カスタマーレビュー

23 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 全てをぶち込んだ作品, 2003/6/7
レビュー対象商品: 虚航船団 (新潮文庫) (文庫)
筒井康隆という作家ほど幅広いジャンルに手を出し、そして読者の人気を獲得し、高い評価を受けている作家も珍しい。SF、コメディー、純文学、ミステリー、ジュブナイル……、それぞれに代表作を持っており、尋常ではない質の高さを誇っているからだ。今のところ、評価は賛否両論であるが、後の世で日本文学の中でも「異彩を放つ奇才」として歴史に名を残すだろう。
そのような筒井康隆の作品の中でも『虚航船団』は異常である。高い知性と狂気が尋常ではない高さで均衡しているからだ。
世界史を明らかに意識した展開で鼬族と文房具(!)の終末戦争を描き、しかも表現において実験的要素を全力投球で投げ込んでいる。この作品までの筒井康隆の濃厚なエッセンスが凝縮されている、といえるだろう。<P!>おそらく、本を読み慣れていない読者(特に実験的な純文学を読んでいない人間)は途中で投げ出すはずだ。読者を選ぶ作品だから当然である。スライムで苦戦するような人間がゾーマと戦えるはずがないのだ。
ディープに文学に陶酔している玄人の読者および筒井康隆の心底敬服している人間にこの作品を勧めたいと思う。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
 


レビュー詳細

商品

5つ星のうち 4.5 (19件のカスタマーレビュー)
星5つ:
 (13)
星4つ:
 (3)
星3つ:
 (2)
星2つ:
 (1)
星1つ:    (0)
 
 
 
¥ 853
カートに入れる ほしい物リストに加える
レビュアー


場所: 大阪府

ベストレビュワーランキング: 127,017