Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

47 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 ブラウズ中に暴走し、システムをダウンさせること多し。しかし代替品もなく選択肢なし。, 2012/12/8
投稿者 
レビュー対象商品: i-フィルター 6.0 (CD-ROM)
ユーザインタフェースは非常に充実しています。利用者(ユーザ)の区分と
フィルタリングの区分がそれぞれ独立しており、フィルタリング項目の設定も絶妙で
非常に使い勝手が良いです。

インターネットブラウズができる時間帯を指定する「インターネットタイマー」機能や、
指定したアプリの起動を禁止する「アプリケーション制御」機能もあります。
いずれもWIndows7や8であれば類似の機能が標準装備されていますが、
普通の利用者にとっては、このような機能の実装はありがたいことでしょう。

機能やインタフェース、フィルタリングの精度というものは、間違いなく
類似製品中においても最高レベルです。この点は文句なしです。

悪いところは、利用者(ユーザ)が最大で6名までしか指定できないところと、
Web閲覧速度が劇的に低下すること、さらには利用中に頻繁に本ソフトが暴走し、
Windowsを丸ごとブルースクリーン化させ、再起動させてしまうことです。

特にブルースクリーン化はたまらなく面倒です。Windows8をクリーンインストールした
パソコンを購入してきて本ソフトだけを搭載した状態で使っていますが、それでも
毎日のように暴走してシステムが再起動します。

ブルースクリーン画面には、毎回「ifp6wfp.sysが暴走しました」との英語メッセージが。
これ、i-Filter6のプログラム名なんですけど・・・。

かといってメーカーに電話をしても、「暴走の証拠(ログ)をお送りください」を
繰り返すばかりで、ログを送っても「原因の究明には至りませんでした」の回答でバグは改善しません。

近頃思うのですが、いつからソフトメーカーはユーザーに対して上から目線になったのでしょうか?
バグのある製品を自信満々に「Windows8対応」として発売し、しかも「バグを直したいのであれば
証拠となるログを送れ」と迫ります。「送らなければ対応しません」とも・・・。
いつしかユーザーはデジタルアーツ社からデバッグ業務を負わされることとなります。勘弁してください。

いくらフィルタリング性能が良いとはいっても、Windowsまでフィルタリングしなくても良いじゃないですか。
お願いしますよ・・・。

あと、オンラインでソフトウェアを購入する際に、次の情報を同意させることはどうかと思いますね。
グループ企業ではなく、パートナー企業というよく分からない枠組みで個人情報を共同利用します
という同意の強制は行き過ぎだと思うのですが。
「パートナー企業の定義については弊社ホームページから探してね」と記載があります。
リンクなどもありません。個人情報という機微なデータに対して、あまりにもぞんざいです。

>3 個人情報の共同利用について
>デジタルアーツは、お客様の氏名・電話番号・住所・メールアドレス・年齢・勤務先・所属部署・
>デジタルアーツ製品の購入乃至導入履歴及び購入目的・お客様がお使いになっているパソコン等の
>端末に関する種類及び使用環境・お客様がお使いになっているソフトウェアに関する種類及び
>使用環境・お客様がお使いになっているインターネットに関する種類及び使用環境など取得した
>個人情報を、パートナー企業と共同利用させていただくことがあります。

それでは利用目的に関する詳細を確認しようと思えば、手数料として1,300円が徴収されます。

>5 開示等のご請求及びお問い合わせ先
>利用目的の通知、個人情報の開示に関しましては、1請求ごとに、手数料として1300円
>(消費税込み)を徴収させていただきます。

許諾確認の冒頭には「お客様が個人情報を提供するか否かは任意です」といいながら、
同意しなければソフトは買えません(画面が進まなくなる)。ご注意ください。

2013年4月追記:
同社から次のアップデートがアナウンスされました。

>2013/03/27
>Windows 8(32bit/64bit)環境にてOSのブルースクリーンが発生する現象を改善しました。

これ、嘘です。改善されていません。頻度こそ下がりましたが、相変わらずブルースクリーンで
再起動は毎日です。あまりにもブルースクリーンが多いので、ユーザープロファイルが破壊されて
しまい、とても困りました。ご注意ください。

普通のソフトメーカーであれば、ブルースクリーンが出る製品を「Windows8対応」なんて銘打って
販売したりはしません。競合製品のALSI社、InterSafe Personal Windows 8版は2013年3月21日と
本製品よりも半年ほど遅く発売されましたが、その代わり同社は「Windows8に確実に対応するまでは
発売しません」と宣言してきちんと対応させてきました。当然ながらブルースクリーンなど皆無です。

折しも法廷では、みずほ証券と東証による株誤発注の裁判が渦中です。ご存じのとおり本裁判における争点は
・ソフトウェアのバグを作り込んで開き直るメーカーは是か非か
・バグは重過失に相当するか
・バグにより被った損害や時間的浪費に対するメーカー側の責任は
というものです。このようなご時世、ソフトウェアのバグについて余りにも無責任な製品のリリースは
会社にとって大きな不名誉としっぺ返しを呼び込む可能性がありますよ、デジタルアーツ株式会社さん。

2013年10月追記:
同社から次のアップデートがアナウンスされました。
>Windows 8.1 / 8 環境においてデスクトップ版Internet Explorerの拡張保護モードが有効な場合の
>動作不具合を対処しました。

これを受けてWindows8.1のInternetExplorer11を導入してみましたが、ファイルのダウンロード系が
ことごとく失敗するようになりました。まだまだ不具合修正版が出ると思います。予想どおりの出来。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿1件中1件から1件までを表示
最初の投稿: 2013/04/12 20:59:08:JST
さんのコメント:
私も i-フィルターの暴走に悩み、アンインストールしました。とにかく全くブラウザーが動かない。機能は良かったんですけど。
‹ 前 1 次 ›

レビュー詳細