Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア
カスタマーレビュー

117 人中、100人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 現実的に持ち運べる範囲では最良機。, 2015/10/15
レビュー対象商品: SONY ウォークマン ZXシリーズ 128GB ハイレゾ音源対応 シルバー NW-ZX100 SM (エレクトロニクス)
購入して100時間ほどバーンイン。ここまでくれば音質に関してフェアな意見が述べられると思うので書いてみる。
基本的には、ZX1との比較で書いてある。イヤホンはSE425、ノイズキャンセルに関しては未使用なので言及できない。

肝心の音質だが、良く言われているがZX1の延長にあると感じる。輪郭がさらにハッキリし低音が強化されているので、「ロックやポップスなどは得意」という意見があるが、まさにその通りだと思う。
ではクラシックやジャズが苦手かと問われれば、個人的にはそれは心配無用だと言いたい。クラシックでもジャズでもキレイに鳴らすには低音は必要だし、またパワーも必要だと思うからだ。
もちろんZX2の豊かで柔らかい中音には負けるが、あの重量物を毎日持って出歩けるかと言われると、そこまでオーディオを極めているわけでもない人間としては、ちょっと遠慮したい気はする。
ZX1と比較して、ZX100では44.1kHz専用のクロック発信器が追加されているので、CD音源を鳴らすのは有利と言われている。最初は半信半疑だったが、実際に鳴らしてみると効果はハッキリと判る。鳴っている楽器の定位感が上がっている。

操作性は、非Android機のウォークマンに戻っただけと言えるので、A847(6年前の機種)と比較しても大きく変化している部分は無い。進化している部分が無いので目新しさは無いが、それなりに普通に使える印象。
タッチパネルが無くなっている点については、これは単なる慣れだと思う。個人的にタッチパネルが嫌いだという理由もあるが、それを差し引いても大きな問題は無いだろう。
むしろZX1より良いと感じたのは、ポケットに入れたままでロックを解除して操作できるという点。
本体右サイドにはボリュームキー(とロックスイッチ)しか操作するものが無く、これで操作がポケットの中で出来るのか?という疑問があったが、実際に試してみるとボリューム調整はもちろんのこと、一時停止と曲のスキップくらいまでなら問題なく出来てしまう。これには正直驚いた。
ZX1ではタッチパネルなので不可能な操作だし(あれのロック機能には全く意味は無いと思う)、A867のような非Androidタッチパネル機よりも大きいので、ちゃんとポケットの中で操作できてしまう。

筐体そのものに関しては「カタマリ感」を強烈に感じる。高級感が無いのではという意見もあるが、実際に見てみるとそんな心配は無用だと思う。所有感は十分満たされる。

一番嬉しいのは、バッテリ稼働時間が大幅に伸びている点だろう。リニアPCMを全曲シャッフルで延々と鳴らしてみたが、途中でそこそこ操作しつつも70時間以上鳴らし切った。もちろんFLAC(96kHz以上のハイレゾ音源)やDSDなどを使うとこれよりも短くはなると思うが、他社のハイレゾプレイヤーと比較すると倍以上の駆動時間を持っていると推測される。

もちろんZX2やポータブルアンプ併用であればもっと音質は良くなるのはわかっているが、そんなに重いものを毎日持ち歩けるかと言われると…先述の通りちょっと抵抗を感じる。
また、その状態でのバッテリ駆動時間は10時間を切るとかは当たり前というハイレゾプレイヤーも多い。これだと毎日充電するのが当たり前になってしまう。
毎日充電するのはちょっと…でも普通に持ち運べて普通に2〜3日置きの充電で使える機器で良い音を聞きたいという、ハイエンドとミドルユーザの中間に位置するユーザ向けの製品なのだろうなと思う。

こういう書き方をすると「大して音は良くないんだろう」という印象を与えてしまうかもしれないが、とんでもない。
ウォークマンAシリーズよりは確実にアタマ一つ分良いし(誰が聴いてもそう感じるはず)、iPodやiPhone、Android携帯電話と比べると別次元にある。

以上の理由から、ZX100は単体のオーディオプレイヤーを持ち歩くという範囲では間違いなく最良の部類に入る。最高点ではないが、非常に高いバランスの良さを感じる。

あまり悪い点は見当たらないのだが、あえて言えば「造りの古さ」をあちこちに感じる点だろうか。
例えばプログレッシブJPEGをアートワークに使うと表示されないという点は、昔の携帯電話かよというツッコミを入れたくなるし、相変わらずファイルの転送速度が遅い点も「いい加減にUSB3.0にしてくれよ」と思う。もちろんSDだともっと時間がかかる。
それからこれは少し驚いたが、他の方が指摘されているフリーズの問題は、当方ではまだ確認できない。本当であれば由々しき問題だと思う。

総じて言えば、「ポタアンまでは持ち運びたくないが、できる限り良い音質で聴きたい」のであれば、ZX100が持ち運べる上限だと言えるので、これが最適解だと思われる。価格はそれなりにするが、剛性感のある本体に触ってみれば、まあ納得の範囲内だろう。

(追記)
フリーズの問題がささやかれている。私は250時間以上動かしているが、一度もフリーズに出会した事が無い。何が原因なのか非常に気になるので、早めに解決される事を期待する。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]