Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Kindle Prime Music マリン・ビーチストア Amazon_meets_LAST

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.9
433
5つ星のうち2.9
パターン名(種類): Amazon特典無|変更
価格:¥6,300+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年4月18日
100時間程度プレイしてからの感想です。
荒廃したNYの景色は圧巻でストーリーも頑張ればソロでもクリアできるレベルでサクサク進めます。
メインクエストの他のプレイヤーとの協力はお互いフォローし合い楽しいです。

対人要素のあるエリア:DZ(ダークゾーン)は手に入れたアイテムを特定のエリアで回収しないと装備できない仕様なのですが
当初はみんなで回収ヘリを待つ間和気あいあいとふざけれるほどのどかでした。
たまにプレイヤーをキルしたローグプレイヤーは自然と協力し排除していました。

がしかし

アップデートが行われローグプレイヤーのデメリットが緩和されたとたんダークゾーンはある意味で本当のダークゾーンに
変わりました。
まず、高レベル高装備プレイヤーが3人~4人でチームを組み中堅・低レベルプレイヤー狩りが始まりました。
これまた高レベルプレイヤーには中堅・低レベルプレイヤーが束になろうがほとんどダメージを与えられず瞬殺されます。
おまけにDZで死んだ場合、経験値が減る(経験値が下がり続ければLVが下がる)・取得したアイテム・DZ専用マネーは盗られるといった
デメリットがあり下手すればDZのLVがほとんど上げれない、強い装備は手に入らない状況になります。
DZ以外つまりCOOPやデイリーミッションである程度強い装備を手に入れれますが、最近は装備がしょぼいとキックされるようになりました。
今では高レベルプレイヤーローグが大量に徘徊し自分より弱いプレイヤーを無差別に殺し回っている状況です。
はっきり言って今から始める方は覚悟してやったほうがいいですね・・・
私もフレンドとなるべく他のプレイヤーを助けたりしていますし、良心的なプレイヤーをいるにはいるんですが・・・
個人的感情が多くなってしまいましたがそういったことも含めて評価は☆2とさせていただきます
3コメント3件| 171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月4日
このゲームをプレイして80時間を超えたくらいの評価になります。

ストーリーミッションも全てこなし、これに関しては
オフラインでも全く問題なく楽しめてクリアも出来ました。
もちろんフレンドさんと共闘してプレイすることも可能。
但しフレンドさんとレベルが違いすぎると
敵のレベルはパーティの平均で決められてしまうので
例えばフレンドさんの方がレベルが高すぎると
今の自分には辛い敵が出現してしまうので
近いレベルでないとストーリーに関しては厳しい部分もある。

あとレベル30までは順調にあがり
30になってからは今まで受けたストーリーを
難易度ハードで挑んだりもできるのだが
これも自分が30になる頃には
さほどハードの敵も苦労しなくなるので
ソロでもプレイ可能です。
もちろんマッチメイキングシステムもちゃんとあるので
共闘も可能です。

