Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

93 人中、86人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 ハイエンドなパーツ構成でもお勧めの筐体, 2013/12/18
レビュー対象商品: CoolerMaster ミドルタワーATXケース CM 690 III (型番:CMS-693-KKN1-JP) (付属品)
 当方はCoolerMasterのケースは初めてとなります。 このシリーズはどうやらこれが三代目のようです。このケースの詳細は公式サイトをみて頂いた方が写真もかなり載せられていますので参考になるかと思います。

 大きな特徴として、200mmFANを3つ搭載可能となっておりますが注意が必要です。まず、3つのうちフロントとトップはCoolerMaster社のMegaFlow以外は、筐体の構造から取り付け不可能です。つまり純正品でないとNGとなります。フロントには最初から無発光の200mmFANが付いておりますがこれを、他社製の200mm LED付きFANに換えようとしても、フロントパネルの内側の構造が MegaFlow 前提に作られているので蓋ができません。

 トップの部分も200mmファンを差し込む切れ込みがあるのですが、これもMegaFlow専用になってます。そういう意味では存外FANに関しては制限がある、という感じです。また、トップに200mmFANを取り付ける手順は、付属のペラペラの手順書には載っておりません。フロントカバーを外してから(でないと抜けない)トップカバーを外して付ける形です。このトップカバーは電源、リセットボタン等のケーブルが接続されているので完全には外せず、ちょっとケーブルが繋がったままブラ〜ンとさせての作業になります。

 これらのことから公式サイトには200mmFANが3つ搭載できると書いて有りますが、フロントとトップは Mega Flow 限定です、
とは書いてないので騙された感を抱いておりますヽ(`Д'#)ノ

 サイドパネルの方は仕組み的にポン付けするものなので他社製の200mmFANでも装着できました。当方は
【SPECTRE PRO LED 200mm フルードダイナミックベアリング採用ファン ホワイト BFF-LPRO-20025W-RP】を付けております。

 フロントパネル側のFANは200mm以外に180mm x1 または 140mm x2 または 120mm x2 を取り付けできますがココで注意が必要です。FANを購入したときに付属してくるテーパーネジでは留めることができません。FANの角にリブが有る/無しで必要な長さは異なりますが、FAN固定用の通常のネジが必要です。CM690IIIには、リブ付きの場合に25mm厚のFANを1組留めれるネジ4本が付属してますが、2つ目のFANを留める為のネジはついてません。
 従って購入したFAN自体にテーパーネジとは別に通常のネジが付いている必要があります。あるいはFAN固定用のネジだけ別売品があるのでそれを利用するか、です。
 私はこの点も不満です。フロントパネル側に2組のFANが付けれる仕様ならばその分のネジは用意して欲しかった。

 最終的にフロントにオウルテック社の【OWL-FY1425L(SB)】 140mmFAN x2を付けて、最初からフロントについていた Mega Flow はトップ側に移して使っています(注:このFANにはテーパーネジしか付属しておりません。当方は別のFANに付いていた25mmネジを使って2つ目のを取り付けました)。

 個人的な完成後の使用感自体は★5つなのですが、200mmFANが専用品が必須なことと、付属ネジが不足のことは要改善点と私は見なしておりますので、FANのことが1.5ポイント、付属ネジのことが0.5ポイント、合わせて★を2つ減らしました。この点が改善されれば神ケースと言ってよいかと思います。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]