Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

590 人中、551人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 歴代ナンバーワンだと思う。iPhone5Sと使用。, 2014/4/16
投稿者 
レビュー対象商品: SONY カナル型ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth対応 リモコン・マイク付 ブラック MDR-EX31BN/B (エレクトロニクス)
これまでSONYのワイヤレスイヤホンは全て使用。
歴代は全てバッテリーの減りが早く一日の使用は出来ないであったり、
スマホとの接続が不安定であったりしたが、ようやくこの機種で満足度5となった。

当方はiPhone5Sと使用。
到着後電源ON、iPhone側BluetoothをONで即接続完了。

非常に安定しているし、音質も文句なし。
朝から夕方までずっと使用してもバッテリーも余裕で持ちます。

またノイズキャンセル機能が思ったより使えて、
人の声は、そこそこ通しながら騒音をカットするので非常に良いです。

iPhone+ラジコを聞きながら使っているのですが
ラジコが不安定で音切れが起こったときは
iPhoneを触ること無く、MDRの本体の大きなボタンを2回クリックするだけで
復帰するなどするので、iPhoneを仕事中に触りたくないとか
手が汚れている時とか、非常に便利です。

当然、電話がかかってきたときは着信を受けられますので良いです
ボタンが大きくて迷わないのが良い。

歴代で一番優れていると評価します。
価格は7000円台〜1万円しますが
これならきっと多くの方が満足する事でしょう。
これまでのシリーズで不満を持っていた方でも満足する可能性が高く
お薦めします。私はワイヤレスヘッドホンを1年中、一日使っている
ヘビーユーザーなので、比較検討してきましたので
この商品はどれよりお薦めします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−追記

7/22追記

購入後毎日使用、経年変化が出てきていますので追記します
バッテリーのフル充電からの持ちが10%程減りました。
但しまだ一日六時間以上使えるので許容内

次にこれは大問題、充電は必ず充電用のUSB端子カバーを開けなくてはなりません。
(毎日充電中、充電は100Vコンセントに刺すUSBアダプター使用)
そのカバーには、爪を引っかけて開ける為の突起があったのですが
その突起が、あっけなく取れました(つぶれた)。
その為、蓋を開けるとき非常に苦労するようになりました。
突起がつぶれると簡単にはカバーがあきません。
USBカバーの蓋の周りに隙間もなく、本体と蓋が同じ高さなので
爪が引っかからないのですね、これはもうかなり困ります
SONYさんは改良してもらわないと。

あと使っていて思うと思いますが
充電しながら使うことが出来ません。
USB端子にケーブルを挿した瞬間に、ノイズキャンセラーが強制OFFになり
電源が落ちて全く反応しなくなります。

iPhone5は、バッテリーが少なくなってきたら
USB予備バッテリーをさして上げればそのまま
音楽、ラジコなど聴けますし聴きながら充電しますよね。
しかし、この商品は強制OFFです。
充電中でも普通に使えるようにしてもらわないと不便です。
震災時などの緊急時も充電中は一切機能しないので
聴くことができません。
周りに人が居てどうしても音が出せない時や、
電話を取りたいとき、予備バッテリーで充電しながら使う場面は
いくらでもあります。

基本性能が抜群で、ノイズキャンセル性能は文句なし
音質も文句なし、スマホとの同期感度も距離も文句なしな
完璧に近い商品だけにこの二点が致命的なのが残念です。

USB充電の蓋は普通に使っていても数ヶ月でダメになると考えたほうがいいです。
充電中は一切電源が入らないのも覚悟しておいたほうがいいです。
というより改善してもらいたい。

-------------------------------------

2014年10月24日追記

まだまだ問題なく使えています。手放せず、最近は仕事場以外に
休日に使用することもあるので、もう一台購入しようかと思うほどです。

さて1年くらいでしょうか、使用してきて劣化具合等のレビューを追記しておきます。
まず本体に印刷されている操作文字が全て消えました。
いつも本体はポケットに入れているのですが、
別段変わった使い方ではないと思いますが
ボリュームUP、DOWNの文字などが消えてしまっているので
一瞬、どちらがボリュームアップなのか分からない時があります。

あとこれは長くつかってて気づいたのですが
ポケットに入れていると勝手に本体の大きな丸のボタンを押したり
身体が何かに当たると、ボタンを押してしまい
例えばユーチューブ、ラジコ、音楽、ツイキャスなどを聴いている時に
勝手に一時停止になることが頻発しています。

つまりは、HOLD機能が無いので非常に厄介です。
この点はケースを用意するとかしかないですね。

充電池の持ちはまだあまり変化は無いようです。

----------------------------------2015年7月9日追記

ついに2台目の注文をしました。
毎日使用しているのだが休日等に朝から夜まで(12時間以上)使う時に充電がもたない事が多々あったので、
もう1台あれば充電が切れても本体を入れ替えれば良いと考えての事です。
充電しながら使えないので仕方なく購入とも言えますが。
(この機種は、充電ソケットをさすと本体電源が強制OFFになる)

もう長年使用しているので、追記のレビューは無いのですが
やはりイヤホンの配線コードの短さがしみじみ短いなと感じます。
標準では短すぎて全く使い物にならず。
本体クリップで服等に挟むようになっているようですが
買って半日でクリップでの取り付けは使えないと判断したくらいですから。

クリップで例えば今の季節、Tシャツですよね
Tシャツにクリップで本体を上半身につけていると
何か作業をしているとクリップは弱いので簡単に外れます。
そうなると本体は、「ブラーン」と垂れる事となりますから
イヤホンごと耳から剥がれ落ちますね。

クリップは付いていますが、クリップで身体に固定など使い物にはなりませんし危ない。
クリップの使い道は、最初に買って1日目から
イヤホンのコードをクリップに2週巻いて、イヤホンが本体から抜けないように
イヤホンコード抜け防止に使っているのが現状。

そういうわけでイヤホンは、SONYの別売のノイズキャンセリング対応イヤホン+延長コードで
使用しています。基本的にはイヤホンを装着し、コードは肌着の中を通して
本体は左のズボンのポケットに入れて使用。

毎日使っていると、例えば冬でも作業着の胸ポケットに本体を入れるのも抵抗があるんですよね。
スマホでもまず胸ポケットには入れない。通信を常時している機器なので
(ガラケーでもスマホでも何でもです)
心臓の近くにそういう電波等を出すものを365日入れていたくないので。
気持ち悪いじゃないですか?影響が無いと言い切れないので自己防衛はしたいなと。
なのでスマホや、ワイヤレス機器の本体は、ズポンのポケットに入れるようにしていますので。

毎日5時間以上、365日使っていると本当にこの商品の細かい箇所までわかってきます。

まず音質、ノイズキャンセル性能、通信安定性、電池の持ちは他にこれに勝てるものは
現在存在しませんので他を買う意味はありません。他を買う前にこれを買うべきでしょう。

問題点はクリップの意味の無さ(だったらイヤホンのコード固定をつけたほうが良いと思う)、
イヤホンのコードが短い事、使っていると印刷されている文字が消えてしまうこと
(操作は覚えているので良いが、消えてしまうと普段使わない、ノイズキャンセルのモードなどはわからないので)
本体が若干大きくて重い事(クリップは意味が無いというのにも繋がるが)
でしょうか

何れも我慢できる範囲ではありますが。
2台購入するくらいなので基本的にはこれが無いと生活できないまでになっております
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]