Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

180 人中、158人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 3泊4日の山歩き(雨あり曇りあり快晴あり)で使ってきました, 2013/8/28
投稿者 
レビュー対象商品: SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 II 光学3.6倍 DSC-RX100M2 (エレクトロニクス)
長文失礼します。

私はソニー製のデジカメを購入したのはこれが初めてです。私はこれまで基本的に、日中の風景写真を撮影するのをメインにデジカメを使ってきました。現在までコンデジ、デジタル一眼を含め4種類のカメラを使ってきました。デジタル一眼はキャノンの30D、2006年製です。

私は山歩きをしながらの写真や海の写真をよく撮るのですが、山の写真をきれいに撮るカメラということで検索しているうちにRX-100Mにたどり着きました。

今回このSONY サイバーショット DSC-RX100M2を購入した理由は、ネットでいろいろ調べている中で、RX-100Mの評判が、「暗いところでもきれいに撮れる」ということと、「おまかせモードで十分きれいな映像が撮れる」、というのが決め手でした。時間もなかったので、現物に触らずに買ってしまいました。

直近まで主に使っていたデジカメは2010年製のPanasonicのルミックスFT2という防水コンデジですが、それに比べると、性能的には格段に違っていました。

今年の8月上旬に、3泊4日で北アルプス縦走をしたとき、このRX-100M2を使ってきました。その感想を下記にまとめました。私は細かい機能はわかりません。すべてプレミアムおまかせオート(カメラ任せでキレイなブレない写真が撮れる)で撮りました。シロウト感覚で感じたことを書きますが、よろしくお願いします。

使ってみての感想

・モニターの保護シート

 ソニー モニター保護セミハードシート PCK-LM15というモニター保護シートをつけて行きました。このカメラでの初回山行時に保護シートをつけずに行ったのですが、、早速モニターに小さいながらも傷をつけてしまいました。保護シートは最初から使うことを絶対おすすめします。

・オプションのグリップについて

  ソニー アタッチメントグリップ AG-R1 B というオプションのグリップをつけて行きました。

 う〜ん、これはどうでしょう。あれば確かに使いやすいかもしれませんが、ないと不便かというと、それほどでもないと思います。初回に使ったときはグリップなしでしたが、特段ストレスなく使えましたし。余裕のある方はどうぞというところでしょうか。

・レンズが飛び出すタイプのカメラである点

 購入前に、撮影のときにレンズ部が飛び出すタイプなのを知りませんでした。私は山歩きをしながら(これは!)と感じた風景などをサッと撮りまくるので、撮りたいときにレンズ部が出るのを待つ時間のロスがあるようだとイヤだなあと思ったのですが、その点では全くストレスはありませんでした。

 レンズが飛び出すということは、雨降りの場合、突出部が雨に濡れることになります。実際私は丸一日そのような状況下で使うことを強いられ、飛び出し部分がかなり雨で濡れたのですが、その日もその後も動作に影響はありませんでした。ただ、濡れた部分は何度もレンズを出し入れして水滴をふき取るようにはしました。

・花のマクロ撮影

 花を撮るときのマクロ撮影も、一発で目的の花にピントが合ってサクッと撮れて、まったくストレスはありませんでした。マクロはなかなか思うようにピントが合わなかったり、花が風でぶれたりしますが、ほとんど一発で十分きれいな花の写真が撮れましたね。これはすごいです。

・手ぶれ、対象物の動き補正

 上記と重なりますが。お盆に実家で子供や親類のチビッ子らを撮ろうとしましたが、なかなかじっとしていてくれません。ところが、子供らが少し動いたくらいなら、カメラが自動補正して、ブレのないきれいな写真に仕上げてくれるのです。これにはマヂで驚きました。ですので、山の中で花の写真を撮ろうとして、多少の風で花が揺らいだくらいなら、普通にキレイにブレない写真が撮れます。

・自動逆光補正

 風景写真を撮るときに逆光の場合、勝手に調整してちゃんと撮ってくれます。もちろん順光のときのようなきれいな写真にはなりませんが、昔のデジカメだったらまともに写らないような逆光の条件でも、ある程度きれいな写真になります。私の山行記の4日目(http://www.geocities.jp/hmrmyamada/yamaaruki/kumonotaira4.html)の、雪渓越しに槍ヶ岳を撮った写真はまさにそういう条件でした。ただ、逆光で人物も入れて撮影するときは、フラッシュは使った方がよいと思います。

