Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

29 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 キャノンからの買い替え, 2015/7/22
レビュー対象商品: brother A4インクジェットプリンター複合機/白モデル/10/12ipm/両面印刷/有線・無線LAN/ADF DCP-J957N-W (Personal Computers)
キャノンMP640がB200で壊れたので買い替え。
キャノンはMP610、MP640と2台続けてヘッド異常で使えなくなりました。
キャノンは、ヘッド異常になると、スキャナ等その他の機能も一切使えなくなる欠点があり、、
現行機種では、さらに、インクが小さくなり、背面給紙もなくなり、あえてキャノンを選ぶ理由もなくなりました。

MP640はまだメーカー修理可能でしたが、DCP-J957Nは、メーカーキャッシュバック4000円+ポイント10倍で、実質3640円。
修理代の1/3、インク代程度で新品が買えるので、修理せずに買い替えました。

ADFは使わないので、ADFなしでその分軽く、手差し印刷のできるDCP-J557Nと迷いましたが、
J557Nにはレーベル印刷機能がなく、手差し印刷かレーベル印刷かの選択で、J957Nにしました。
もしJ557Nがレーベル印刷にも対応してれば、そっちを選んだと思います。

【印字品質】
普段使いならこれで十分です。
印刷時の音もMP610、MP640と大差ありません。

【本体】
MP610、MP640と比べると、全体的な作りは安っぽいです。
メディアスロットのカバーや排紙受けなど、うっかり力を加えすぎると壊してしまいそうな気がします。
レーベル印刷の切り替えががっちゃんって感じのバネ式なので、使用頻度が多いと耐久性が心配。
有線LANやUSBの口が筐体外側にないので、マニュアルを見ない人は戸惑うかも。(本体カバー内中央にある)
キャノン機より奥行きがあり、いままで使ってたプリンタ台から数センチはみでます。
まあ、でもキャッシュバック+ポイントで実質4000円しないのであまり贅沢はいえません。

【操作性】
タッチパネルが、液晶部と本体部に分かれていて、操作に統一性がない。
例えば液晶部でずっと操作しているのに、戻るボタンだけ本体部で操作したりとか。
あと用語が直感的でない。例えばADFはスタック/ソートだったり。
なれてしまえば問題ないレベルですが・・・。

【機能性】
キャノンでは、排紙トレイは印刷指示で自動で開きましたが、
この機種では、用紙受けを手で引き出す必要があります。
用紙受けは華奢なので、常時引き出したままだと壊す可能性があり、基本は収納状態です。
無線で印刷開始して、プリンタのところに行くと、用紙が散乱ってこともあります。
この点はキャノンのほうが便利ですね。

【ドライバ】
接続方式(USB、有線、無線等)によって導入するドライバが分かれています。
なので、USB→有線LANに接続変えした場合など、新しい接続方式に対応したドライバを入れないとつながりません。
この点、ドライバのサイズが大きくなっても、全ての接続方式のドライバを1本にしてあるほうがわかりやすいです。

【総評】
機能面でみれば、キャノン機でできたことは、だいたいできますが、
レーベル印刷の切り替えががっちゃんって感じのバネ式であったり、印刷時は本体の後ろに突き出たり、
排紙トレイの展開が手動だったり、タッチパネルの操作も洗練されたなかったり、
ドライバを接続方式毎に入れないといけなかったり・・・。
とりあえず力技でなんとか実現させましたって感じで、キャノンなど上位メーカー並みの洗練された操作性を求める人には不満があるかも。

機能と価格(本体やランニングコスト)のバランスに納得できる人向けの製品だと思います。

【追記】
購入後約8ヶ月使用しての感想
「とにかく重送が酷い」

これまでキャノンやエプソン、HP、NECを使ってきて、裏紙を使っても重送なんてまずなかったのですが、
ブラザーだと裏紙はうまく行くほうが少ないので、使えたもんじゃありません。
それどころか新品のコピー用紙を使っても重送してしまいます。
自動両面印刷で、紙を2枚吸い込んで別々の紙の表裏に印刷されたこともあります。
調子が悪いと5~6枚一気に吸い込んで印刷されるので用紙も時間もムダになります。

ネットでいろいろ調べると歴代機種でも重送問題が起きていて、新しい機種でも直ってないようです。
他社が普通にできてブラザーができないのは給紙部分の特許でもあるのでしょうか。

機能的な部分は妥協できても、これだけ頻繁に重送で紙も時間も(インクも)無駄になると
ちょっと次にブラザーを選ぶか考えてしまいます。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]