Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

225 人中、178人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 粗や不足はあるけど、総合的にはかなり高水準な『暇潰しの相棒』, 2014/12/6
投稿者 
レビュー対象商品: SONY ウォークマン Aシリーズ 32GB ハイレゾ音源対応 ブラック NW-A16/B (エレクトロニクス)
自分はドラマCDや動画といった長時間コンテンツをメインに使っていて、頻繁に巻き戻しなどの操作もする。
今迄iPod Classicを使用してきたが故障してしまい、買おうにも生産中止でとんでもないプレミアが。
持ってるスマホ(Xperia VL)に32GBのSDをぶっ込んでいたがやはり操作が面倒で、何よりSD32GB+内臓8GBじゃ到底間に合わない。
そんな時、物理キー復活&MicroSD対応の本品発売の情報を聞き、店頭での数回に渡る視聴操作の末購入。
結果、多少粗はあるがiPod Classicに代わる暇つぶしの相棒として活用出来ると確信した。
以下夫々の項目について。

【デザイン】
今迄のAシリーズに戻ったようで、所々違う…そんな感じ。
飾って気取った高級感とかは無くどこまでもシンプル。けれども決して地味と感じさせない程度の質感は出している。表面の独特の光沢と金属感がナイス。無骨ながらもメタリック感がいい。
表面の色彩もA857等のように飾った感じはなく、兎に角漆黒って感じ。

買って数ヶ月経つが、未だ時々眺めてニヤニヤしている自分が居る。
丸っこいデザインよりこういうカクカクしたデザインが好き。菱形ボタンもいいね。

ただ他の方も言うように、指紋はかなり付く。気になるヒトはメガネ拭き等を常備した方が良いか。
表面以外はプラスチックだけど、安っぽくはあまりない。

【携帯性】
薄いわ軽いわちっこいわ。ハイレゾ対応の携帯プレイヤーとしては確かに破格だ。
ちょっとした操作の度にスマホをうんせうんせと取り出してた頃に比べたら天国。
ただ後述もするけど薄いのもあって、手のでかめな自分には裸のままじゃ操作のしづらさにも繋がってしまったが。

【バッテリ】
※基本いたわり充電ON

上にも書いたようなタイプなんで、他の人よりバッテリー消費はかなりのものだろう。それでも1日数時間ぶっ続けで聴いててメモリ1つ減るか減らないか。iPod Classicだとまず1日でバッテリーがピンチになってたのを考えると、相当持つ方。
充電は基本3〜4日に一度って感じ(バッテリーが点滅して数時間使用した時点で充電してる)
あんまり操作しないって人は、リアルで一週間…或いはそれ以上持つと思う。

こっちは最悪モバイルバッテリーで補えるんで、良くも悪くもあまり気にはしていない。
細かい所だが、普通に充電しながらでも操作や音楽とかの再生は可能。
当たり前のようだけど機種によっては充電モード的なものになって操作を受け付けないモノもあるので。

【音質】
主な音源:MP3(320kbps)・AIFF・FLAC少々
使用イヤホン:SONY EX-500SL
使用機能:イコライザ(カスタム)&クリアステレオ

普通の曲やサントラなんかもよく聴くんで、こっちにも重みを置いてあった。
音質が良いからというのも、本機を選んだ理由の1つ。
さすがは音響にも力を入れてるSONYという感じ。
最新デジタルアンプと高品質なイコライザのお陰か、低音はドシドシ鳴らせはしないけど、よほど低音マニアでない限りこのくらいで充分だろう。全体的に澄んでいながら、パンチも適度に効かせてくれる。

ただ使用環境や個人差も大きい話だけど、DSEE HXやクリアオーディオを使ってみた所、音が凄まじく濁ってしまった。
イコライザが併用できないからだろうか。結局これらはOFFにしてイコライザのみ変えてる状態。
音楽再生画面の出来も良い。ここでも時々アルバム画像を見てニヤつく俺が居る。

また、購入直後は共通設定からイヤホンの音質設定を『その他』に変えると良い。
付属イヤホンを使うなら良いが、そうでないなら付属イヤホン向けの音質設計になってる。

それとAIFFやAppleロスレスなんかに対応してるのもグッド。
iPodからの乗り換え…という人も、iPod時代の資産を無駄なく活用出来る。

高評価はしているが、あくまで「携帯性が高く、廉価なポータブル機器としては」という話。
10万越えとかしてるZX1やAK100とかに比べたらチャチィ。低音はそれほど強くないし、出力なんかもやや乏しい。
コレでハイレゾ音源をしっかり鳴らしきる事を考えるなら、専用アンプによる補強は欠かせないだろう。
まぁ音質をパワー面でも追及するとZXシリーズみたいに本体もかなりでかくなって携帯性も落ちるんで、この辺は自分が何を求めているのかを考えると良いだろう。

