Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

15 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 一部のキーボードで相性問題あり, 2009/10/17
投稿者 
レビュー対象商品: サンワサプライ パソコン自動切替器(4:1) SW-KVM4LU (Personal Computers)
多機能USBワイヤレスマウスへの買い換えに合わせてcoregaのCG-PC4KVMV2から乗り換えました。
Windowsマシン(Desktop×2,Note×1)+Linuxマシン(Desktop×1)の環境で使用しています。
Linuxマシンは古いWindowsマシンを転用したので、USBインターフェイスとグラフィクスアダプタ共に増設カード経由接続です。使用しているキーボードとマウスは、LogicoolのCZ-900とMX-Rです。

このKVMスイッチは薄型で奥行きが少ない割には重量もしっかりあるため、ちょとした隙間に安定して設置できるので置き場所に困ることは無いと思います。また接続ケーブルは3本一まとめタイプではなくオールインワンタイプなので、ケーブルの取り回し性が良くスッキリと接続できます。

モニタはメインマシンのメインモニタのみ独立、メインマシンのサブモニタとサブマシンのモニタをKVMスイッチで共有しています。KVMスイッチを使用する際に気になるのは映像の劣化だと思いますが、サブモニタの解像度がSXGA程度であるためか、滲みや同期乱れ,ノイズなどの不具合もなく綺麗に出力されます。組み合わせるグラフィクスアダプタによっては若干ボケ気味になる傾向がありますが、問題ないレベルでしょう。どうしても気になる場合は、グラフィクスアダプタのリフレッシュレート変更で改善できる場合があります。

CPUの切替も[Ctrl]キーのダブルタップで簡単に行え、左側Ctrlキーで[1]→[2]→[3]→[4]→[1],右側Ctrlキーで[1]→[4]→[3]→[2]→[1]と切り換えられるので大変使い勝手が良いです。

さて、ここまでは良い点をあげてみましたが、私の環境で結構大きな相性問題が出ているので、こちらについてもレポートしておきます。
ただし個体差の可能性もあり必ず発生する問題かどうかはわかりませんので、あくまでも参考として。

最初に記載した通りキーボードにLogicoolのCZ-900を使用しているのですが、キー入力が効かなくなる場合があるのです。
このキーボードはキーバックライトがついているため、一般的なキーボードに比べて消費電力が大きい(といっても300mA程度)ことが影響しているのかもしれません。USBの供給電力は500mAですから、そこからKVMの駆動電力とマウスの駆動電力を差し引くと、キーボードに回せる電力がギリギリになってしまうのでしょう。KVMの機嫌がよい?ときは普通に使用できるのですが、いったん機嫌が悪くなってしまうと頻繁にキーボードの切断・接続が発生します。Windowsマシンで使用していると、USB機器の接続・切断音がピコンポコン鳴って大変煩いです。

また、接続・切断が発生したあとはKVMをリセットしないとキーボードの動作が不安定になります。
パソコンによってはUSB機器からの信号で電源を投入したり、スタンバイ復帰するためUSBポートに常時電力が供給されていますので、この場合KVMをリセットするには全てのパソコンの電源を切断しケーブルを抜く必要があります。

ということで、良い点・悪い点をざっと書きつらねてみましたが、全体的に見れば価格・性能・機能のバランスがとれた良いKVMスイッチだと思います。
私の場合、キーボードの相性問題の影響が大きいので星2つを減じて星3つですかね。相性問題がなかったら星5つだったんですけどね。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]