Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッションギフトセレクション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア
カスタマーレビュー

63 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 最大の問題点は・・・, 2015/3/10
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: タブレットPC Colorfly E708 3G Pro クアッドコア 7インチIPS液晶1280×800 3G/GPS/BT/SIMフリー Android4.4 中華アプリなし ROOT済み 日本語設定済み Googleプレイ対応 カーナビ対応 (Personal Computers)
これから購入を検討される方、された方の参考になればと思い、この機種の使用感を少し書いてみます。
同様の操作をしてみようと思われた方は、その結果に私は責任を持てませんので自己責任でお願いします。

■2015年6月17日追記
マイクロSDカードがスロットにロックされないトラブル

「Link2SD」により「内部ストレージ」の拡張に成功し、日々タブレットを快適に使用しておりましたが、突然画面上部通知領域に、

 「SDカードが取り外されました」

のメッセージ。
「おかしいな、取り外した覚えなどないのに・・・」と思いつつ、
カードスロットを見てみると確かにカードが少し浮き上がっているのが確認できました。
おもむろにカードを元のように押し込み、タブレットを再起動。
しかし、しばらくするとまた、

 「SDカードが取り外されました」

のメッセージ。何度やってもこの繰り返し。
そうこうするうちに、とうとうカードがスロットにロックされなくなり、
スロット内のスプリングの反発力によって浮き上がったままになってしまいました。
どうやらカードをスロットに差し込んだ時に「カチッ」とロックするメカに不具合があるようです。
これが私のこのタブレットだけの問題なのかどうかは分かりませんが、いずれにせよこのままでは使い物になりません。

そこでとりあえず裏蓋を開けて中を見てみることにしました。いわゆる「殻割り」というやつです。
開ける道具として、油絵用のパレットナイフがあったのを思い出し、使うことにしました。
油絵用のパレットナイフは先端が非常に薄く、ちょっとの隙間にも差し込めるからです。
こうして裏蓋と本体の隙間を徐々に広げてゆき、後は親指の爪を差し込んでパキパキと、簡単に蓋を外すことができました。
LEDライトとルーペを駆使して問題のスロットをじっくりと観察して対策をいろいろ考えてみましたが、修理するのはとても無理そうなので諦め、一番の「ガン」はスロット内のメカに付いてる強力なスプリングなのだから、このスプリングをメカから外して、取り出してしまえばいいだろうと考えました。

細かい作業なので苦労しましたが、ステンレス製側板の一部を剥がしてその内側にあるプラスチック製のメカを破壊し、試行錯誤の末、そこについていたスプリングを取り外すことになんとか成功しました。
これでマイクロSDカードが浮き上がって認識されなくなる、ということは無くなるはずです。

ダメ押しに小さなプラスチックの薄板を折り曲げて、マイクロSDカードとスロットのステンレス製カバーとの間に挟み込みました。
こうすることでSDカードをスロットの接点に押し付けて固定し、かつ、いざとなればSDカードの交換も可能なようにしています。

これが前回UPした写真の状態です。

この作戦は見事成功し、現在私のタブレットはまあまあ快適に使えてます。

追記:バッテリーについて
殻割りしたついでに内臓のバッテリーについても調べてみました。
ラミネートのカバーに印刷されている型番らしき文字をキーワードにして、ネットで検索してみると次のことが分かりました。

型番 = PGF3782A9AT
容量 = 4141mAh
電圧 = 3.7V
メーカー = SAMSUNG

しかしこれを個人で入手するのは多分無理でしょうね。

■2015年6月15日追記
Link2SD を使ってみた

きっかけは例の「内部ストレージ」拡張問題です。
ネットでいろいろ調べてみると、root化された中華タブレットの「内部ストレージ」を拡張する方法として次の2種類あることが分かりました。

 (1)「内部ストレージ」と「USBストレージ」との境界を「USBストレージ」側に移動し、結果として内部ストレージを拡張する方法
   専用の特殊なツールを使う必要がある。
 (2)Android(Linux)OSのLink機能を使って、追加したマイクロSDカードを「内部ストレージ」の拡張エリアとして使用する方法
   Playストアにアプリがあり、それを使う。

調べてみると、(1)はパフォーマンス的には有利だが、後からいろいろとトラブルが発生することもあるようなので、技術的に安定している(2)のLinkを使って拡張する方法を採用することにしました。
具体的には「Link2SD」というアプリを使うのですが、詳しい使用方法はネット上に数多UPされているのでここには書きません。

手持ちの32GのマイクロSDを本タブレットに装着し、ちゃんと認識しているのを確認した後、パソコン(Windows7)と本タブレットをUSB接続し、
あらかじめパソコンにインストールしておいた「MiniTool Partition Wizard Free」を使ってタブレットのマイクロSDカード上に「ext4」領域3.5Gと「LinuxSwap」領域500Mを作成しました。
「MiniTool Partition Wizard Free」についても詳しい使用方法はネット上に数多UPされているのでここには書きません。
なお、マイクロSDカードは、タブレットに装着したままでパーティション切りして問題ありませんでした。

私の場合は「ext4」でうまく行きましたが、機種によっては「ext2」や「ext3」でないとうまく認識されない場合もあるようです。
また、確保する容量は上記のように決まっているわけではなく、ユーザーの任意です。
これでマイクロSDカード上に、

