Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ケイデンスを常時表示可能。安心できるメーカーサポート。, 2015/4/26
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD430DW] スピード+ケイデンス+心拍センサー セット (スポーツ用品)
まず何よりも上段表示(上段の常時表示されるいちばん大きいメインのディスプレイ)をスピード以外にケイデンスまたは心拍数にも切り替えられる点が気に入っています。普段の練習中もレース中もケイデンスを主に見ているので、大きな数字で常時表示可能なのはありがたいです。またエンデューロレースの前には心拍を限界近くまで上げて2時間、3時間と練習することもあるので、心拍数を常時表示にできるのも便利と思います。

心拍数も測れてこの値段(Amazon価格ですが)は、コストパフォーマンスが良いと感じます。

本製品のスピードセンサーはケイデンス一体型なので、取り付け位置に苦労された方が多いようです。お役に立つか分かりませんがコツを書きます。まずケイデンス用のマグネットは、マニュアル通りクランクの裏にナイロンタイで固定するのではなく、ペダル軸に磁力でくっつけて剥がれないように粘着性の強いテープを貼ります(写真)。こうすると数センチだけですがセンサーをチェーンステー後方側にセットできるので、タイヤとの干渉は避けられます。

次にセンサーとマグネットとのクリアランス調整ですが、先にケイデンスを調整します。センサーを外側に傾けケイデンス用マグネットとの位置を調整してナイロンタイでゆるく仮止めします。この状態だとスピードセンサー部分はスポークに干渉するかも知れませんが、ドライバーで固定ネジを緩めてクリアランスを調整します。ケイデンス、スピードともクリアランスが調整できたら、クランクを回してセンサーが反応するのを確認の後、ナイロンタイをきつく締めて余分なタイをニッパーで切ります。多くの車種では以上の手順で取り付けできると思います。

以下はCC-RD430DWの評価とは直接関係ありませんが、購入経緯です。2010年以来CC-RD400DWを使ってきましたが、ナイロンタイが経年劣化で切れてスポークに巻き込んでしまいました。その際にセンサーゴムパッドを紛失したため、キャットアイのサポートに連絡したところ、120円分の切手を貼った返信用封筒を送付すれば無償で譲ってくれるとのこと。送っていただいたセンサーゴムパッドとナイロンタイで再びセンサーを取り付けましたが、ケイデンスの測定は問題ないもののスピードの測定が不安定になりました。電池交換とリセットを行いましたが症状は変わりません。スポークに巻き込んだ際にセンサーを損傷したようです。CC-RD400DWには満足していたので当初はセンサーだけ購入しようと思いましたが、AmazonでCC-RD430DWが思いの外安く売っていたので買い換えました。他社製品も検討しましたが、センサーゴムパッド紛失の件でキャットアイのサポートに好感を持ったので再びキャットアイ製にしました。ケイデンスを上段表示できるようになったので、買い換えて正解でした。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]