ等はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

“本物を見極める" ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~ 単行本 – 2011/8/22

5つ星のうち 3.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/8/22
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 251

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • “本物を見極める" ~3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?~
  • +
  • バイオリンの謎 ~迷宮への誘い~
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 68pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ヴァイオリンのことを何も知らなかった男がなぜ億を超える銘器を売り始めたのか?

ヴァイオリンの鑑定とは、謎の多い世界。まったくヴァイオリンの知識がなかった著者が、銀座に店を開き、数千万~億単位のヴァイオリンを扱うようになったのはなぜなのか。
そもそもヴァイオリンの鑑定とはどういうことなのか。
価格はどうやって決められているのか。
本物と偽物の違いとは。
など、ヴァイオリンビジネスの不思議な世界を紹介するとともに、100%の正解がない世界で、銘器の価値を決める鑑定に挑み続ける著者の人生に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

銘器の鑑定に必要な時間は―1秒。ヴァイオリンバイヤーが語る銘器鑑定の不思議で面白い世界。佐藤流鑑定ポイント入りヴァイオリンカラーカタログ付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: ヤマハミュージックメディア (2011/8/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4636870077
  • ISBN-13: 978-4636870077
  • 発売日: 2011/8/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 587,228位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 squash 投稿日 2014/3/20
バイオリン商は、この程度のおつむでできるのかと感心させられる書物。ヤマハもこんなものをよく出版したものです。

本物を見極めるためのヒントを得たいのであれば、もうちょとましな本を読む方がいいでしょう。例えば、「ヴァイオリンの見方・選び方」
など。もっとも、この本の著者は、芸大ガダニーニ事件で鑑定書を偽造したとされる、倫理的には重大問題人物ですが。

いずれにしても、こんな本に金と時間を費やすのは、無駄の極みです。どうしても読みたければ、図書館で借りて読むのが
いいでしょう。少なくとも、金の無駄は省けます。まあ、馬鹿馬鹿しい中身なので…読まないことをお勧めしますが。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
サブタイトルは「3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?」と仰々しいが、著者自身がそんな高価な楽器は1回扱ったのみと本文の中で書いている。確かに、数千万、数百万、数十万円クラスの楽器はもっと扱ったそうだが…

著者は「本物を見極める」のに必要なのは(経験から来る)「勘」であり、本物を「一秒で見極められる」と主張しているが、大変ほほえましい。そして、その「勘」があるので、間違えたりしないと何度も書いているが、その次の章では(もちろん、経験をつんだ後で)間違えたことも書いている。全体的に、内容の1/4から1/3ぐらいは本人の経験談であるが、残りはすべて他の本からの引き写しである(なので、著者は大変なヴァイオリン本のコレクションを所有していることを自慢することも忘れていない)。正直に全部読んで損をした。

この手の本は市場にたくさんあって、とてもすべてを読む訳には行かないので、私の未熟な経験から、不躾ではあるが、拾い読みだけで「こいつはおかしい」と判断出来る1つのポイントをぜひとも伝授させていただきたい:

即ち、「ストラディヴァリ」を「ストラディヴァリウス」と呼んでいる著者は要注意!

素人ならどちらを使っても、目くじらを立てることはないが、プロならみんな知っているはず。「ストラディヴァリ(ストラディバ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
新丸子でヤクザな商売に手を染めていた筆者がひょんな事からヨーロッパ産中古ヴァイオリン店の店長となり、ロンドンのサザビーズに買い付けに行かされる。そうして始まったヴァイオリン売買稼業についての打ち明け話風の本である。
ほとんどは値付けの話で、演奏や聴く楽しみの話はまるで無く、経験を通じてほとんど視覚のみを頼りに如何に正しく値付け出来る様になれたかという自慢話が語られる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
こういったいわゆる特殊な職業の方が、どのような「生き方」をしているのかと興味を
持たれる方にはよろしいのではないでしょうか?

しかし私は、この特殊な職業に対しての、「系統だてた分析」のようなものを期待していたので、当てがはずれました。

“本物”を見極める−3億円のヴァイオリンはいかに鑑定されるのか?というタイトルに勘違いしたわけですが、
これは、営業にたけた編集者がつけたのでしょうから、もちろん著者の方には、責任はありません。

すらすらと読みとおしました。昼休みの読書に最適。おもしろかったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック