ARRAY(0xa89f9478)
 
カスタマーレビュー

16 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 むしろ漫画で読みたい, 2011/9/30
Amazon.co.jpで購入済み(詳細)
レビュー対象商品: 僕とツンデレとハイデガー (単行本(ソフトカバー))
誰でもその名を知っているのに、何を言った人か説明できる人はほとんどいない、
そんな哲学者たち。彼らを現代日本の女子高生として転生させ、ひょんなことから
彼女らの通う高校に「転入」した主人公に自分たちの思想を説明させるという、
いかにもありそうで意外となかった作品。

ネタバレになるので詳しくは書かないが、彼らの思想の方向性がどのようなものであったか
雰囲気は味わえるので、「小難しい哲学書は読みたくないけど
ちょっとだけ味見してみたい」という向きにはそれなりにおすすめ。
ただ、設定・導入・結末のいずれにも無理があるうえ中核を占める
各少女たちの物語につながりが乏しく、さらに筆者の共感度の差が露骨に出ていて、
近いコンセプトを持つ「もしドラ」以上に小説としては破綻している。
特に結末は、「え、そこで終わるの?」という感じで何とも消化不良。
結末を読者の解釈に委ねるにしても、もう少し本書のテーマに沿った終わり方があったはずだ。

試み自体は面白いと思うのでその意欲は買って☆3つとしたが、
真面目な哲学入門として読ませたいなら多少小難しくなっても
もう少し掘り下げるべきだし、萌え系擬人化(元も人だが)の流行に乗るのなら
性格でも絵柄でももっと各キャラの描き分けを徹底すべきだろう。
色々と中途半端になってしまったのが惜しい。
この程度なら、いっそのこと漫画で読みたい(たぶん1巻で無理なく終わる)。そう思った。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
 


レビュー詳細

商品

5つ星のうち 4.2 (6件のカスタマーレビュー)
星5つ:
 (3)
星4つ:
 (1)
星3つ:
 (2)
星2つ:    (0)
星1つ:    (0)
 
 
 
¥ 1,620
カートに入れる ほしい物リストに加える
レビュアー


場所: 千葉県

ベストレビュワーランキング: 1,810