Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約
カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.0 楽器とは程遠い、高価な「おもちゃ」&「おまつりグッズ」です, 2015/12/3
レビュー対象商品: MAXTONE 信号ラッパ 3つ巻 ゴールドラッカー仕上げ TB-3 (エレクトロニクス)
そもそも楽器としてのラッパ(ビューグル)が本来奏でていた、明るい「G調」が鳴りません。
ピアノでいう”ファ#”の音がラッパの”ド”として鳴る「F#調」で、かつ音階が安定せず、
”ド・ミ・ソ”ではなく”ド・ミ♭・ソ”といった和音の暗い「短調」で鳴ります。
しかも、ラッパの生産された年によって管の口径が広かったり狭かったりと”まばら”なために、
仮にチューニング管が壊れた場合、同じ年代に生産されたラッパの部品が売られている店を探さないといけません。
おそらく、生産されている工場(中国や台湾だと思われますが)に調律師がおらず、管の大きさや音程のテストもしないまま
ボコボコ出荷されているのだと思います。テスターがいないまま生産しているので、売られている管の口径や音程が一定しないのです。

マウスピースの形状が適当で、「トランペット型マウスピース」をはめているメーカーのラッパ(下倉、ヤマト、Jマイケル)に比べて
俄然音を鳴らしにくく、結果、唇を無理に押し当てて吹くクセが付いたり、高音が鳴らないと挫折する人が多くなるでしょう。
トランペット型マウスピースと互換性のあるラッパのほうが、ラッパを吹けるようになると、そのままトランペットも鳴らせるようになります。

マウスピースとラッパをつないでいるチェーンは弱く、すぐに切れてしまいます。赤糸はナイロン、赤房はプラスチック製で、
ものの1か月ですぐに赤糸はほどけだし、赤房の糸はバラバラと抜けていってしまいます。結局修理に出費がかかってしまいます。

たまに押し入れから取り出して発表会等で一回鳴らす程度の簡単な扱いなら、まずほどけたり切れたりすることはないでしょうが
3日3晩、雨晴を問わずラッパを握って鳴らし続ける浜松まつりには、こちらの赤糸、赤房、チェーンは
その激しい扱い&子供の乱雑な扱いには耐えられず、すぐ切れていってしまう「おもちゃ」のような耐久力です。

ヤマト社やJマイケルのラッパは「G#調」、下倉社のラッパは正規の「G調」、マックストーン社やホルスト社は「F#調」と
音程がバラバラなだけに、それらのラッパが一緒になって力任せに吹いていれば、当然ながらおまつりのラッパは不協和音でやかましく聞こえます。
他にもすみたや社やバルドン社などのラッパメーカーもありますが、「悪貨は良貨を駆逐する」とばかりに、現在一番世間に出回っている
玩具ラッパが「F#調」となってしまっているので、楽器の街とうたっている浜松のおまつりメーカー&楽器メーカーでありながら
不安定な「F#調」に音程を合わせて生産してしまっている始末です。これでは”浜松まつりはやかましい”と言われても仕方のないことです。
(はまおん社のラッパは種類によってG#調とG調で鳴るものがあります)

発売された年代によって音程がまちまち&和音になってくれないという、楽器とは程遠い単なる”鳴り物”的な道具で
「とにかく音さえ鳴れば良い」と力任せに音を鳴らし続けているのは、街やまつりのイメージを崩しかねません。
キーの高いラッパはチューニング管を抜けばある程度音程を下げることができます。しかし最初からキーの低いラッパでは
キーを高めることはできません。せめてF#調で鳴るラッパメーカーは、現在の世界基準である「G調」に調律を合わせるべきです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい

いいえ

まだこのカスタマーレビューに対するコメントはありません。今すぐどうぞ。

[コメントを追加する]
コメントを投稿する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
Amazon は、この名前をレビューやディスカッション投稿など、あなたの全提出物と共に表示します。 (詳細はこちら)
名前:
バッジ:
このバッジがあなたに割り当てられ、あなたの名前と共に表示されます。
There was an error. Please try again.
完全なガイドラインについては">ここをご覧ください。

公式コメント

この製品の代表として、このレビューに公式コメントを1つ投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
以下の名前およびバッジがこのコメントと共に表示されます:
[投稿] ボタンをクリックした後、あなたのすべての投稿とともに表示される公開名を作成するように求められます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。  詳細はこちら
あるいは、このレビューに普通のコメントを投稿することができます。

これはあなたの製品ですか?

あなたがこの製品の著者、アーティスト、メーカー、または正式な代表者であれば、このレビューに公式コメントを投稿することができます。これは、レビューが表示されているところのすぐ下に表示されます。   詳細はこちら
 
システムはタイムアウトしました

あなたが製品の代表者かどうかを確認することができませんでした。後でもう一度試してください。または、今すぐ試行してください。あるいは、普通のコメントを投稿することができます。

あなたは以前に公式コメントを投稿しているので、このコメントは以下のコメントセクションに表示されます。公式コメントを編集するオプションもあります。   詳細はこちら
公式コメントの最大数が投稿されました。このコメントは下のコメントセクションに表示されます。   詳細はこちら
サインインが必要です
  [キャンセル]