Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

138 人中、129人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 最大公約数的な優秀カメラ(長文注意)2015/2/12追記あり, 2014/3/11
投稿者 
レビュー対象商品: OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS 1 28-300mm 全域F2.8 光学10.7倍ズーム ブラック STYLUS-1 BLK (Camera)
非常に長くなる事を最初にお詫びしておきます。

一眼レフには及ばないものの、コンデジとしては起動やAFを含めた各動作が素早く、ストレスを感じません。
肝心のEVFの出来は非常に良好。大きく見やすいだけでなく、アイポイントも長いのでメガネ着用でも問題ないでしょう。オマケ程度につけたEVFとはまったく違います。
外光の影響を受けないので、背面液晶を使うよりずっと見やすく快適。
私の場合、チルト液晶を活かしたローアングルでの撮影以外、ほとんどEVFを使っています(背面液晶との切り替えは自動で、顔をファインダーに近づければEVFに切り替わります。手動も可です)。

インターフェイスはなかなかよく練られていると感じます。
標準状態でも使いやすいですが、設定の多さは一眼レフに負けませんから、より自分の好みに合わせることも可能。

特にレンズ部のリングは、通常は絞り優先時には絞り値変更、シャッター優先時にはシャッター速度変更など、主となる値変更を行う役割なのですが(設定で変更可)、レンズ横にあるMFレバーを倒すと即座にピントリングにかわります。
その際はクリック感もなくなり、それを回すとAFエリアを拡大表示してくれるため、ピント合わせがやりやすくなっています。

カスタムモード(1・2)に登録しておける設定項目内容が多いのも良いです。
私の場合は「風景用」と「人物・ペット用」として自分の使いやすいように設定しました。
2つのファンクションボタンの機能変更も可能ですが、これはもっと選択肢を多くできたのではないかと思います。「OK」ボタンですぐアクセスできる項目がほとんどなので、せっかくのFnボタンがあまり有効に活用できていません。
個人的にはAF作動(とシャッターボタンによるAF無効化)か、せめてAFロック機能が欲しかった。

JPEGの発色はとても良好。
標準状態で、不自然さは無いのに見栄えのする色合いです。一応RAWでも撮っていますが、ほとんどJPEGのままで「使える」色です。
このJPEGの色と水準器の精密さは、風景撮りに使っているニコンD800より上ですね。
コンデジとしては階調も豊かなほうだと思います。
ちなみにRAWは、2014/3/11現在でアドビLightroomは対応済、AppleのAperture、iPhotoは未対応です(データの読み込みと保存はできます)。
※※ 追記 2014/8/8、AppleのカメラRAWがスタイラス1に対応しました。Aperture・iPhotoはもちろん、Finderやプレビューなどでも同機のRAWを表示・編集ができるようになっています。 ※※

意外だったのが、「こんなもの不要」と思っていたアートモード。
作品としての写真にはどうかと思いますが、単なる派手派手写真ではありませんから、SNS用やちょっとしたスナップ用としてかなり有用だと思います。
出先でもスマホに画像を送れるWiFi機能を内蔵しているのでなおさらですね。
1シャッターで複数のアートフィルタ適用画像を保存することも可能なので(アートブラケット)、保存後に適用するよりも「試してみる」気になり、意外な発見ができます。ただ、当然保存枚数は増えます。
なお、まだ試してはいませんが、WiFi機能はスマホの画面でライブビューを行うことが可能ですから(AFやズーミングもできます)、集合写真はもちろん、大型の三脚で身長よりも高い所にカメラを設置した場合などでも有効に使えそうです。

もちろん上記Fnボタンの件を含め、欠点が無いわけではありません。
EVFのアイカップの出っ張りのせいでカバンへの収まりがややスポイルされている事や、個人的には28-300mm相当ではなく24-200mm相当だともっと嬉しかった事などもありますが、これらは納得して購入しましたので後悔は一切ありません。
買ってから気付いたのは、皆さんおっしゃっているように動画がいまひとつな事や、「撮影直後の再生」をONにしておくとEVFにもそれが反映されてしまうこと(ファインダー撮影のときは再生しない設定がほしい)、それからAFエリア1つが大きめな事(*改善されました。後述)など。

私は普段、ニコンの一眼レフで下手ながら風景写真を撮るのを趣味にしています。
ですがこの重いカメラとレンズをいつも持ち歩いているわけでは当然ないし、スナップやメモ写真も撮ります。

これまで数年間パナソニックのLX3というコンデジをカバンに入れそれなりに満足してはいましたが、家族やペットの写真、またドライブや散歩中に偶然見つけた景色を撮るとき、もっと望遠側が欲しいと思っていました。
また、出先からfacebookなどのSNSへ投稿する際、iPhoneのカメラでは力不足を感じることも少なくありませんでした。

そういう理由で、「もう少し望遠が効き、WiFi装備のそこそこコンパクトなカメラ」をしばらく物色していたのですけれど、希望に近い製品はあれど外観が気に入らなかったり、画質が許容範囲以下だったり、機能的に物足りなさを感じたり、また実際に買うとなるとあれこれ希望も増えてくるもので、猫や植物撮影用にチルト液晶が欲しくなったり、できればEVFがあればと思ったり。
同時に検討した中で画質に優れるソニーRX10が最後まで残りましたが、実物を見てあのサイズならもう一眼レフでいいと思い却下しました。

そんな中でこのスタイラス1は、明るい高倍率ズーム、適度に満足できる画質、優秀なEVF、操作性などのわりに、普段のカバンにも何とか入り、首にかけていても散歩の邪魔にならないサイズと重量という、良い意味で最大公約数的な機種と感じています。
いわゆる高級コンデジとして画質が良くないと言われることもある機種ですけれど、ピクセル等倍での鑑賞を主とする方でなければ、可搬性の高い便利な常用機、あるいは一眼レフのサブ機として十分に使い出があると感じています。
先述した色の件をふくめて、写真を全体として見れば、十分良い描写だと思います。長く使いたいです。

*** 2015年2月 追記 ***
2015/1/15のファームウェアアップデートで、新型である「Stylus1s」と同等の機能となりました。

不満点の1つだったAFのターゲットサイズが小さくなっている事が嬉しい。
また、インターバル撮影とタイムラプス動画を作成できるようになった事も大きいでしょう。
その他にも、ステップズームや、ズーム焦点距離の「35mm換算」数値表示、MFアシストのピーキング機能も追加されています。

新型カメラとまったく同じになるアップデートを行うオリンパスの姿勢は大いに評価したいです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]