Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

376 人中、342人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 東芝製SSDに3年保証、鉄板SSDになってもいいレベルでは?, 2014/5/1
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: CFD販売 SSD 128GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T128NHG6Q (Personal Computers)
サブPCに積む予定で当初はADATA製でも買おうかと思っていましたが製品によって差が激しかったりとあまり購入意欲が出ませんでした。
が、ちょうど東芝製NANDを積んだCSSD-S6T128NHG6Qが出たので脇目も振らず買いました(笑

自分の中でSSDを選ぶ基準として、コントローラーがSandfoce以外のもの、コントローラーがSandfoce以外でしたら買っています。
理由としてSandfoceだと特性上ランダムデータの場合はメーカー公表値に及ばない速度しかでないという点です。
Sandfoceはランダムデータに弱い特性を持っています。連続した同じデータの書き込みの場合は他のコントローラーより速くはなるそうですが、非現実的です。
また、ランダムアクセスも気にしてください。いくら読み書きが早くても、ランダムにSSDにアクセスした場合速度が著しく低下する物があります。

対照的にこのSSDはポン付けだけで公表値と遜色のない数値を叩きだしています。それに加え単純にランダムアクセス速度も優秀です。

選ぶときに間違ってもSSDを販売しているメーカーがIntelだから、等のネームバリューに引っかからないよう中身もしっかりと見て買った方が損はしないです。

といっても、SSDである限りSandfoceだろうがHDDより遥かに早いです。
他の同価格帯のSSDと同じようなスペックを求めるか、同価格帯SSD以上のスペックを求めるか。そこら辺を見極めて買えばいいでしょう。無論後者に越したことはないですよ。
また今レビューSSDはその後者側に鎮座しているかと思います。

また速度測定をしたPCのスペックに関してですが、
【CPU】
i3 3225
【M/B】
P8H77-V
【SSD】
今レビュー品
【HDD】
ST1000DM003
【RAM】
8GB
【OS】
Windows 7 Home Premium
です。

速度的には下の通りです。(OSインストール後、30GB程使用した状態です)
【Read】
Sequential Read 【 523.9 MB/s 】
Random Read 512KB 【 444.7 MB/s 】
Random Read 4KB 【 22.50 MB/S 】
Random Read 4KB QD32 【 382.5 MB/s 】

【Write】
Sequential Write 【 487.3 MB/s 】
Random Write 512KB 【 471.3 MB/s 】
Random Write 4KB 【 86.64 MB/s 】
Random Write 4KB QD32【 220.5 MB/s 】

と、値段の割にどの項目も書き込み読み込みの速度が出ており同価格帯のSSDより断然早い書き込み速度をだしています。

メーカー公表値とあまり変わらない速度はちゃんと出ています。
また、OSなしとOSありの速度を測ったカスタマーイメージをUPしてあります。
一応URLを
"http://www.amazon.co.jp/gp/customer-media/product-gallery/B00IX8PXA8/ref=cm_cr_dp_cust_img_see_all_txt"

PCの起動時間(BIOS起動も含む)は20秒程で済みます。
HDDの環境下だと50秒程は掛っていたのでかなりの短縮になりました。

ちなみに一応最近では必要のないと言われる延命設定などを一通り設定してあります。
一時ファイルをHDDに割り当てたりブラウザ等速度を必要としないソフトは全てHDDに移動してあります。
※trimはWin7なら自動でONになるだとか。

付属品は3.5インチ用ベイ、ベイ固定用ネジ4個とSSD固定用ネジ4個の計8個、本体と必要最低限の内容物でした。
SATAケーブルや4pinアダプタ等は付属せず値段なりの構成となっております。

増設の際SATAケーブルに余りがない場合は購入が必要となりますのでご注意を。

特色は、この価格帯で東芝製NANDフラッシュにコントローラーは東芝製のものを積んでいる所かと思います。
今後鉄板になってもいいスペックを所持しているSSDと私は思います。

他のメーカーの物は同じ価格だろうが実測値は低かったりランダムアクセスに弱かったりと起伏が激しいですが、特別すごい所はないけど此処がダメだというところもないSSDです。

また保証についてですが、CFDは販売店を通しての修理対応等を行っており、その点が気になってAmazonに問い合わせたところ、CFDのサポートでちゃんと行ってもらえるとのことでした。
問い合わせてからCFDのサポートにちゃんと書いてあったことに気づいたんですがね(笑

また半年程使ったら画像や速度を載せてみたいと思います。
※2014,5/29追記

※2014/5/31日追記分↓
つい先日SSD関連では有名なサイトにて耐久テストをした結果が報告されていました。
そのサイトによれば208.9TB書き込んだあたりにSSDがクラッシュ(書き込みや認識不可)したそうです。
この結果は前シリーズ(HG5d)より下回る結果で、そのサイトによれば一日20GB書き込んだとしたて3年10ヶ月でクラッシュするデータ量とのことです。
また前シリーズは同じテストを行い、クラッシュ日を割り出したら5年7ヶ月との事です。

ただし、ミソなのが一日に20GBの量を取り扱うという事は中々なく、高負荷テストをしない限り10年近くは持つという事。
20GBも書き込むといったらTV録画やゲーム画面を撮ったり、大型ファイルのエンコードする方でない限りないでしょう。

また東芝製SSDにはリードオンリーという機能がついておりSSDが完全にクラッシュし全く認識できなくなる前に読み込み専用機に切り替わる機能があります。
問題なのがwindowsのOSの場合は認識できない場合が多々あるらしいく、linux経由で確認しないとデータの取り出しができなだとか・・・。

取り敢えずリードオンリー等の機能や上記の情報を知っている方なら、Linuxをインストールしデータを取りだせる技量は持っているかと思います。

一日にガンガンデータを書き込むような扱いをする予定がある方は別のSSDを検討してみては如何でしょうか。
普通に使えば単純計算で"10年"程は余裕で持つはずです。OS専用だったりちょっとしたソフト入れるだけならば一日に5GBも書き込まないはずですから。

また"個体差なども出てくる可能性"もありますので評価としては変化させず5つとさせて頂きます。
今回の追記はハードな使い方をするような方に向けた追記となっており、まず普通に使うならばコスパはいいものです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]