中古品
¥49
+ ¥200 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫) (日本語) 文庫 – 2008/4/27

5つ星のうち4.4 12個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫 ¥737 ¥1,200
文庫, 2008/4/27
¥49
¥1
お届け日: 11月28日 - 30日 詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「わたしは天野遠子。ご覧のとおりの“文学少女”よ」―そう名乗る不思議な少女との出会いから、二年。物語を食べちゃうくらい愛するこの“文学少女”に導かれ、心葉は様々なことを乗り越えてきた。けれど、遠子の卒業の日は迫り、そして―。突然の、“文学少女”の裏切りの言葉。愕然とする心葉を、さらに流人が翻弄する。「天野遠子は消えてしまう」「天野遠子を知ってください」―遠子に秘められた謎とは?心葉と遠子の物語の結末は!?最終編、開幕。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野村/美月
福島出身。幼い頃より「物語」を作るのが好きで、作家を目指す。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2008/4/27
  • 文庫 : 328ページ
  • ISBN-10 : 4757741731
  • ISBN-13 : 978-4757741737
  • 出版社 : KADOKAWA (2008/4/27)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 12個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
12 件のグローバル評価
星5つ
57%
星4つ
21%
星3つ
21%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年7月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年6月1日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2008年12月26日に日本でレビュー済み
2009年4月28日に日本でレビュー済み
2008年12月21日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2008年11月23日に日本でレビュー済み
2008年4月29日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年4月28日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告