Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

15 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ちゅーにんぐ, 2015/6/21
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: ソニー ワイドFMクロックラジオ (ホワイト)SONY ICF-C1-W (エレクトロニクス)
この新製品の存在を知らずに、AudioComm RAD-C865Zを買っていた。
で、慌ててコチラも買ってみたw
4000円弱の目覚まし時計、、、SONYといえど、こんなもんかな!?
チューニングがやたらシビアなダイヤル式なんだけど、アナログではないような!?
メカは詳しくないのでマニアな方の解説を探した方がいいと思うが、
デジタルっぽいカンジ・・・。
あと、ACコードの被覆がやたら厚めでノイズ対策かな???
性能的にはAudioComm RAD-C865Zよりもベター。
ベターなところは、音の解像感かな。

★一つマイナスなのは、アンテナがリード線タイプじゃなくてロッド式だったらなぁ、と。
立方体なんで、置き場を色々動かしたくなるんだけど、これではFIXせざるを得ない。
(アンテナ線をブッちぎってAM専用!?)
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿1件中1件から1件までを表示
最初の投稿: 2015/07/30 5:10:53:JST
新保幸三郎さんのコメント:
とてもとても参考になりました。SONYのICF-A10というアナログ時計付ラジオ(MADE IN JAPANということから年代をご想像ください)を持っていますがこのアンテナが紐、みっともなくもだらしないことおびただしい。本機もその優美なデザインにもかかわらず紐ということでどうも手を抜いた感が否めず購入をためらうところです。
‹ 前 1 次 ›