消滅都市ストア Amazonファミリー Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike Amazon Student ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 DVD Blu-ray Bargain 2015summer Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

90 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 SONYでしかない, 2015/9/21
投稿者 
レビュー対象商品: SONY 2.1ch ワイヤレススピーカー Bluetooth対応 ハイレゾ音源対応 サブウーファー搭載 SRS-X99 (エレクトロニクス)
音は20年前からその傾向が変わっていない。
SONYのアクティブスピーカーの音であり、重低音への片寄りでごまかしているような傾向。
例えばSONYのカセットデッキは素晴らしかったけれども、その辺のまともなオーディオのチームとは全く別の部署ではないかと思える音。

ただ、時代とともに全体的な向上は見られるため、十分にこの1BOXからはそれなりの音が出ている。
DSEE HXは、その効果が曲にマッチした時には「これならこの金額を出しても惜しくはないな」と思え、感動すらする。

しかしLAN接続においては全く使いものにならない。
有線であっても無線であっても、専用のアプリ(SongPal)を使用しても再生が途中で停止する。
他のDLNA対応ソフトでは同様か、或いはそもそも全く再生できない。
例えばWindows 10のMedia Playerではデバイスキャストがエラーとなり、そしてWindows 7のMedia Playerではリモート再生がエラーとなり全く再生できない。
それどころかWindows 7/10上のSONYのMedeia Goでも"Throw"できない。
因みにここまでの症状は無線/有線どちらでも起こるものであり、無線LANや有線LANの環境の問題ではない(僕は電子/電気/システム系の人間なので)。
ネットワーク的には、無線LAN接続においては、ルーターのログを確認すると、1時間に数回以上DHCPへIPアドレスを問い合わせているのがわかる(しかも電源を入れているだけで音を鳴らしてない、ルーター目の前設置の状況でも)。
※この点、有線LANは無事なようだ
LAN環境は、家庭にしては質の高い機器でルーター直結の品質を目指して構成している(ルーターはNECアクセステクニカ製)。
言い方は悪いけれども、ぐっと安物な”プリンストン デジ像メディアプレーヤー2 PAV-MP2YT”だって、"ラトックシステム Wi-Fi/LAN対応ミュージックレシーバー REX-LinkWF1"だって、そして色々と意味不明なPanasonicのDIGAでさえもネットワーク的に安定している。
他にはDENONのAVR-3313(AVアンプ)なども含め、何一つ不安定なものはない。
繋がらないとか、途中で切れるなんて、SONY製品を除いては皆無。
DLNAに関するシステム作りを理解していないとしか思えず、とてもDLNA対応と呼べるようなものではない。
PlayStationのチームに協力要請することはできないのだろうか(この2つは絶対違うと思う)。

これは環境の品質ではなく、明らかにSONYのX99という製品に大きな問題があると思われる。
また、X9も試したがこれも同様だし、X77も所有しているが変わらない。
酷いものである。

音としては、X9とX99は明らかに異なる。
よく同じようなもののように語られているのを見るが、X99の方が圧倒的に良い。
X9は結構中域以上がぼやける傾向であったものの、X99では改善されている。
それでもこの小さな一体型ゆえに音の広がりなどは全く無く、明らかにこの小さな箱から出ているとわかるし、それどころかスピーカーが前面だけでなく上部にもあるため、聞いていて箱の形すらわかるほどクリアに狭さが伝わる(もっと調整できるのではないかと思うけれどもね…YAMAHAに手伝ってもらうとか)。
とにかくあくまでも、音楽をBGM的に気軽に聴く為の製品にすぎない。
更に言えば、音作りとしては、X99よりもX77の方が上である。
確かにX99の方がずっと高価な製品の音が出てはいるものの、それぞれの音のバランスや音楽の楽しさとしてみればX77の方が良くできていて、そもそも最上位のX99でさえクラシックをまともに鳴らせるほどの能力は全く持っていないので、どちらか迷っているくらいならばX77でも良いとは思う。
とくにPOPS中心なら音的にはX77がおすすめ(そういう意味ではX99はとても中途半端な音がする)。
横幅の違いによるX99のアドバンテージなんて、この程度の差では無いに等しいと言っても良いしね…。

普段はAVR-3313もそうであるように、単体の機器を組み合わせてシステムを組んでいる。
当然音の広がり含め全てにおいて別格であって、一体型と比べるまでもない。
それでも「もっと気軽に」ということでアクティブスピーカーを探したものの、残念ながらSONY製品しかまともには見つからず、今に至る。
リビングにはSRS-X99を、そしてカウンターにはSRS-X77を設置した。
しかしながらLAN環境では全く使い物にならず、酷い時には3~5分の曲を再生することすらできず、アルバム1枚連続再生など奇跡(奇蹟)に近い。
明らかにこれらの製品が、イベント待ち等で無限ループやハングアップ等の類の問題に陥っているような状態であり、本体を強制的に再起動するしかなくなる。
LAN接続が目的ならば買うべきではない。

