Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 nav_flyout_biss Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

145 人中、134人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 大量のLPをデジタル化したいならばお勧め, 2011/11/27
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: DENON フルオートプレーヤーシステム DP-200USB (エレクトロニクス)
購入してから7週間使用しての感想。
結論から言うと、LPレコードのデジタル保存をするには現在のところはこれがベストだろう。これがなければ我が家のLPレコードは単に棄てられていただけだっただろう。

7週間で約300枚のLPをデジタル化した(ジャズ6割、クラシック2割、ポップス2割)。
別にこれだけを毎日やっていたわけではない。
かなり手間はかかるが手順を標準化して機械的にやれば、日常生活の合間にもデータは取れる。例えば朝起きてからでも1面は録音できる。

置き場所を選ばないのがいい。PCのそばである必要もないし、オーディオセットのそばでなくてもいい。ただし、後の作業を考えるとPCのそばに置かざるを得ない。

8GBのUSBメモリを2本用意し、録音とPCでの編集とを交互に行った。
USBメモリは高速型のものがお勧めだ。1000円以下で売られているような安いものは速度が遅いものがあり、録音時に書き込みが間に合わず、頭が切れてしまったり、途中で終わったりすることがある。
またあまり頻繁に書き込みと消去を繰り返すとUSBメモリ内でディレクトリが壊れ読みだせなくなるので注意が必要だ。

DP-200USBはプレーヤーとしては非常にシンプルである。
最大の欠点は演奏が終了しトーンアームがオートリターンした時、同時にUSBメモリの録音が終了しないことが。価格を下げるために手間をかけたくなかったのだろう。
LPレコードのデジタル化はあまり音質にはこだわらず、単に「思い出を残す」ことに徹しないと手間ばかりかかって途中で嫌になってしまうだろう。
古いレコードの中にはノイズが多いものがあるが、静電気はOA用のブラシでだいたい取ることができる。それ以上にノイズがひどいものは洗浄などは手間がかかるばかりなので諦め、CDを探すことにする。こういう割り切りが必要だ。

DP-200USBをお勧めするもう一つの理由は添付されているソフトTrans Music Manager(TMM)
だ。
ソフトウェアとしての出来は非常に悪い。インターフェースが悪いのだが、それは使い慣れればそれ程問題ではなくなる。
まずUSBメモリに保存されたファイル名を後で識別できるものに変更し、TMMで読み込む。
それからトラックごとの分割を行うのだが、私は100%手動で行った。
無音部分がはっきりしたものはいいが、クラシックのピアノ曲ではピアニシモの部分が無音に見えて分かりづらい。ジャケットに演奏時間が書いてある場合はそれを参考にし、演奏時間が書いていない場合はレコード盤を見ながらある程度の場所を探す。
この後、各トラックに音楽情報を入力するわけだが、これが一番時間がかる。
ジャズの場合は古いLPでもほとんどがそのままCD化されているので80%の確率でCDDBで情報が入手できる。ヒットすると本当にうれしい。
クラシックや古いポップス系はLPがそのままCDになっているものが少なく、ほとんどは手で入力しなければならない。クラシックは曲数がすくないのでいいのだが、ボーカルは曲数が多くて大変だ。しかしこの作業をきちんとやらないと、iPod等で再生するときに曲名が表示されない。

ジャケットはすべてデジカメで撮影し、iTunesで貼り付けられるようにした。ネットで入手できるものはそちらを利用するが、いずれLPは処分するので記念に写真に残した。

できたMP3はPCと外付けハードディスクに保存した。
この中から適当に選んでiTunes経由でiPhoneとiPadに転送し聴いている。
30年前のLPが青春時代の思い出とともによみがえった。
このDP-200USBがなければこれは実現できなかっただろう。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]