Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

90 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 思っていたよりは、けっこう重量感あったかな, 2015/7/11
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: コロナ(CORONA) ウインドエアコン(冷房専用タイプ) シェルホワイト CW-1615(WS) (ホーム&キッチン)
一昨日の夜にカメラのキタムラで商品発注を確定。
昨日の夕方に発送メールが届き、今日の午前9時過ぎに商品が届きました。(通常配送&代引)

アマゾンでも探せばあと数万円出せば室外機付のちゃんとしたエアコンも一式買えるようですが、
何といっても室外機が別置きの場合、本体とは別にかかってくる1万円以上かかる高い取付工事費がネック。
窓用エアコンだと、とくに特別な工事費用も一切かからないので実際の出費面でかなりの差が出てくるように思えます。

ちなみに注文の一覧ページですが、青色の「プライム」の表示=アマゾンの倉庫から発送する商品は勿論代引可能ですが
このキタムラ発注の場合のように別途「代引が利用可能」と書かれているものに関しても、
カートに入れ発注する段階で、ちゃんと「代金引換」の選択ができるようになってるんですね。今回初めて知りました。

で届いた商品に関してですが、予想していたより梱包の箱が大きかったのと
何よりいかにも重たそうな感じだったので結局配送員の人に言って二階の廊下まで上げて貰いました。
自分は男ですが、一人で二階まで持ち上げるにはちょっと苦労しそうなほどの重さですね。
それなりに力のある人でないと普通に「一気に二階まで」というのはちょっと無理な面があるかも。

おそらく大抵の人は階段の角度にあわせて向こう側に倒してしまい、
下側から手や肩を入れた状態で手すりに掴まったり、あるいは階段に片手を付くなりをしながら、
落ちてケガをしないよう一段ずつ確実に上がって、という感じになるケースが多いのではと想像します。
手馴れたヤマトの配送員の人でも梱包の箱を階段側に斜め前方へ倒したまま下側から上方向に押す感じで、
階段を一歩ずつ確実に二階まで上げていく感じでしたから。(ご苦労様でした)

男でもちょっと無理な体勢であれば「腰に来る可能性あるかも?」という感じの重さがあるので、
とくに女性の方で二階の部屋の窓にこれを取り付けしたいと考えている場合、
配送の人に頼んで、必ず「二階まで運んで貰う」ことを自分としては強くお勧めしたいです。

とりあえず同じ階であれば水平方向にズルズル引っ張っていくだけで済むので女性一人でも何とかなる感じかもしれません。
むろん気軽にという訳にもいかないでしょうから、それなりに気合も必要でしょうが(笑

コロナ製のこれだと「21kg」ですが、ハイアール製だと「23kg」でさらに2kg重くなるのでより本体重量への警戒も必要となります。
たかだか2kg程度とはいえ、とくに重いものを取り扱う作業の場合けっして馬鹿にできない重量差だと思えるのですが。

なので自分としては2kg重い中国メーカー製よりも2kg程度軽くて、さらにずっと昔から販売実績があり
国内メーカーでもあるコロナ製の方をお勧めしたいです。(価格水準もほぼ変わらないのではないでしょうか)
たった2kgの違いで「腰に来た」「来なかった」なんて、実際そうなってしまうとあまりに馬鹿馬鹿しい事でしょうし。
ほんの数分程度の事とはいえ、とくに腰に不安のある方はくれぐれも持ち運びには細心の注意と警戒が必要かと。

とはいえ他メーカーより2kg軽くなってるとはいえ素人が一人で取り付けるには実際かなりの重量感ではありますし、
CORONAには部品点数の見直しなども含め、さらなる軽量化の努力をお願いしたいところですね。

全体を通じての一連の作業を終えて感じたことは、実際のところ「取付作業」それ自体よりも、
梱包箱をどうやって「取り付けたい窓の近くまで運ぶか?」という部分がよほど大変だったかなという印象。
逆にこの部分さえクリアしてしまえば、作業における力作業的な負担(=作業時間ではない)に関しては、
ほぼ全体の2/3以上こなしたも同然だとも感じました。
本体取付用の枠はアルミ製でかなり軽量で、力作業的な意味では固定用枠に本体を取り付ける時のみ考えればOK。
---------------------------------------------------
(取り付け作業について)