・暗いところでの撮影

 暗いところ(樹林帯や曇り空)でも結構キレイに撮れるのですが、画像を明るくしたり自分の好みの色調で撮りたいのであれば、(プレミアム)おまかせオートでも、明るさや色味、コントラストなどの調整が簡単にできます。
 

・電池(バッテリー)、予備電池について

 本体付属のバッテリーに加え、「『残量表示付』 SONY ソニー NP-BX1 互換 バッテリー DSC-RX1R DSC-RX100M2 DSC-HX50V HDR-GWP88V HDR-GW66V DSC-HX300 DSC-WX300 HDR-AS15 DSC-RX1 DSC-RX100 対応」という、廉価版の予備電池を4個持って行きました。

 予備電池から使いましたが、使った順にABCDとします。

 まずは予備電池Aから。1日目は雨が降ったり止んだりの中での使用となりました。そのため、気づいたらレンズ飛び出し部がかなり雨に濡れていました。そこで、何度も飛び出し部を出し入れして水滴を拭き取りました。途中からは飛び出し部が雨に濡れないように工夫して撮りましたが、濡れないようにするのは限界もありました。

 2日目。撮影3枚目のところで予備電池Aがバッテリー切れとなりました。この時点で撮影枚数はちょうど100枚でした。ただ、これは何度も飛び出し部を出し入れして水滴を拭き取ったので、電池を消耗したところもあったのだと思います。

 次に予備電池Bをセット。2日目も最初は雨の中。雨に濡れないよう気遣いながらもやはり飛び出し部が濡れてしまうので、タオルで拭き取りながら撮影しました。雨は朝のうちで止み、その後は濡れずに撮影でき、170枚撮りましたが、電池交換しました。

 そして3日目に予備電池Cに替えたところ、3日目4日目は晴天だったため、2日間で478枚撮りましたが、まだバッテリーには余裕がありました。結局予備電池Dと、本体付属電池は使いませんでした。電池AとCを考えると、やはりレンズ飛び出し部が水に濡れるのは機械的にも負荷がかかるのかなぁと思いました。

・PCで見るなら、「6.最高画質」で

 なお、これはPC上で画像を縮小する場合ですが、「6.最高画質」で保存すると、キレイになります。画像サイズが小さいとあまり関係ないのですが。

・wifi機能

 wifi環境であれば、撮った画像を無線で飛ばすことができます。私は今のところ自宅でしか使ったことがないのですが、カメラとPCをケーブルでつなぐことなく簡単な操作でデータをとばすことができるので楽ですね。 

以上、気づいたことを書き出してみました。

いや〜〜〜しかし、「スマホやケータイでカメラが撮れる時代」のまともなデジカメだけあって、さすがにキレイな写真が簡単に撮れるもんだなあと感心しましたし、非常に満足しております。しばらくはこのカメラを使い倒したいと思っています。

私はこの夏に北アルプスの雲ノ平周辺を3泊4日で縦走してきた山行で、このカメラを使ってきました。下の日記の画像は、すべてこのカメラの「プレミアムおまかせオート」で撮ったものです。雨の中、曇り空の中、快晴の空の下、いろんな条件下で撮っています。よろしければご覧ください。なお、画像は明るさやコントラストなどを少し調整しているものも一部ありますので、ご了解ください。

日本最後の秘境雲ノ平を訪ねる3泊4日の山旅

http://www.geocities.jp/hmrmyamada/yamaaruki/kumonotaira1.html

長文失礼しました。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿2件中1件から2件までを表示
最初の投稿: 2014/03/02 16:24:44:JST
Amazon カスタマーさんのコメント:
購入を考えていました。実際の使用感とてもためになりました。
購入しようと思います。
今後も楽しく山岳写真を撮影されることを願っています。

前の投稿への返答(返答日時: 2014/03/02 18:14:53:JST )
国見人さんのコメント:
ありがとうございます。このレビューを書いた国見人です。

今どきデジカメにこのお金を払うのはちょっとためらわれますが、価値はあると思います。本当にキレイに写真が撮れます。私はソニーの関係者ではありませんが、日本のメーカーとして応援したいですね(笑)
‹ 前 1 次 ›

レビュー詳細