Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア
カスタマーレビュー

14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 工夫の余地有り・・・が、デザインは気に入った。, 2013/10/14
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ZALMAN Reserator3 MAX 水冷一体型CPUクーラー 日本正規代理店品 HS1050 Reserator3 MAX (Personal Computers)
長年CorsairのH50を使用してきて、そろそろ飽きたな(笑)と思っていたところにZalmanがReseratorの名を冠した簡易水冷クーラーを発売した事を知り、思わず購入してしまいました。が、届いた製品はポンプの初期不良でした。交換を願い出たところ翌日には代替え品が!!で、今回は取り付ける前に半日間ポンプの検査をしました。約1600回転で安定していましたので、大丈夫だなと判断。取り付けに掛かりました。
PCの構成:
マザー:Asus Maximus IV Extreme(P67B3)
CPU:Corei7 2600K
ケース:Silverstone TJ09
OC無しの定格運転
マザーボードを外して取り付けるわけですが、それに関しては難しさはありませんでした。
H50のマザボー裏面のステーがプラスチックだったのに比べてZalmanは金属なので安心して締め付けられます。
グリスはいつも使っているAINEX シルバーグリス [AS05]を使いました。
ラジエター部分を取り付ける時、付属ファンのケーブルに工夫しないとCPUファン端子まで届かないかもしれません。
というか、後ろから無造作に出している事自体手抜きではないかと思うのですが。
ダブルファンにした時巻きこんじゃいますよ多分。
私の場合、ラジエター≫≫≫ケース≫≫≫120mm(厚さ38mm)ファンのダブルファンにて設置してみました。
電源を入れると、淡いブルーのLedが灯ります。派手が好みの方には物足りない明るさです。
BIOSにてCPUファンコンの設定をStandardにしてあります。
アイドル時にはファンの回転数は約1100回転。静かです。コア温度(CoreTemp読み)は34度前後(室温26度)
動画のH264エンコード時、CPU稼動が98%〜100%時には58度前後。ファンは1300回転。少し音が聞こえてきます。
冷え方としては、H50の時と大差はありません。
考えられるのは、H50の時は天板にラジエターを設置し、直接外気を吹き付けていましたが、Zalmanの場合はケース内の多少なりとも暖まった空気を吹き付けざるを得ないからでしょう。
TJ09は天板に120mmのファンを2個設置できますので、ラジエターに近い方は外気取り込みにした方が良いかもしれません。
また、CPUファンの制御はBIOSに頼らないで、別途ファンコンで妥当な回転数を探った方が良いかもしれません。
因みにfullの2200回転だと爆音です。
結論として、OC等、冷却が命って人には向かないと思います。240mmラジエターの他社の簡易を選んだ方が良いですね。
が、無骨でないデザイン、特にZalman社のサイドフロー空冷クーラーを模したラジエター部分など、Zalmanのアイデンティティが活かされたこの製品には好感が持てました。
いろいろと工夫の余地もあり、これから楽しめそうだと言う事で★は3つとしました。
(追記)
H50時に比べてPCの使用電力が10W位上がっている事に気づき、『冷却能力がドッコイドッコイで電気喰うんじゃ駄目じゃん!このクーラーは使えねぇ〜!』とH50に戻そうとしたのです。
が、冷静に考えてみた時、使っているファンの個数は同じだし、クーラーのポンプ能力もH50とほぼ同じなので、電力消費の上昇は他の要因じゃないだろうか?と思ってBIOSをチェックしたところ・・・
CPUのコア電圧が見た事のない数字になっておりました。(^_^;)
おそらく、クーラー設置後、BIOSでCPUファンのコントロールを設定する時に誤ってKeyに触っていたようでした。
それを元に戻した後は、アイドリング時で32度前後、H264エンコード時で52度前後で安定しています。
勿論、消費電力も以前と同じに戻りました。
室温が前回よりも3度低い23度という事もありましたが、負荷を掛けた時の温度の下がり方には★を1個増やしても良いなと思いました。
尚、天板ファンはクーラーに近い方を排気、遠い方を外気導入にしています。
色々試してみた結果、この組み合わせがうちのPCにはベストでした。
それと、クーラーのダブルファンの構成を少し変えました。
クーラー==>ケース==>シュラウド+120mm(幅25mm)のファンの構成に。
シュラウドには、壊れた120mmファンのファン部分をぶった切ったフレームを使っています。
風量的にも有利な38mmファンを止めた理由は、丁度合う長さの取り付けネジがうちに無かったからです。
これから冬を迎えるわけですし、暫くはこのまま運用していくつもりです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]