Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア
カスタマーレビュー

179 人中、170人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 お手入れは思ったよりずっと楽, 2014/3/10
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: リバーライト 極ROOTS 炒め鍋 28cm (ホーム&キッチン)
初めての鉄のフライパン購入です。

今までは十年以上ずっと、テフロン加工のフライパンを駄目になる度に買い換えていました。平均しても二年はまず持ちませんでした。酷いときは半年ちょっとで焦げ付くようになり、平均して一年過ぎたくらいで買い換えていました。その額をトータルすると、十年は控えめに言っているので、おそらく十年以上で3万円は軽く超えています…。

フライパンの代金だけで3万円…。これを一生続けると、例えば50年として50年×3千円=15万円。30年としても30年×3千円=9万円。

何となく分かってはいたんすよね。テフロン加工のフライパンを使い続けることのランニングコストの高さ、非効率性。ただ、手入れが楽ですし、油無しでも焦げ付かないという魅力に負けて、考えないようにしていました。

しかし、今回買ったテフロン加工のフライパンが、自分の使い方が悪かったにしても、半年足らずで焦げ付くようになったことで、遂に重い腰を上げてテフロン加工のフライパンを諦める事にしました。

テフロン加工に変わるフライパンとして、一般的な代替として、鉄とステンレスのフライパンがありますが、ステンレスは焦げ付くと言う話を鉄以上に聞くので、ステンレスではなく鉄を決意。

そこで評価が高く、各所でも良く話題に上る、この極シリーズのフライパンを購入しました。

まず敷居が高いと思っていた手入れに関してですが、これはフライパン自体に錆びにくい加工をしているので、錆止めが塗られておらず、最初の空焚きは必要ありません。大した手間ではありませんが、やるべき手順を一つ省けるのはマルですね。

次に「油慣らし」と言って、フライパン1/3ほどの量のたっぷりの油を弱火で5分ほど温め、オイルポットに戻し、キッチンペーパーで油を塗り込むように拭いていきます。これは最初に一回やるだけで、以降二度とする必要がありません。

これで初期化とでも言うべき、使うための準備は終了です。

次からは毎回やることですが、「油返し」と言って、熱したフライパンに、オタマ一杯分ほどのたっぷりの油を入れて油を馴染ませ、適温になったらオイルポットに油を戻します。これが終われば、あとは通常通りの調理手順で、必要な量の油を入れ調理するだけです。

調理前のテフロン加工との手順の違いは、「油返し」をするかどうかだけです。時間にして1分くらいですので、テフロン加工のフライパンしか使ったことのない私でも、全く苦になりませんでした。

調理が終わったあとは、すぐにお湯(ぬるま湯、水でも可)で洗い流しながら、ステンレスや銅のタワシでゴシゴシ汚れを落とし、残った水分を飛ばすために、1分ほど火に掛けて終わりです。

本来は錆止めのために、油を薄く塗る手順もあるのですが、この極シリーズは、非常に錆びにくい加工をしているため、この手順はいらないそうです。ただ私は、油を早く馴染ませて、焦げ付かないフライパンに育てたいので、油を薄く塗って保存しています。

テフロン加工のフライパンとの手順の違いは、以下の三つだけですね。

(1)調理前の「油返し」
(2)調理後すぐに洗う
(3)残った水分を火に掛けて飛ばす

(1)の油返しは、時間にして1分程度なので、全く気になりませんでした。

フライパンを熱している間に、料理の下準備などをしていれば、1、2分などあっという間です。ただこういう並行して作業をしていると、フライパンの方を忘れがちになるので、熱しすぎないように注意して下さい。

(2)の調理後すぐに洗う事に関しては、テフロン加工のフライパンだろうが、どのみち洗うことには変わりなく、違うのは「いつ洗うか」だけなので、これを余計な手順、面倒な手順とは言えないですね。

寧ろ洗剤がいらないので、手が汚れず、タワシやスポンジでのダメージを気にすることなく、ゴシゴシ洗えるので、こちらの方が楽に感じました。

(3)の残った水分を飛ばす作業は、たかだか1分ほど火に掛けるだけなので、こちらも全く手間に感じることはありませんでした。

油返しと同じく、フライパンの水分を飛ばすときも、お盆に料理を並べたり、卓上の調味料を取り出したり、お椀にご飯をよそったりしていると、1、2分程度はすぐにたつので、気付いたら水分は飛んでいます。

ただその時間ボーッとしていると面倒くさい、苦痛と思うかも知れませんが、鉄のフライパン独特の使い方も、時間の使い方を工夫して、他の作業を並行して行うなどすれば、1、2分などどうにでもなります。

鉄のフライパンと一緒に揃えておいた方が良い道具としては、ゴシゴシ洗える鉄のフライパン用「タワシ」。油返しの油を入れる「オイルポット」。薄く油を塗布するのに便利な「油引き」の三つですね。

鉄のフライパン用タワシ、油引きは、ダイソーに100円で売っていました。オイルポットは、近所のホームセンターに300円ほどで売っていたので、安く揃えることが出来ました。

このフライパンは6千円以上するので、3千円以下でいつもテフロン加工のフライパンを買っていた私には、かなり高価なフライパンとなりましたが、十年、二十年、一生物と考えれば、安い買い物だったと思えます。

テフロン加工のフライパンを毎年買い換えると、年間のランニングコストは3千円弱。この鉄のフライパンを仮に十年使ったとしても600円ちょっと。どちらがランニングコストに優れているのか一目瞭然ですよね。

最初にチャーハンを作ってみましたが、油返しが上手く行かなかったのか、焦げ付いてしまいました。とは言っても、今まで使っていた、テフロン加工の剥がれたフライパンよりマシでしたが。

ダイソーで買ったステンレスのタワシでゴシゴシ洗ったら、1分ほどで簡単に焦げ付きが取れました。これはテフロン加工のフライパンでは出来ない技です。いくら乱暴に洗っても平気ですし、元の何も焦げ付いていない状態に完璧に戻りました。

次に肉を焼いたときは、少しコツが分かったのか、全くと言って良いほど焦げ付きませんでした。

油返しや火加減の調整には、確かにテフロン加工のフライパンより「コツ」がいるようです。

使えば使うほど油が馴染んで、焦げ付かなくなるのが、鉄のフライパンの特徴と言うことなので、これからも大事に使っていきたいと思います。

鉄のフライパンは手入れが面倒で、手入れが簡単なテフロン加工のフライパンに逃げていたのですが、思ったより手入れがずっと楽でした。これなら煩わしいと思って投げ出すこともなく、今後もずっと常用出来そうです。

私のように、今までテフロン加工のフライパンばかり使ってきて、これから鉄のフライパンに買い換えようと思っている方の参考になれば幸いです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]