Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア
カスタマーレビュー

536 人中、513人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 自動電源ON、OFFに関しては注意が必要, 2014/12/1
投稿者 
レビュー対象商品: EPSON プリンター インクジェット複合機 Colorio EP-807AW 無線 有線 スマホプリント Wi-Fi ホワイト (Personal Computers)
Amazon Vine 先取りプログラム メンバーによるカスタマーレビュー (詳しくはこちら)
これまでキャノンとブラザーをそれぞれ数台ずつ並行して使い続けてきた。
現在キャノンはiX6530(印刷専用機)とMG6230(複合機)、ブラザーはMFC6490(複合機)を使用中。

【EP807AWの優れた点】
●なんといってもそのコンパクトさに引かれる。
大雑把にみてMG6230の体積の7割ぐらいの印象だ。
どこにでもアッサリ設置でき、キャノンのように丸みを帯びていないので、
引き締まった印象がある。

●次に写真品質だ。キャノンと比べると、より明るく自然な色調に仕上がる。
キャノンの方が色が強調されており、一見きれいで華やかだが、自然さに欠ける。
L版程度ならキャノンのほうが引き立つともいえるが、
A4ぐらいに伸ばしてみると、807AWの美しさが際立つ。

●電源の自動ON、OFFが便利。(ただし、要注意!)
自動ONは「プリンターのプロパティ」>「ユーティリティー」>
「プリンタ情報」から設定可能だが、
注意すべきは、初期設定がOFFになっていることだ!!
設定で自動ONにしない限り機能しない!
自動OFFも同じく30分、1時間などと設定が可能だが、
チルトパネル、排紙トレイは自動収納されない!!

●手差し給紙が可能。
最近これができない複合プリンターが増えている。
キャノンにはとうとう1台も無くなってしまった。
そのため、私はわざわざ中古で3年前の製品であるMG6230を購入した。
厚手の用紙や封筒には手差し給紙が絶対にほしいところだ。

●カラーインクが無くなっても最長5日間はモノクロ印刷可能。
また、ブラックインクが残り少なくなった場合には、カラーインクで
モノクロを補う仕組みだ。
仕事で使っている人などには役立つだろう。

【EP807AWの弱点】
●文字印刷の黒の締りが悪い。
キャノンは写真印刷には染料ブラック、文字印刷には顔料ブラックの2本立てだが、
エプソンは染料1本という方式の弱点だ。
仕事用の文書などには若干クオリティーが低いと感じる。
ちなみにブラザーは顔料ブラック1本方式だ。

私は大事な文書印刷には必ずMG6230を使い、
大量の文書印刷にはMFC6490を使っている。
文字のくっきり感は、キャノン>ブラザー>エプソンの順となる。

●手差しは連続給紙が出来ない。
まずパソコンからプリンターにデータを送ってから
いちいち本体の所まで行き、1枚だけ手差しでセットし、スタートボタンを押す。
複数枚プリントしたいなら、それを枚数分繰り返すことになる!
先に用紙をセットしておいてからパソコンでスタートは不可能だ。

MG6230は複数枚のセットが可能だし、
プリンター本体の所まで出向く必要もない。
まあ、それが当たり前と思うが…。

●電源は自動OFFできても、チルトパネル、排紙トレイは出っ放し。
手動での電源OFF時には「排紙トレイの用紙を取り除いてください」との確認後、
「はい」を押せば自動収納されるが、自動OFFでは
排紙トレイに用紙がなくても自動収納されない。

手動でも自動でも、なぜセンサーで用紙の有無を感知し、
自動収納できるようにしないのだろうか?

●最大の欠点はインクの減りがやたらに早いこと!
MG6230もほめられたものではないが、それと比較してもずっと早く減っていく。
おまけに、キャノンもそうだが、モデルチェンジのたびにインクタンクが小さくなり、
おまけにご丁寧に黒く塗りつぶし、インクの残量を見えなくしている。

カートリッジには増量タイプもあるが、標準タイプと比べて、
「大きさは同じですが、インク容量は多くなっております」などと言っているが、
真っ黒に塗りつぶしておいて、どうやって確かめろと言うのか?

そもそも「消耗品」であるインクがワンセット6000円以上など許されるのか?
例えてみれば、万年筆に3回インクを補充したら、
インク代が万年筆本体価格を超えたというようなものだろう。
そのような価格設定をする筆記具メーカーがあるだろうか?

プリンターメーカーはプリンターで勝負し、インクはインクメーカーに任せたらどうか。 
エプソンは日本を代表する精密・電子機器メーカーではないか!
いつからインク屋になったのか??

【総合評価】
いくつかの問題点はあるものの、文書主体の印刷が主目的でないなら、
優れた性能、デザインを兼ね備えたトップレベルの商品といえる。
特に写真印刷が主目的であるなら、他社製品より高い満足度が得られるだろう。
文書印刷が主体である場合は、店頭等でよく文字印刷品質を確認、比較した方が良いだろう。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿4件中1件から4件までを表示
最初の投稿: 2014/12/30 16:43:58:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2014/12/30 16:48:42:JST)
Kinectさんのコメント:
【EP807AWの弱点】
●パソコンから無線LANで電源ONは出来ない!