こんな症状はSONYもわかっているはずで、X9も同様であるのだから、SONYは平然と顧客を騙しているとも言える。
早急にファームウェアで対応する必要がる。
保証ギリギリををもっても対応しないのであれば、返品予定である。
なお、Bluetooth接続は大丈夫なようだから(動作確認はアルバム1枚のみだけれども)、つまりLDAC対応のウォークマンユーザーを満足させることはできるのかもしれない。
こういうところがまだ、”SONY信者”と言われる人々が在り続ける理由ではあるのかな。

それにしてもSONYは欠陥製品が多すぎであり、現在の失墜は必然としか言えない。
こんなものばかり出していては、どんなにファンであっても何れは離れてしまうだろう。
残念だね…本当に。
でも日本メーカーだし、応援はしています。
頑張って直してください。

(2015/09/26 追記)
SongPalにて"ネットワークスタンバイ"及び"自動アップデート"をOFFにしたら落ち着いたようである("オートスタンバイ"は当初からOFF)。
影響しているとしてもどちらかまでは未検証。
また、”電源つけっぱなし”状態にしていることによる影響もゼロではない。
ただし完全ではなく、やはりとまる。

エージング目的もあって鳴らし続けているものの、際立つ重低音とボーカルに比べて、高音の表現力が弱く、ハイハットの貧弱さが目立つ(特にクローズ。弱く、粒感もない)。
これにより音の艶も乏しい。
定位感とステレオ感からくる最良なリスニングポイントは50cm程度かな…1mも離れると、音像がボケてくるような効果によってそれを音の広がりと脳内変換することはできるかもしれないものの、tweeterの影響でやはり物理的距離という現実に引き戻され、一般的なドラムセットの幅を表現できることも到底なさそう。
総じてデスクトップオーディオ専用機という印象で、例えばグライコ使用前提なPC用スピーカーとして使うのは最良のチョイスの一つかと。

もちろん音の聞こえ方は個人差があるけれども。

それにしても。
「4 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。」
流石SONY製品、これが現実かな。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]

コメント

コメントの更新情報お知らせEメール受信設定

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿2件中1件から2件までを表示
最初の投稿: 2015/09/21 20:16:50:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2015/09/21 22:21:20:JST)
KSさんのコメント:
SRS-X99を所有しています。再生が途切れることはほとんどないですね。

SRS-X99は、Apple 社の無線LANルーター AirMac Time Capsule に 5GHz帯 で無線接続しています。

今日も10時間以上連続して音楽を流していますが、音は一度も途切れませんね(Chromecast、AirPlay共に問題ありません)。

Nexus6/Nexus9/iPhone6Plus/iPod(5世代)/MacBookAir(2014)/MacBookPro(2014)経由でクラウドサーバーからストリーミングして聴いています。

DLNAでの使用に関して:
こちらも再生中に音が途切れることはなく、正常に聴けていますね。
<環境>
DLNAサーバー:Plex Media Server / MacMini OSX Server
DLNAクライアント:BubbleUPnP / KindleFire HDX 8.9
*MacMini と AirMac Time Capsule は有線LANケーブルで接続しています。

※1. 当方で問題なく正常に聴けているので、SRS-X99単体の設計上の欠陥とは思えませんが…
※2. 2.4GHz帯の場合、障害物があると無線LAN接続は不安定になるかもしれません。
※3. ONKYO Monitor 2001というやや大きめのスピーカーも所有していますが、それと比較しても遜色のない良い音を出していると思うのですがね。。。(ONKYO Monitor 2001と同等以上という訳にはいかないが、このサイズのスピーカーでは最も音が良いと思うのだけれども)
ONKYO Monitor 2001が書籍の山に埋もれて、機能的に問題はないのだけれども、事実上使用不能な状態になった。で、ONKYO Monitor 2001の上にSRS-X99を載せて音楽を楽しんでいます。

** 私はSONY信者ではありません。SONY製品は本スピーカーとガラケーしか所有していません。Windows環境は未確認なので、ひょっとするとWindows環境であり得る話なのかもしれません。

前の投稿への返答(返答日時: 2015/09/22 0:49:15:JST )
Amazon Customerさんのコメント:
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]
‹ 前 1 次 ›