通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
×××HOLiC(13) (KCデラックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

×××HOLiC(13) (KCデラックス) コミック – 2008/6/23

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ×××HOLiC(13) (KCデラックス)
  • +
  • ×××HOLiC(14) (KCデラックス ヤングマガジン)
  • +
  • ×××HOLiC(15) (KCデラックス ヤングマガジン)
総額: ¥2,007
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

出版社 / 著者からの内容紹介

『これも必然なら、おれは小羽ちゃんに会わなきゃいけない』霊視が全く当たらなくなった小羽を助けにTV局へ向かう四月一日(ワタヌキ)。だがそこで待ち受けた衝撃の光景とは……!?


登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406375510X
  • ISBN-13: 978-4063755107
  • 発売日: 2008/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
最近はCLAMPさんの漫画をあまりじっくり読んで
いなかったのですが、やはり面白いです。
もともとは大ファンでたくさんの作品を読んでいたのですが。

今回の第二の主役はおそらく小羽ちゃんです。決して
話の展開が速いわけではないのに、どんどん引き込まれて
いきます。

久しぶりに読んで感じたことは、この方達の作品には
どのジャンルも含め一つのポリシーがあること(そのせいで
どのジャンルも似たり寄ったりとの批判も分かりますが)、
そして脇キャラにまで惜しみなくドラマと思いを与えて
書かれているんだろうな、ということでした。

どういう結果になってもこれだけの思いがあれば納得できる、
そう思わせてくれるキャラ達が魅力です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
夢が現実を浸食する
それとも、そもそも現実には存在しない!?

「願えば現実(ホントウ)になる」
侑子さんの言葉を支えに、耐え忍ぶ四月一日

そんな不安を抱えているにもかかわらず、小羽ちゃんの支えになろうとする四月一日

そして、小羽ちゃんは侑子さんに対価を支払い願いを叶える

是非とも、小羽ちゃん・四月一日には幸せになってほしい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻の展開が急展開で、四月一日の存在自体が今後どうなっていくのかが大変気になる13巻でしたが、前向きに自分にかかわる人とのつながりを大切にして日々を大切に生きていくことを選んだ四月一日の姿に、本当に強く成長したなと感動します。

小羽ちゃんと四月一日の物語が一つの完結を迎えますが、この二人の暖かい関係が本当に微笑ましくて、そんな二人を見守りつつ、四月一日をサポートする百目鬼との友情も本当に暖かい。優しい言葉を掛け合う訳ではないけれど、確かな絆がありますね。

侑子さんが今回は菩薩のようだったと言われた方がいましたが、本当にそんな感じでしたね。今回の依頼者は小羽ちゃん。しかも、わがままでもなく、母親の幸せのために自分にできることをする、その為の願いであれば、暖かい微笑みも浮かぶということでしょうね。

中盤、母親と小羽ちゃんの話の展開が重くてつらい点もありますが、それでも今回の話は
最後に良かったねと思える話で、本当に良かったです。
本当の笑顔が戻ってよかったねと。 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回のメインは小羽ちゃん。
四月一日と、妖が見えると言うだけではなく何かが近いのだと言う小羽ちゃん。今回は、その謎めいた言葉の多くが明らかになり、小羽ちゃんの話が一段落といった感じです。

今までのクランプの作品では、誰かの為に、その人が傷付くとわかっていても自分が犠牲になる。と言うのが多いように思いますが、今回の小羽ちゃんは自分も大切な人も、どちらも幸せになれる道を懸命に見付けようとしていて、とても優しい気持ちになれました。

ツバサとはまた違う、独特のテンポで進むホリック。相変わらず急展開はないですが、何故か夢中で読んでしまう面白さが今回もありました。ですが、面白い反面ツバサと合わせて考えると謎が多すぎる気がします。読んでいて伏線を回収仕切れないというか、どちらも終盤に差し掛かり色々なことが分かってはきているのですが…ややこしいよ!!
ということで、面白かったけれど☆4つです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
12巻は少し回り道してスローペースになったので
少々物足りなかったけど、
今度は本筋で読み応えありました。

小羽ちゃんの話を軸に
ワタヌキと小狼君の関係性も
少しずつ伝わってきました。

遅筆は、ファンにしてみれば、じれったいけど
面白ければ
まった甲斐があったという感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告