Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 Amazon_meets_LAST Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

29 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 誰でももしかめができる, 2014/8/6
投稿者 
レビュー対象商品: KDX ケンダマクロス ウルフクリスタル (おもちゃ&ホビー)
スタビライズカップと言う大きい皿で誰でもモシカメができます。
この乗りやすさと、カシャカシャ音は癖になります。
皿のサイズを調整出来ることで買ってすぐ何も出来ず飽きてしまうのを防ぎ入門継続を容易にしています。
※けんの部分の入りやすさはもちろん普通のけんだまと同じで最初はなかなか出来ません。

木製のけんだまと比べてもけんだまそのもの性能には遜色はありません。むしろ重量バランスなどは安定しています。
木製けんだまのように皿に乗せる基本技が出来ず入門に失敗して放置されることがないだけでも、木製けんだまと比べておもちゃとしてもアドバンテージはあります。
今のところ木製の協会認定用けんだまと(1600円から2000円)比べても高価ですが、先述のスタビライズカップが付属しているので、価格としては妥当だと思います。
また、KENDAMA USA仕様の物と比べても入門の技はやりやすくなっています(詳細後述)。

※日本けんだま協会の認定はこのけんだまでは受けられません。

●通常の協会認定用けんだまとの違い
・プラスチックで出来ているため重さのバランスが一定
木製のけんだまは重量のばらつきが大きく固体差で技がやりやすい物やりにくい物があります。
木製は玉の重さも下手したら倍半分ぐらい違う物もあります。
・カップの大きさ調整が可能
入門時に皿に載らないと言うストレス。当然けんにも入らないので買ってすぐ飽きてしまうと言う「買ってすぐぽい現象」が無くなります。
・音
木製のけんだまの音に比べて、カシャカシャ(高音)とうるさいです。
・材質
好みによりますがプラスチックは安っぽいです。
・協会の認定は受けられない
けんだま協会の認定は認定けんだまという形状塗装などが規定された物(認定シール付)でしか受けられません。
おもちゃ屋さん店舗でやっているBANDAIの認定は受けられるようです。

●けんだま協会認定けんだまと同じ所
・利き手にあわせた調整が可能
右利き左利き用の調整が可能です
・USAより協会寄りの構造
けんだまUSAでよくあるひもの長さを調整出来る機構がついていません。
あの機構のおかげでけんを飛ばす技がやりにくくなっているので、良い選択だと思います。
・性能は同じ
けんだまとしての基本性能はけんだま協会認定用と同等以上です。

●機種を選ぶ際のアドバイス
玉部分が透明の物は穴の位置の認識が困難で扱いにくいので玉に色がついている機種が良いと思います。
※デコレーションシールでマーキングしても良いようです。

認定用けんだまを購入して皿に載らずあきらめていた人もこれでチャレンジすると皿の技はおもしろいように決まります。
慣れたらスタビライズカップを外してあそぶこともできるので、入門が楽になる分良い選択かもしれません。
基本は同じなので、こちらで練習してからけんだま協会認定けんだまを購入して協会の級認定もチャレンジできます。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]


レビュー詳細