しかし私は今回タイトルにも書かせてもらった
良い部分と悪い部分に関しての話ですが
それはダークゾーン(以下DZ)に関することです。
やはりローグパーティによる嫌がらせプレイです。
発売当初はローグになっても倒されてしまった時の
デメリットが大きすぎてローグになりにくくて
今よりはローグがいなかったのですが
アップデートにより、ローグになった際のデメリットが
かなり緩和されて、今ではレベル30で入る
DZではプレイヤーを見ればほぼローグの
恐れがあると言っても過言ではないくらい出没しています。
しかしこれもこのゲームの特徴なので仕方ないとしても
あまりにローグの質が悪い。
DZの入り口付近や隠し部屋から出てきたプレイヤーを待ち伏せして倒す。
相手はだいたい4人パーティでローグしていることが多いので
倒された相手の近くで侮辱とも取れるジェスチャーをする。
あとは苦労して武器を探しにDZへ入ってきても
回収エリアで待ち伏せローグパーティに倒されてそれもしにくい。
根本的に何故こんな嫌がらせプレイをメーカーは推奨するのか意味が分からない。
PVPと言っているがローグシステム自体が
嫌がらせプレイがほとんどなのが実態だと思う。
BFのようにチームに別れてお互い戦う気が満々の状態で
ぶつかり合うことをPVPというなら分かるが
ディビジョンのDZに関しては不愉快に感じるPVPがほとんどである。
アップデートでローグに関するデメリットを減らしたようだが
ここまで緩和するなら一旦ローグになった人は
しばらくはローグアイコンは消えないくらいの措置はしてほしい。
現状ではすぐにローグ状態が消えてしまうので
適当にローグとして暴れてもすぐに一般人に紛れられるので
悪いこともし放題。
メーカーとしても最初の頃はローグになる人があまりに少なくて
焦ってこのようなアプデで対策したのかもしれないが
ローグだけが圧倒的に有利になる状況を作りすぎている気がする。
あのGTA5というゲームでさえ、街中で暴れて好き放題するプレイヤーには
マップ上でこの人は要注意人物という表示が常時されるようになる。
オープンワールドで暴れて悪役プレイに走るということは
それだけのリスクを背負ってもらわなければ対等なプレイは出来ない。
DZは殺伐とした雰囲気を味わってほしいという意図は分かるが
ローグになったものだけが得をするというシステムにするなら
それ相応のリスクもきちんと用意するべきである。
5コメント5件| 228人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
購入を迷っている人たちの参考になればと思い、私が体験してきたことの一部をここに記そうと思う。

グラフィックが素晴らしくリアリティに溢れていて、且つ簡単な操作性でとても遊びやすく
開始からクリアするまでの30時間程まで、私はこのゲームの虜になっていた。

やる事といえば単純で、少し雪の積もるニューヨークを歩き回って銃をぶっ放すだけなのだが
拾った装備の取捨選択に悩んだり、強い装備を拾ったりした時の喜び等
ハック&スラッシュ独特の楽しみが病みつきにさせた。
雪の表現も細かく作られており、時間の移り変わりや天候の良し悪しだけでも町が表情を変え
本当にニューヨークにでもいるかのような感覚に浸ることが出来た。
ストーリーも分かりやすく、内容が複雑すぎて数日プレイ出来なかったら何の話か分からなくなるということもなく、私には丁度良かった。

しかし、レベルも30に達し、全てのミッションをクリアした後、唐突に空虚感が私を襲った。
飽きたのだ。
というのも、クリア後は町を歩いていてもイベントいうものに遭遇しない。
あるのはダークゾーン(以下DZ)とデイリーとメインミッションのリプレイだけ。
つまりDZとデイリーとリプレイ以外にやることがないのだ。
雰囲気ゲーを嗜む私にも、何も起こらないと分かっている町を歩き続けられる訳もなく
それまで敬遠していたDZに入ってみることにした。

DZは対人エリアで、そのエリアに侵入すると勝手に他のプレイヤーとマッチングされる。
敵NPCは勿論、時にはプレイヤー同士の殺し合いも起きる危険な場所だ。
無知で装備品も貧弱で対人が苦手な私は、そこではサンドバッグという献身的な役割を与えられ
ローグと呼ばれるプレイヤー殺しの養分になることを義務付けられた。
徒党を組んだローグ集団に抵抗する間もなく狩られていく様は
イナゴの大群に食い荒らされる作物の様だった。
自身のプレイスタイルと合わなそうだと判断し、早々にDZの存在を忘れることにした。

次にデイリーノルマの一つであるチャレンジに挑戦してみた。
チャレンジはメインミッションのリプレイにあるモードの一つで、ハードの上にある高難易度ミッションだ。
報酬もハードよりよく、最上級装備品や多くのフェニックスクレジット(以下fc)が貰える。
fcを貯めると最上級の装備品やその設計図を購入することが出来る。
これはやらねばなるまいと、マッチング前に事前調査するべくソロで挑んではみたものの
開始数秒でミンチにされた。

