Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

266 人中、246人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 非常に優秀ですが、SX50所持者には悩ましい後継機, 2014/12/29
投稿者 
レビュー対象商品: Canon デジタルカメラ PowerShot SX60 HS 光学65倍ズーム PSSX60HS (Camera)
当方はSX50を所持しており、後発機が光学60倍を次々と装備する中、使い続けていました。
その理由は、倍率ではSX50以上であっても、それ以外の性能がSX50に劣ると感じた物ばかりだったからです。
60倍という数値に引かれて購入した物の、即座に手放した物もありました、
AFが遅かったり迷いが多かったり、不満の多い物ばかりで正直使用に耐えうる物ではありませんでした。
ですからSX50の後継機か、ニコンP700まで待とうと決めておりました。
(P700は早い段階から噂があるのと当方がニコン派だからです)

そんな中でSX50の後継機SX60がSX50から2年の時を経ての発売です、
コンデジは世代交代が早いので、妥当な時期の発売かなと思います。

SX50が文句の付けようのない名機でしたので、後継機である本器への期待は尋常ではありませんでした、
現在でも人気は高く、他メーカーの後発高倍率機が、SX50より実勢価格は安い状況です。
本器は店頭でも初回入荷分は予約のみという常態で前評判も前人気も上々でした。

そんな超盛りあがった期待感のまま手に取った本器。
使ってみて真っ先に違和感を感じたのはAFの速度です。
AFは遅いとまで言うほどではないのですが、早いとも言い難い速度です、
通常ですとそれほど不満のある速度ではないのですが、
光量が足りないと迷うことも多く、65倍までにしているとその分動きも大きい為、結果として遅く感じてしまうのです。
それでもP600に比べたら早いと感じます。

SX50に引き続きフレーミングアシスト機能搭載です。
"固定モード"と"探索モード"の二つがあり、
その名の通りフレームアウトした物を再び"入れやすく"してくれる機能です、
"アシスト"と言うだけあって、フレームに入れてくれる機能ではありません。
この機能は野鳥撮影には非常にありがたいです、
望遠の際は少しのブレや、被写体の僅かな移動で見失いがちですが、
ワンタッチで操作可能なので、チョロチョロ動く小鳥や波間にたゆたうカモなどにはある程度対応可能で、
この機能によりフレームアウトした鳥を探しているウチに飛び去ってしまう…と言う様な事態は減らすことが出来ます。
野鳥相手ですと、恐らくは"探索"モードを多用することになるのではないかと思います、
と言うか当方は固定モードは殆ど使用せず、探索モードを多用しています。

カメラに馴れると不要な機能にも思えますが、高倍率になればなるほど僅かなブレで被写体を見失いますので、
使いこなせるようになれば撮影成功率も上がるかと思います。

広角やマクロの性能もそこそこ高く、普段使いでもそれほど支障がありません、
汎用性は高く、これ一台有れば極端な環境での撮影を除いて大凡の撮影は賄えます、
散歩のお供には少々デカイのは問題ですが、デジイチに比べると格段に軽くレンズを別に持つ必要も無いので、
その点では携帯に適しており、広範囲をフォローできる非常に優秀なコンデジだと思います

しかしながら、ISOなどの関係からSX50と比べると汎用性の面では微妙な印象が否めません、
特に暗めのシチュエーションではSX50の方が優秀と感じます。
画素数はSX60の方が多いのですが、正直SX50と比べてもそれほど大差がありません。
そんなわけで、動物園では檻内の動物を捕らえることはあまり得手とはしません、
水族館もかなり厳しめです、やはり光量不足には弱い感が否めません。

ピーカンであれば超望遠を駆使した野鳥撮影はSX50を上回ることは間違いありません。
しかしながら曇天以下の天候、薄明薄暮とまでは行かないまでの明け時暮れ時など、
光量が足りない時はAFが迷うし、ブレるしで、まともな撮影は非常に難しいです。
SX50からの買い換えに関しては非常に悩ましいと思います。
当方もSX60を購入したら、SX50を手放す算段ではいましたが、現在非常に悩んでいます。
手元に二個有るからと言って、この大きさを二個抱えてフィールドへ出向くのも馬鹿馬鹿しい話です。

機能は優秀です、良く出来たコンデジだと思います、使い勝手もよろしいです。
使いこなせば撮影の幅は広がるでしょう、
初心者であれば使いこなせなくとも撮影の幅はぐんと広がり、
撮影の楽しさを教えてくれる名器たり得る優秀なコンデジです。

SX50を所持していない、若しくは未体験の方にしてみれば文句なしに星5の傑作でしょう。
しかしSX50を所持している方にとっては、悪くはないが改めて買うには…でも欲しい…けど高い…
と言う様な、微妙なラインにあるカメラでは無いかと思います。
殆どの面においてSX50を上回り、いくらかSX50と同等の性能…と言うのであればよかったのですが、
殆どの面でSX50を上回るが、僅かではあるが下回っていると感じてしまう点があるのがなんとも残念です。
特にSX50からの買い換えに関しては非常に悩ましいと思います。

ガッカリ感があったので少々ネガティブなレビューになってしまいましたが、
コンデジの性能としては非常に優れた物を持っていますので、
野鳥撮影など望遠に期待する方には打って付けの機種なことは間違いありません。
ただ、購入はもう少し値段がこなれてから…と言う気がします。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]


レビュー詳細