 1 番目に 「FAT32」 領域 28G  (既存領域を縮小)
 2 番目に 「ext4」 領域 3.5G
 3 番目に 「LinuxSwap」 領域 500M

が作成されたことになります。「内部ストレージ」の拡張として使用するのは、2番目の「ext4」の領域です(順番が違うと失敗します)。
「LinuxSwap」領域とはAndroid(Linux)OSの作業領域で、あった方が良いということで作成しました。
なお、WindowsパソコンとUSB接続したときにパソコンから見えるのは、最初の「FAT32」領域だけです。

下準備が終わったので、早速Playストアから「Link2SD」をインストールし、起動してみると・・・。
マイクロSDの第2パーティション「ext4」領域がちゃんと認識され、アプリの移動が準備完了となりました。
この辺の詳しい手順についてもネット上に数多くUPされているのでここには書きません。

結果として「Link2SD」による領域拡張は成功し、システム関連以外計760MものユーザアプリをマイクロSD側に移動できました。
なお、「設定」→「ストレージ」で「内部ストレージ」の使用状況を表示した時に、使用済み容量の棒グラフが一瞬、容量の空きが大量にあるように表示されますが、すぐに容量オーバーの満杯表示に切り替わります(「内部ストレージ」と拡張エリアの容量を合算して表示しようとするため)。
各ストレージの実際の使用状況は「Link2SD」起動後、画面右上の操作メニューから「ストレージ情報」で見ることができます。
それと私の場合、データも移動できる有料オプションを購入してないので、移動したのはアプリ本体のみです。

一部動作が怪しいアプリはLinkを解除し元に戻しましたが、その他のアプリは正常に動作しています。

※同時にUPした写真についての説明は改めて後日UPします。

■2015年3月18日追記
その後使用していて気付いたことを書きます

いまさらですが、この機種はアプリをインストールする「内部ストレージ」の容量が約1GBと圧倒的に少ないです。
これはこの機種の大きな欠点です。
先日私がPCで使用している「VLCメディアプレーヤー」を、このタブレットでも使おうと思い、Playストアからインストールしようとしたのですが、
ストレージの空き容量不足のためインストールできませんでした。
そこで「設定」→「ストレージ」→「アプリ」から、各アプリの詳細画面を開き、

  ・移動可能なアプリは「内部ストレージ」から「USBストレージ」へ移動。
  ・キャッシュをクリア。
  ・将来的にも不要なアプリは可能であればアンインストール。
  ・すぐに使用予定のないアプリは、「USBストレージ」内に適当なフォルダを作り、system/appから移動。

等々さんざんやりくりした挙句やっとインストールできました。
現在の内部ストレージの空きは約220MBです。

この機種では計8Gのストレージ容量を、おおざっぱに言って

  ・「内部ストレージ」アプリ・キャッシュ用に1G
  ・「USBストレージ」ユーザデータ用に5G
  ・残りはシステム用

というふうに割当てているようですが、いまどき計8Gのうち「内部ストレージ」1Gというのはあまりにも少な過ぎます。
できれば、

  ・「内部ストレージ」アプリ・キャッシュ用 3G
  ・「USBストレージ」ユーザデータ用 3G
  ・残りはシステム用

程度にできないものでしょうか。
マイクロSDも使えることだし「USBストレージ」には容量を多く確保する必要はないと思います。
※他の中華タブレットには、ストレージの分割割合を変更できるツールもあるようですが、残念ながらこの機種には使えないようです。

■2015年3月10日

freetel(U-mobile)の3G用simでデータ通信と通話をテストしてみましたが、問題なくできました。
現在はsimなしのwifiのみで使用しております。
この機種はsimなしでも、セルスタンバイで多くの電力を消費するので、「機内モード」に設定してからwifiをonにしています。
「機内モード」にすると外部との通信が一切できなくなりますが、wifiは可能です。
こうするとセルスタンバイ電力消費をほぼゼロに抑えることができます。

この機種の最大の問題点はウィルス「Android.Backdoor.Origin.114」に感染していたことです。
プリインストールのDr.Webでスキャンしてみると、ここのレビューでどなたかが指摘されていたとおり、やはりsystem/app内の音声検索アプリ?「velvet.apk」がこのウィルスに感染していました。
詳しくは分かりませんが「バックドア」ですから、その名の通り外部からリモートでこっそり何らかの操作をされる可能性があるということでしょう。
system内のためかDr.Webでは削除できなかったのですが、root/systemエリアも操作可能なファイルマネージャ「X-plore File Manager」をGoogle playでインストールし、無事「velvet.apk」の削除に成功しました。
ただその結果、音声検索ができなくなってしまったので、ネットで「velvet.apk」を探し、最新版をダウンロード。先ほどの「X-plore File Manager」でsystem/app内にそのまま書き込みました。
その後再起動すると、自動的に新しい「velvet.apk」がインストールされ、無事音声検索機能が復活、ホーム画面にマイクが表示されました!!
さらに念のため、再度Dr.Webでフルスキャンしてみましたが「脅威」は発見されませんでした。めでたしめでたし。

・・・というわけで、wifi専用ですが画面も大きく見やすいので、現在YouTubeその他に結構重宝しています。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]