最初は死亡原因すら分からなかった。
何回か死んでいると、遠くから放たれたショットガンの弾に当たって死んでいるらしいということが分かった。
ショットガンで狙撃されるという新鮮な体験をした私は、早々にチャレンジの存在を忘れることにした。

そういう訳でデイリーハードをクリアしつつリプレイを繰り返していたのだが、唐突に虚脱感に見舞われた。
飽きたのだ。
というのも、メインミッションリプレイのハードモードで拾えるアイテムは大体ゴミで
このゴミをせっせと拾い集め分解、素材にし、fcで購入した設計図で最上級装備を作るという
リサイクル式ハック&スラッシュが私を待っていたからだ。
ドロップされるアイテムに何の期待も持てないという、今作で潰えることを願わんばかりのリサイクル作業は、徐々に私からモチベーションを奪っていった。

それでも初めて最上級装備を制作した時は嬉しかった。
リサイクル職員になって少しずつ最上級装備を増やし、懲りずにソロチャレンジでミンチになる日々でも進歩は感じられた。
fc欲しさにデイリーチャレンジのマッチングにも、申し訳ない気持ちで
さながらバグの様に紛れ込んだりもした。
だがある日、デイリーが更新されなくなった。

このゲームには数多くのバグが存在し、プレイヤーにとって大きな障害の一つだ。
床に埋まる、床がなくなって落下し続ける、壁に埋まる、ドアが開かずにミッションが進まない、敵がわかない
弾が出ない、リロードが出来ない、動けなくなって死ぬ、敵も動けなくなって死ぬ、時間が飛んで死ぬ、敵が目の前に飛んできて死ぬ等のバグは日常茶飯事で、何かしらのバグに毎度遭遇することになる。
上に挙げたのは私が体験したものの一部だ。
しかし、こういったバグでもログインし直せば再びプレイすることが出来たが、デイリーが更新されないというバグはそれに当てはまらなかった。
モチベーションがどころか、デイリーまでも奪われてしまった私は途方に暮れるしかなかった。

何日もデイリー報酬を受け取ることが出来ない状況は、DZやソロチャレンジを断念した私のような雑魚プレイヤーにとって致命的だった。
「デイリーだし雑魚がいても仕方がない」と自分に言い聞かせデイリーチャレンジに紛れ込み、クリアまで付き合ってくれた他プレイヤーさん達に甘えてきた罰だとでもいうのだろうか。

それでもボスから得られる雀の涙程のfcを少しずつ貯めていたが、唐突に虚無感に苛まれた。
そう、飽きたのだ。
ずっと国連総会会議場ハードをリプレイし続ける日々は雰囲気ゲーの良さが微塵もなく、ハクスラの良さすら感じることの出来ない状況の中での停滞感は、私のモチベーションを跡形もなく吹き飛ばすには十分だった。
そして私は次のアップデートまで少し休止することにした。

2016/4/12のアップデートで色々追加や変更があった。
ギアスコアというシステムが導入された。
自分の装備の数値が、ミッション毎に決められた数値以上ならば適正であるといった具合だ。

デイリーもちゃんと更新されるようになっていた。
私を悩ませ続けたバグが直っていることに気をよくし、意気揚々と今回のアップデートの目玉である新ミッション、ファルコンロストに行くことにした。
私のギアスコアも160ちょっとと表記の最低限はクリアしていたので、入っても問題ないかなと軽い気持ちで行ったのが間違いだった。
キックされ続けるのだ。