まず全体の流れとして
・付属の固定用の枠をサッシに取り付ける作業。(初めての人は最初ちょっと戸惑う可能性もあるかも)
・必要に応じ枠とサッシの間のスキマを埋めてやる作業。(微妙なスキマが気になる人はここで時間がかかる)
・最後に本体を固定した枠にはめ込む。(ここは力作業ですが時間的には一瞬で終わります)

おおまかに、大体この三つの工程に別れる感じです。
あとは窓のスキマを埋め尽くしたり等々、人によってケースバイケースという感じになるかと。
窓用エアコンを以前取り付けた事がある人で、かつ窓などの微妙なスキマをあまり気にしない人ならば全体で約15分弱ほどで
ほぼ作業を完了させてしまうことも可能。(力=パワーは必要ですが、せいぜいその程度の作業レベルです)

少なくとも頭の中で考える分には単純かつ簡単で、とくりたてて難しい部分もなく、せいぜい枠を取り付ける際に、
サッシの枠となかなか合わせずらかったり等、始めのうちちょっと戸惑ったり迷ったりする可能性あるかな程度でしょうか。
その本体固定用の枠もすでに完成済なので、あとは手回しネジを緩めるてやって取り付ける際に再固定してやるくらいです。
一回やってしまえば「ああ成る程、こんな感じで取り付けるのか」と誰でもコツがすぐ飲み込めるようになると思います。
おそらく大方の人が次回以降、じつにスムーズに取り付け作業が出来るようになるはずです。

ちなみに梱包の箱は「筒型」になっており、箱を床の上に立てて置き、そのまま上に箱ごとすっぽり引き抜いてやればOK。
枠は組み立て済で通常のアルミサッシであればドライバーも必要もなくアルミ製で軽いので誰でも手軽に取り付けに望めるはず。

スキマ埋め用の「ゴム製のヒラヒラ」ですがメーカーの動画ですと片側しかないようですが、
実際に届いたものをみると最初から伸び代の分も合わせ「左右両側とも最初からゴムが装着された状態」でした。
ちなみに予備分もさらに1セットあるので間違って余計な部分までカットしてしまっても何とかなります。

取り付けに際して気を付ける点としては枠の下に一ヶ所、中間の左右端に二ヶ所、伸縮部分の上端に二ヶ所、と、
それぞれ長い手回しネジが付いてるのですが、それぞれ奥までしっかり届いているので、
取り付け枠の溝にサッシの枠が入り込めるように、あらかじめ手でネジを少し緩めてス゜ースを空けておくおく必要があります。
とくに下側のネジに注意してください。(逆向きにして目で直接確認しながら調整した方が結局無駄がないかも)

取り付けたい「サッシの手前の枠が入り込む程度に」ネジを緩めすぎず、がポイントです。
枠の固定用ネジは全部手回し式で、とくにドライバーがなくても手だけで簡単にネジを締められるようになってます。

取り付け枠の固定の仕方の順序ですが、まず下側をサッシの一番手前の枠にはめ手回しネジで仮止めしてやってから、
脚立に乗って片足で直に枠の下を踏み固めつつ、両手で上方向に枠を引き伸ばしてやって
上端部分を手でしっかり引き伸ばしながら先に中間の左側(サッシの左側に取り付ける場合))を仮止めし、上端の左側ネジを固定。
右側も同じように上端を押さえつつ中間で仮止めして上端をしっかり固定という手順でやるのが無駄がなくていい感じかも。
忘れずに一番下のネジも一本しかないので、しっかりと手で回して固定してやって下さい。

パテ(固定用の枠に付いてるビニール袋に入ってます)等の穴埋めは人それぞれでしょうが、
必ず本体を枠に取り付ける前に作業をやっておく事が必要です。(本体を取り付けしてからだと邪魔で調整がほぼ不可能なので)

細かい部分の作業はネットで製品番号の「CW-1615-WS」で検索。
すると、たぶん検索結果の一番上にメーカーの製品ページが出てくると思うので、
そこのページの右側下にある「ウインドウエアコンの取り付け方」をクリックして動画も見ながら参考にしてみてください。

