中古品
¥11
+ ¥239 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 月曜日は出荷お休みいたします。中古のため、多少の使用感(傷み・汚れ・日焼け等)が有りますがご了承くださいませ。配送方法は等は出品者情報よりご確認頂けます。お届け日数はあくまで目安ですのでご了承ください。■商品につきましてご不明な点御座いましたらご気兼ねなくお問い合わせください。※やむを得ない事情により注文をキャンセルさせて頂く場合がございますのでご了承くださいませ。 19892
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


“文学少女”見習いの、傷心。 (ファミ通文庫) (日本語) 文庫 – 2009/12/26

5つ星のうち5.0 10個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥11
¥1
お届け日: 8月14日 - 16日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「きみが大嫌いだ」―心葉にそう告げられてしまった菜乃。その日以来、心葉は本心を見せず、取り繕った笑みで菜乃に接するようになる。そんなのは嫌だ!と夏休み、菜乃はある行動に出るが…。傷心の夏が過ぎ、秋。文化祭に向け賑わう校内で、菜乃はまた新たな出逢いを体験する。不吉な影を背負った少女。彼女に関わる中で、菜乃は彼女の、そして心葉やななせ、皆が様々に心に抱える闇と光を見つめることになる。もうひとつの“文学少女”の物語、第2弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野村/美月
福島出身。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 10
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2010年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2010年2月4日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月27日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年4月8日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2009年12月25日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年1月13日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月28日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月26日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告