と書かれていますが、パソコンからワイヤレスで電源ONは出来ますよ。
初期設定では自動電源オン機能がオフの状態になっていますので、オンに変えてみてください。

前の投稿への返答(返答日時: 2014/12/30 22:15:47:JST )
一球さんさんのコメント:
Kinect様、このたびはコメントをいただきありがとうございました。
このたびのご指摘を参考に自動電源ONが出来ました!

ワイヤレスでの電源ONについては、出来ないはずがないと思い
マニュアルを初め、ネット上など散々調べまわったのですが、
どうしても分かりませんでした。
同機種を使っている友人にも尋ねてみましたが、
彼もまた自動ONに出来ずに使っていました。

そして最後に広告コピーをじっくり見て、「Wi-Fi接続でスマートフォンからでも、
『USB接続のパソコン』からでも自動で動作します」とあったのを見つけ、
「ああ、ここにトリックがあった!」と思い、
USBでしかできないものだと思ってしまいました。

今回のことは私の完全な錯誤でした。早速レビューを訂正いたしました。
エプソン、ならびに皆様にご迷惑をおかけしたことを心からお詫びいたします。

Kinect様からコメントをいただけなかったら、
このまま使い続けたかもしれません。
わざわざお手数にもアドバイスをいただけたことに心から感謝いたします。
このたびは本当にありがとうございました。

(それにしてもなぜ、誰もがマニュアルで分かるように書かれていないのでしょうか?
また、あの広告コピーは何なのでしょうか??)

投稿日: 2014/12/31 1:50:23:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2014/12/31 6:07:42:JST)
Kinectさんのコメント:
一球様

コメントに対する御丁寧な回答ありがとうございました。
でも、自動電源オン機能が使えるようになって良かったですね。
自動電源オンが有ると無いとでは便利さがまるで違ってきますので、喜んで頂けて光栄です

私はこの製品を購入する際、Epsonのこの製品とキャノンの新製品とで迷っていたのですが、一球様のWi-Fi環境
におけるパソコンでは自動電源オン機能が使えない言うレビューを読んで、キャノン製品は出来るのに何故Epson
製品では出来ないのか?、「とにかくそれだと不便だなー」とこの一点だけが引っかかってしまい、購入に踏み切
れず悩みました。
ですので、同じように購入に踏み切れず、悩んでいらっしゃる方が他にもいたら大変と思い、あえて失礼を承知で
コメントさせて頂きました。

メーカーの広告コピーはおそらく短文で説明しなくてはならなかったため、Wi-Fi接続のみならず、USB接続のパソコン
からでも自動電源オン機能は使えますよ(幅広く使えます)と言う事を強調したかったのでしょう。

出来ればメーカーには謳い文句の一つにしているぐらいだから、購入したユーザーが戸惑わないよう(タッチパネルの
深い階層に設定項目があるので)初期設定は自動電源オン機能を有効にして貰いたいですよね。

マニュアルは確かに不備がありますね。
私的には操作ガイドの9ページ、スマートディバイスから印刷する欄に、何故「Epson 印刷サービス プラグイン」(メーカー
の印刷アプリを介さず印刷出来る技術)の記述が無いのか?、プラグインがあると無いとではスマホから印刷する際便利さが
大違いなのにと思いました。

あっ、そうそう、ついでだからお節介かもしれませんがもう一つだけ・・・
>自動OFFも同じく30分、1時間などと設定が可能で、排紙トレイも自動収納される。

の記述ですが・・・
あれ?と思い試してみましたが、電源自動オフ設定で排紙トレイまで格納されてしまうと、プリントされた紙が残されたまま
の場合まずくないですか?
もしかしたら自動電源オフ機能では排紙トレイ・操作パネル共に格納されず、電源のみがオフになるの誤りではないですか?

前の投稿への返答(返答日時: 2014/12/31 21:58:54:JST )
一球さんさんのコメント:
Kinect様:

再度のコメントありがとうございます。

確かに、ワイヤレスでの電源OFFでは排紙トレイが自動収納できませんでした!
できると書いてしまったのは、広告コピーの「電源オフでチルトパネル、給紙トレイ、
排紙トレイが自動収納されるので、手間をかけずに片付け完了です」
というのが頭にあり、当然ワイヤレスでの電源OFFでも自動収納できると思い込み、
便利な機能として紹介するつもりだったのです。

実際は、自分が使う時はほとんどが写真印刷であるため、
印刷終了後即座に用紙を回収し、手動で電源OFFにしていたため、
今日に至るまで気付かずにすごしていました!

手動OFFのときは「排紙トレイから用紙を取り除いてください」と出ますが、
用紙を取り除いたあと、もしワイヤレスで電源OFFにすれば
当然自動収納できるものと思い込んでいました!

今回のKinect様のご指摘により、自分のレビューがいかに不正確であり、
それがためにいかに多くの人を困惑させ、ミスリードしてしまったかを思い知りました。

自分が商品を購入しようとするとき、レビューが無い商品はどうにも不安で
手が出ないものですから、少しでも同じように感じている方々のお役に立てればと
思いレビューを書いて参りましたが、逆の結果を招いてしまったことに
自責の念を禁じ得ません。

今後は確認の上にも確認を重ね、慎重の上にも慎重にレビューに
取り組まねばいけないと深く自戒いたしました。

レビューは早速書き改めたいと思っております。

重ねてのご丁寧なご指摘に感謝いたしますと同時に、
Kinect様にもご迷惑、お手数をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
‹ 前 1 次 ›