問題は最後の皇帝である「クーラー本体の枠への取り付け」の部分ですね。
上にも書きましたがかなり重たいので出来れば男性か、女性ならもう一人二人の手助けがあるとより心強い感じでしょうか。
とはいえ力作業の時間的には、おそらくほんの一瞬だけで済むはずだと思います。

本体取り付けの際の要点というか具体的な目安なのですが、
おそらく本体横を見ると「白と灰色のツートンカラー状」になってると思います。
そこの奥側の「灰色の部分から約2cm=灰色の1cm程度の段差がもう一つ分くらい」が、
本体取り付け後の真横から見ると固定用の枠からはみ出してるイメージです。

イメージ的にいえば殆ど奥へははめ込まず、大部分が枠の前面にはみ出してるような印象ですね。
なので、なおさら固定用の外枠を前後にガタ付いたりしないようしっかりと取り付けしておく必要があるという事です。

この「灰色の部分約2cm」程度を目安にイメージしながら、気合を入れ21kgある本体を気合を入れグイッと抱え上げてやり、
両手で抱えたまま「正面から」しっかりと左右の枠の間にはめ込む感じで(これが意外と結構苦労するかもです)
先に下側の枠に乗っける感じで、「灰色の部分が2cm程度こちら側に出ている」ことを確認し、
本体がズリ落ちそうに落ちそうにないことを感じ取ってから、
あとは力任せに本体上部をそのまま向こう側に押し込んでやれば
(下側の位置がきちんと合ってればそのままスムーズに自然にはめ込めるはず=ほとんど失敗はしないはず)
途中で「カチッ」と引っかかった音と感覚がすると思うので、そうなったらゆっくり本体から手を離してやればOKです。

あとは付属のビニール袋の中に「小さい手回し用ネジ」が一つだけ入ってると思うので、
それを本体を押し込んだ上端の左側の穴に入れ念のためネジを締めて固定してやって下さい。

と、ここまでくれば取り付け作業は殆ど完了したも同然。
あとは本体の線をコンセントに差し込んでリモコンで(小さいビニール袋に単四電池2つと一緒に入ってます)
本体の操作をしてやるだけです。

あとは個人の好き好きで、テキトーに涼みながら、
さらにサッシのスキマをスポンジ付の「すきまテープ」等を使用するなどして「気の済むまで」作業をやりきって下さい(笑)
このアマゾンでも「すきまテープ」で商品を検索すれば色々と出てくると思うので何なら一緒に発注するのが良いかもしれませんね。
ちなみにかなりお安いです。

参考までにに自分のところは木造で機密性から言うとそりこそ隙間だらけだと思いますが、
自動運転モードにせず、手動で゜冷房モード」&「強風」で、運転開始から1ほんの5分くらいで
室温28℃湿度52%になり、かなり快適になりました。

今はもう運転開始から1時間以上経ってると思いますが、室温26℃湿度43%で、シャツ一枚なこともありますが、
かなり肌寒くなってきた感じなのでさすがに風量を弱風設定にしました。
ついでに温度設定も20℃から24℃へ、さらに26℃から、とうとう自動モードで28℃にしてしまいました。
それでも湿気がなくなって室内がカラッとしているせいか扇風機併用だとぜんぜん暑くないですね。

やはり室温がどうこうよりも、湿気の高い低いで体感温度はかなり変わって来る感じです。
今(室温26℃湿度43%)だと、まるで秋後半の(少し肌寒い)暮れくらいの感覚でしょうか。嘘みたいに快適です。

ただ自分は関西圏なので60Hz圏ということで若干性能が強まる感じですが関東などの50Hz圏内では
部屋の大きさによっては若干冷え具合に物足らなさを感じる場合もあるかも。
その場合は1815という1615よりも一回りパワーアップした機種もあるようです。
「コロナ 1815」とか「コロナ 1814」とかで商品検索すると出てくると思います。
とはいえ木造より機密性の高いコンクリート製マンション等では6畳間でもぜんぜん問題ないレベルだと思います。

長々とかなりの長文失礼しました。
とりあえずこれでやっと書き終わったので、これからズボンと半袖シャツをただちに着ることにします。(笑)
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]