気軽に持ち歩け、手の届く価格のプレイヤーとしてはトップクラスの音質レベルである事は本当だ。
好みはあれど。

【操作性】
菱形ボタンは賛否あるけど、個人的には賛の方。ポケットの中に入れても感覚だけで操作出来るのはありがたすぎる。
iPod Classicのホイール操作のようにいっぺんに項目を移動させたり、長時間のドラマCDなんかで所定の再生時間まで一気に移動させたり…のような大胆な操作は出来ないが、ホイール操作時に頻発した『○を選びたいのに1つ上下の△にズレてしまう』現象が殆ど無くなったのは嬉しい。一長一短だと思う。

ただ、中央の再生ボタン以外は突起も段差も無いんで、押し間違える時はある。
ちょっとしたポチッ程度でも良いから、再生ボタンと同じ突起が欲しかった。

内臓してるOSはSシリーズのものを大方流用してると思われ。
音楽再生画面なんかもA855や860とはちょっと違う。

<音楽再生の操作性>
一時停止して再開すると、0.5秒くらい先送りされてしまうのは地味にキツい。
ただ、一時停止しながら早送りor巻き戻しすると20〜30秒ずつ送れるのは、1時間越えのドラマCDを多く聴く俺にとってはありがたかった。iPod Classcのホイールやスマホのタッチ程じゃないけど、操作ミスで最初に戻っても何とかなる。

【付属ソフト】
Media go使用。悪くない。iTunesに近い感覚で使えて、そこそこ軽い。
本機にする以前にもスマホ用に使ってた。賛否は大きいようだが。

【拡張性】
コレがあったから買ったようなもの。ようやく搭載してくれたか!
海外メーカーや、昔の他メーカーの機種では当たり前にあったものだが、64GB以上のSDを公式サポートして、内臓メモリが最低32GBキープしていて、手軽に手に入るプレイヤーは今のところこれしか知らない。32GBタイプの本機に64GBのMicroSDを挿し込む事で合計96GBに。
持ってる音楽、動画全て詰め込んでも20GB近くの余裕がある。
これだけあれば、当面色々追加してもそう困らないだろう。足りなくなったら128GBのSDってテもある。

それと、付属で『SDは最初にウォークマンで初期化してけれ〜』な紙が付いてくるが…
別にしなくても使える Ω<な、なんだってー!
購入したてのSDをフォーマットもせず動画ファイルをぶっこみ、ウォークマンに挿入した所、普通にファイルやフォルダを認識してくれた。ただしデータベースの構築に初回のみけっこう時間取られるが。

周辺機器はiPod程じゃないけどサードもそこそこ参入してて、カスタマイズ性はそれなりか。
少なくとも最低限の各種カバーや液晶フィルムやポピュラーな周辺機器には困らない。マニアックな拡張性はiPodには遠く及ばないが。

液晶フィルムはレイアウトのやつ。こっちは液晶部分をBackボタンやSONYロゴまで覆ってくれる。
純正のは表示部分しか覆わない上倍近くの値段。誰得。

最近ステイヤーから出ているクリアケースに乗り換え。こっちは前面もしっかり覆ってくれる。クリアを買ったが純正よりもずっとガッチリしてるし、見た目としてもスケルトンな感じがいい。また、前面ボタンの周囲に壁が出来る形になるんでポケットの中でも押しやすくなり、衝撃とかで押されにくくなった。HOMEボタンがやや押しにくくなったが、それほどではない。

また、付属でコネクタカバーも入ってる。付属イヤホンにくっついてるが外せる。
コネクタ部分に液体やら異物やらが入って故障するケースは多いんで、ありがたい。

【画質】
2.2インチの本機で動画って…って思ってるヒトも多いかもしれんが、これが意外と見れる。
昨今のスマホとかに比べたら流石にかなり小さいけど、片手間の暇つぶしで見るには充分な大きさ。
事実、電車移動で1時間くらい動画をガン見してたけど目は疲れなかった。
iPod Classicと比較すると発色が鮮やかで、バックライトもあまり画面の色を殺さないのが嬉しい。
ただ解像度がやや低めで、字幕やら細かなモノを扱う動画だと潰れてしまうかもしれない。でも音楽再生時のアルバム画像なんかはそこそこの高精細。

