Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

32 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 不可能を可能にするレンズ, 2013/10/7
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II フルサイズ対応 (Camera)
まずフルサイズ機と組み合わせた重量は重く、取り回しははっきり言って良くはありません。
長時間撮影する際には一脚や三脚座に取り付けるストラップは必要となってきます。

肝心の描写力は開放からシャープで単焦点に負けず劣らずです。
ナノクリスタルコートによる逆光の強さは折り紙つきです。
しかし絞って撮影すると同社のF4通しやTAMRON、SIGMAの同焦点距離のレンズで撮影された写真をEXIFなしで見た場合、色味の違い等々はありますが見分けるのは困難です。

しかし純正の最高峰レンズを使用する意味、それは撮影環境が悪くなればなるほど明らかになってきます。
TAMRONの新型70-200F2.8もだいぶ健闘していますがAFの速度、合焦が別次元。AF-Cでの食い付きも良く中々被写体を離しません。

光が回らないところでの撮影、F4ではF2.8になれません。高感度側でISO感度が一段下がれば撮影されたものの仕上がりが全然違います。
静物を撮影するのであれば5段分の手ブレ補正が付いたF4レンズもかなり健闘します。1/15秒でもブレませんでした。
しかし被写体ブレは手ブレ補正が進歩しても防ぎようがないもの。高感度+明るいF値で過酷な環境の被写体でもフレーム内で止まります。

このクラスのレンズは必要とする人が手に入れ、使用していくものだと思います。
しかし最初からこのレンズを手に入れ使用するということはハッピーだとも思います。
使いこなせない、被写体が自分に合わない場合には軽量単焦点やF4、80-400といったレンズが待っています。
手に入れてしまえば望遠側の悩みをまったくなくする最良の近道です。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]