Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race DVD Blu-ray Bargain 2016Summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

107 人中、94人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 不満な点は見当たらない。デジカメの入門機しても、お勧め, 2013/12/18
投稿者 
レビュー対象商品: SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30 光学5倍 シルバー DSC-TX30-S (エレクトロニクス)
 使用後1年余りで破損したので、追記する。評価も下方修正したい。

 機種本体の性能には、大変満足しているのだが、購入しようかという人のために、破損したらどうなるのかを記録していたほうが親切かと思い、参考のため、付加する。

 同一機種を2台買って、使っている。
 購入当初から気になっていた部分が破損したので修理を依頼した。

 この機種では、電池を格納する場所に、電池を固定する樹脂製の爪がついている。
 電池をバネで排出する仕組みなので、電池が飛び出さないように固定する爪が必要というわけだ。

 だが、この爪は電池本体を押さえるには、あまりにも小さい。過度な加重がかかるのではないかと懸念していた。しかも、ソニーカメラの共通の弱点として、電池容量が小さいので、頻繁に電池交換する必要があるからだ。つまり、爪をセットしたり外したりする頻度が多い。
 それなのに、こんなにも小さな爪でいいのだろうか。そう思っていた。

 そして、懸念していたと通り、1台の爪が破損した。

 問題は、そこからである。
 購入店に修理依頼して、ソニーから示された修理代金は、17213円だった。
 このカメラの購入価格が22000円だったので、実に購入価格の70%を超える修理費用なのだ。

 しかも、「全損扱い=修理代80%以上」にはならない姑息な修理代金の設定なのも、気になる。

 爪は、カメラにとって決定的に重要なものではない。カメラ本体の心臓部にあたる記録領域でもなければ、駆動部分の破損ではない。電池を抑えるだけのものだ。
 設計次第では、本来は必要が無い無駄なものだったかもしれない。
 電池の出し入れに不便があるので、場当たり的にバネをつけて、バネを抑えるために爪をつけた。ソニー製品としては、とても不細工な設計による、構造的不具合を内包していたと言えるだろう。

 自動車に例えれば、この破損は、エンジンの破損とかではない。燃料タンクの注入口の扉が破損してしまった。そのくらいの破損だ。またはサイドミラーの破損とか。その程度だ。

 しかし、修理代金は、まるでエンジンが破損して交換せねばならないような比率。爪をつけなおすために、人手で大部分を分解して、再度組み立てるにしても、購入価格の70%以上を払えというのだ。

 納得が行かないので、カスタマーセンターに食い下がった。
 修理代金が法外である点。通常の使用をしていて、ツメが破損したので、構造的な問題なのではないか。保証が適用されない点にも納得ゆかない。

 これに対して、カスタマーセンターの回答は、「販売価格を安価にするため、人件費がかかる修理代は、お客様からすると高額に見える」「通常の使用であれば、破損するはずがない。お客様が限界を超える圧力を加えたのが原因」と伝えられた。

 「高額に見える」のではなく、購入価格の70%超の修理代は、絶対的に過大だと思う。
 そして「限界を超える圧力」など加えた覚えがない。そんな圧力を加えようがないほど、小さなものだからだ。意図的に破壊でも企てない限り、狭い空間に太い指をつっこんで破損することなんかできないだろう。破損するには、器具がいるくらい小さな爪なのだ。
 「限界を超える圧力」って、どのくらいの圧力なのか。まるで怪力で意図的に破壊したみたいで、承服できない気分である。

 デジカメ自体の使用感は、満足しているので、電池押さえが不要な構造に変更するなど、メーカーの改善を求めたい。

◆前回までのレビュー◆

 このサイズは、T110時代から愛用しているので、携帯性が非常に高いことが最大の長所だ。デジカメの入門機しても、お勧めだ。

 ハイビジョン動画撮影ができる。撮影が楽。という点は、T110時代から実感している。しかも、ほとんど同じサイズで、防水、防塵、耐衝撃性能が追加されているので、全天候型の機体となっていて、非常に便利だ。降雨や水濡れを気にする必要がない。機体が汚れたら、水で洗える。

 T110時代は、初期設定のレンズが広角すぎるのと、動画と静止画の切り替えが、画面でいちいち変更しないとならなかったが、TX30のシリーズは、外部ボタンで使い分けできる点も、とてもいい。

 強いて言えば、電池の互換性がT110との間にないことか。まったく同じサイズで、充電器も共有できるのに、T110電池をTX30で共用できるのだが、TX30電池をT110で使おうとするとエラーになる。微妙な仕様変更がされているらしい。電池を共用したかったので、この点だけが、ちょっと残念。
 
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定
更新情報を受信している人数: 1人

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿2件中1件から2件までを表示
最初の投稿: 2014/09/12 0:02:19:JST
mash-taroさんのコメント:
カスタマーセンターに直接話をしていらっしゃるので
SONY製品の修理に関する私の苦い体験とは異なるとは思いますが、
参考までに書き込みをさせて下さい。

私の場合は、買ったばかりのVAIOを机から落下させてしまい
ACアダプターをPC本体に差し込む部分が
破損してしまいました。
ACアダプターを差し込むことが出来なくなってしまったので
購入した全国展開する家電量販店に修理をお願いしました。

後日
電話で修理見積金額の連絡が来たのですが、
購入価格約10万円に対して、修理代が約5万円でした。
高いと思いつつも買ったばかりなのでしぶしぶ修理。
修理を終えて帰ってきたPCを見ると
SONYから量販店への伝票が、回収されずに残っておりました。
その見積書を見ると
SONY側が3万円の修理代金でした。
っと言う事で量販店が2万円のマージンを乗っけていたのでした。
ただ、修理を受け付けて発送するだけで2万円とは。
これからは、メーカーの窓口に自分で持っていこうと
思った瞬間でした。

私も
SONYの修理代金は、確かに高いと思いますが
間に入るお店も結構なマージンを乗せていると思いますよ。
よく修理するより買った方が安いというけど、このマージンが
買い替えを促進させる一つの要因なのかもしれません。

前の投稿への返答(返答日時: 2014/10/15 0:19:56:JST )
ごらいあすさんのコメント:
そういう例もあるんですね。カスタマーセンターと直接やりとりしたので、手数料はあまり乗ってないと思いますが、修理価格が絶対的に高い点は、どの製品も同じようだということが分かりました。量販店によっては、購入価格の80%越えたら全損扱い、という保証プランを用意して、購入価格に上乗せして、ついつい払ってしまうのですが、この全損扱いが、なかなかならないのも腹が立ちます。これまで一度もなったことがありません。だから、「破損しても新品と交換」という保証は、実際のところ、払い損みたいな虚しさがあります
‹ 前 1 次 ›