動画の再生・操作機能も決して悪くはない。
早送り、巻き戻しもDVDのように倍速以上に出来るし、チャプターごとに選ぶ機能なんてのもあって、これもまた長時間コンテンツを見るヒトにはありがたい機能だろう。高ビットレードの長時間動画も音ズレや遅滞無く再生しきってくれる。

ただiPod Classicのように『ビデオプレイリスト』的なものを手軽に作れないのが難点か。
フォルダ分けして入れてるけど、ファイルの表示機能が貧弱で、拘る人は動画ファイルを入れる順番を作ったり、ファイラー等で情報を弄くらないといけない。

【細かな不満点】
<評価には影響しない部分>
・充分は書いたが、画面サイズは今までのAシリーズと同じ2.8インチで良かったと思う。
音楽再生画面で常に再生時間やシークバー等の情報が出ないのはまだ慣れない。操作をすれば出るけど、折角のアルバムアートを一時的、一部とはいえ塞いでしまうのは個人的には辛い。
1〜2世代前のAシリーズのような再生画面が好きだったんで、それを保つ意味でも画面のサイズは保って欲しかった。

・音楽は本体メモリとSDの曲を一緒くたにして扱ってくれるけど、動画や写真は夫々の媒体を選択しないといけない。ちょっとした手間だけど、日常的に使用するとなると面倒だ。

・他のレビューにもあるけど、PCに接続しても本体メモリーとSDどちらかにしかアクセス出来ないのも、人によっては面倒かもしれない。本体とSDで入れるデータの種類を割り振る等して、転送先の切り替えをする手間を減らす工夫をしたい。
自分は本体に音楽、SDに動画という振り分けで対処している。
基本動画は殆ど追加しないし。

・細かい所だが、時計の精度はあまりよろしくない。
申し分程度に現在時間を表示出来るが、1〜2週間程度で数分ズレてしまう。気になる人は気になる。

・リモコン機能付きイヤホン等にある3極(だったっけ)プラグに対応してない。
手元で手軽に安価で操作出来る手段なんで、出来れば搭載して欲しかった。

・音楽再生時に上下ボタンを押すとアルバム一覧に飛ぶ
これ、アルバム画像眺める以外に活用出来てる人が居るんだろうか?
ってくらい訳の分からない機能。プレイリストを多用してる自分からしたら殆ど活用出来てない。
それだけならまだしも、ポケットの中でこれが押されて、気づかず再生ボタンを押して違う楽曲に…元の曲に戻るにはまたプレイリストから選びなおさなければならない多大な手間がかかる。正直俺はデメリットしか見出せない。けっこう前のシリーズから搭載されてるようだが、堪忍して欲しい。

<評価に影響する部分>
1週間に1度以下の頻度だけど、音楽再生中に巻き戻し操作をすると超耳障りかつ煩いノイズが響いて、何故か音質が凄まじく淀む現象に遭遇してる。そこからまた操作すると元に戻るけど、正直かなりビビる。他のレビューにそういう記述が無いあたり、俺だけなんだろうかね。結構マイナス。
アップデートされる機会があったら、↑のノイズは修正して欲しい。これはかなり響く。

【総評】
大容量(に出来る)&物理ボタンのダブルコンボは伊達ではない。
ウォーキングやお出かけを趣味にしてる俺にとっては良い相棒になってくれる事だろう。

通勤時はサントラのBGMと身近な動画で(退勤時は歩きが長いので尚更)
休日の野外ではドラマCDを
長時間の電車移動では長時間動画を…
あらゆるシチュエーションの中で出来る『暇』を高クオリティで悉く潰してくれるのだ。

あまりこういう用途で本機を選ぶ人はいないかもしれないが、こういうヤツも居るんだな程度で読んで頂けると幸いだ。

【追記】
2014/12/17
12/16にSONYがa16向けのアップデートを行っていたため実行。
Ver1.1になったが↑のノイズは改善されず。
それ以外のFLAC再生や一部条件下での再起動をしないよう改善はされてるので(今のところ無縁だが)、お持ちの人はアップデートして損は無い。時間も5分とかからない。

2015/3/2
上記の巻き戻し云々について。
ついにごく一部のドラマCDのみでだけど、雑音ついでにフリーズしやがった。
背面のリセットボタンを押せば復帰するけど、冗談抜きで速急な改善を求める。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]