消滅都市ストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

90 人中、79人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 AFのスマート兵器化に★5つ, 2014/7/3
早速ですが初めに、不満点から述べます

●電子水準器の省略
⇒これについては、多くの人が書かれていますが
SONYにユーザの声を届ける意味でも、私も
この機能の省略についての不満は声をあげておきます。
何しろ、販売開始当時、この機能が省略されたことを確認するや
しばらくのあいだこの商品は”アウトオフ眼中”でした。

SONYの場合、初代モデルあたりは、これでもかと機能をてん
こ盛りした後スケールダウンする癖があるようですが、
あまり多数のユーザが利用しない機能ならいざ知らず。

他社の同等機種が次々と採用されるなかで、
こういった”お約束”の機能を省くのは・・・・・

余談ではありますが、α6000ユーザ閲覧専用ページの紹介
メールが届きました。

同ページでは、開発者の声として
今回は、デザインの一体感
を向上させるためマウント部や
アクセサリシュー金具部も本体色に合わせて初めて
着色したことを、”ドヤ顔”でかかれていました・・・が!

そんな事に製造コストをかけるくらいなら
アクセサリ部の接点を守る、シューキャップを
標準装備してくれたほうがまし("NEX6”では標準装備でした
今回は、別売で、しかも1cm程度の板切れが1000円近くもします!)
・・・と
思うのは、私だけではないと
思います。

先の電子水準器の件も含めて
本当にユーザの声に耳傾けてる?
と聞きただしたくなるような
商品開発は勘弁して欲しいですね。

と愚痴まじりに、不満点をかきましたが

運動会や祭り等のイベントごとに、この
カメラを持ち込むと、評価が一変します。

●ミラーレス最後の弱点を埋めるAF性能
個人事ですが、息子の運動会を控え
機動力を損なわないシステムの検討をしていた時
α6000のAF性能の高評価のレビューをみるにつけ
俄然興味が湧き、店等で色々いじっているうち
・・・なぜか手元に・・・

実際に使ってみるとこれが本当にグッド
私は、α6000に純正の55-210 F4.5ー6.3をつけて
使用していますが、連写時におけるAFの精度、被写体への
食いつき共にこれまでのEマウントカメラはおろか、α65あたりの
世代のAマウントのボディに対しても、一枚うわて行く感じです。

特筆すべきは、連写時の息切れのなさ・・・、α55や65あたりで
秒間10連写あたりを多用すると、(連写時間 各2〜3秒ほど・
JPEGーHI画像オンリー)
必ず、どこかで、息切れ(バッファーフル)が発生し、そのあたりを
計算に入れないと、本当のシャッターチャンスを逃してしまうという
ことがありましがたが、
α6000においては最速の
秒間11連写にて上記同等の利用において、息切れ現象は
皆無で、この性能だけでも、十分に買いです。

●使えるAFロックオン機能
AFロックオン機能も、従来機種では、ロック対象を画面中央に捉えてから
ロックオン操作をするといった、2段がまえの操作が煩雑で、
殆ど利用していませんでしたが
α6000ではシャッターボタン半押しで始まるAF対象をそのままロックオン
する機能が追加されました。

これにより、普通に被写体に合わせる要領で被写体をロックする
ことが可能となりました。
この機能と、飛躍的に向上したAFの追従性能により、
一度ロックするとEVF上をロックオン表示がどこまでも追い続け、
高い精度で被写体を捉える有様は、
まるで、スマート兵器で確実に敵を仕留める現在のエイジス鑑の
兵装コントロール画面でもみているかのようです。

これを見ると
フルサイズの一眼レフなどは、まるで時代おくれの巨艦大砲主義の
遺物にみえてきたりします。

またこの機能は、当然静物でも利用できるため、AF対象を決めてから
構図を決める手順でも、従来の単純AFロックよりAF精度の高い画像
が期待できます。

ここまで、AFを中心にレビュを記載しましたが、その他の
基本性能、基本画質、高感度特性は総じて高く、個人的には
不満点はありません。
また、今日日画像検索で実物をいくらでも参照でき
百聞は一見にしかずですので多くを語る必要はないでしょう。

その他、カメラの操作性につていも、多くは語りませんが
カスタマイズ設定項目の増加等、従来機種に対して格段の進化
が伺えます。

また、本製品に限ったことではないですが、
SONYの場合、機種間のバッテリの互換性が高いところ
ポイントがたかく初代のNEX5から最新の本機種やフルサイズ機まで
これまでかなりの機種が発売されていますが、それらがすべて同じ
バッテリであることは、SONYくらいではないでしょうか。

こういったシステムカメラは、一度マウントを決めると
レンズ資産を活かすためボディ側の更新は宿命的ですが
こういった重要パーツに対する機種間の互換性はとても助かります。

バッテリ形状は、一度決めると後継機種の設計上の足かせにもなりますが
安易に新形状(互換性のない)へ走らず、互換性を維持する
設計姿勢は、賞賛に値できましよう

最後に、個人的にはこれで、電子水準器さえ搭載されていたら
★7つはつけたいところですが、
ミラーレスの最大の弱点であった動体に対するAFも
一眼レフ機に対して遜色がないばかりか、
連写性能を考慮すると、むしろ凌駕する段階に
達していると言えましょう。

総合的にみて、このサイズと、この値段で
N,Cあたりのフラグシップとタメを張れるようなAF
を持つこのカメラは、コストパフォーマンス的に
評価すべき製品と思います。

皆様のご参考になれば幸いです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]


レビュー詳細

在庫切れ
レビュアー


ベストレビュワーランキング: 43,746