最初は私の装備が弱いせいなのかと思い、何も調べずプレイしていた私は今更ながらにネットで情報を集めることにし、何か必要なものがあるのかと調べていく中で、ある単語が目についた。
「グリッチ」
見慣れないこの単語はアップデートで追加された新要素なのかと調べていき分かった事は、バグを利用し不正にアイテムを入手する方法だった。
壁をすり抜け道中の敵等を無視してボスだけを倒し、ボスが落とすアイテムを効率よく入手するこの方法は、当たり前のように浸透していた。
動画サイトにも詳細が分かるものが数多く投稿されており、生配信でも行われていた。
(以下このグリッチ利用者のことを便宜的に「グリッチャー」と呼ぶこととする。)

アップデートで追加されたファルコンロストでもこのグリッチが蔓延しているようで
グリッチを理解していない、又は利用しないプレイヤーはいらないと言わんばかりにキックされた。

見ていると壁を抜けるのも中々大変そうで、何度も壁に向かって行ったり来たりを繰り返していた。
そしてせっかく成功したとおもったら、普通に進んで戦闘フラグをおっ立てる奴がいるのだ。そう、私である。
グリッチャーからしたらいい迷惑だったのだろう。せっかくの努力が水の泡なのだから。

この方向性を大きく違えた努力が蔓延っているのは、ファルコンロスト以前からも存在していたグリッチャー達にUBIの運営が何の処罰も与えなかったことだろう。
一般的にオンラインゲームではこういったバグの不正利用は厳しく罰せられ、不正に得た物の没収は当たり前で
その他に一定期間のアカウント停止、又は永久的にアカウント停止等の処分が下される。
しかしDivisionでは何の処分もない。これではやったもの勝ちだと、こぞってグリッチに走ってしまうのも頷ける。
ただのcoopゲームであればここまで酷いことにはならなかったかもしれないが、このゲームにはDZという強制対人エリアがあるため、真面目にプレイすればする程グリッチャー達との装備差が広がり、私の様に一方的に殺されることになる。真面目にプレイするのが馬鹿らしくなるのだろう。
それでも、あくまで良識に従ってプレイするのか、それともグリッチャーとなり果てるのか。
ただし良識ある者に見返りはなく、ただグリッチャーの餌としての役割を強制させられる。
まるでこのゲームの存在自体がダークゾーンの様である。

ストーリー終盤の問いかけを彷彿とさせる様相の中で、私は一人ISACを置いて去ることにした。
私の戦いは終わったが、グリッチャー達の戦いはこれからもずっと続くのだろう。
今も残る良識あるプレイヤー達が報われることを願ってやまない。

最後にこの言葉で締めたい。
「シーズンパス買わなくてよかった。」

※ISAC:エージェントが身に着けている喋る腕時計。ナビとかしてくれる頼れる奴だよ。
4コメント4件| 263人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年6月30日
プレイヤー狩りや初心者狩りは確かに多いです。
酷い奴だと最初チームに初心者を入れた後でレアアイテムが出ると突然離脱して襲ってくるパターンでした。
その後はちょっとした人間不信になりダークゾーンでは常にソロプレイで人を見ると逃げています。
慣れてくるとそういう悪質なPK連中から上手に逃げ回りながら隙あらば出し抜いたりする楽しさがあります。
このゲームを楽しむにはそう言う思考の切り替えをするか、自分も暗黒面に落ちるかだと思います。

レビューにはソロだと厳しいとの評が目立ちますが、幾つかのセオリーを掴めばソロでも十分遊べます。
確かに腹の立つ出来事には事欠かないのですが、ゲーム自体はすこぶる面白いので毎日遊んでます。
自分は完全ソロでDZレベル63まで行きました、装備スコア222で34レベルエリアでもソロでランドマークを回れます。

ダークゾーンを生き残るコツ
■移動は常にハンドガン
ハンドガンを装備中は移動速度が最速になります。素早く移動する事は様々な場面で有用です。
特にPKはこちらを殺すために他の武器を装備して追跡してくるのでハンドガンを装備すれば確実に引き離せます。
逃げる時も真っすぐ逃げずに遮蔽物をスラロームしながら逃げるとよいです。
■アイテムよりもDZレベルが優先
ダークゾーンで一番最悪なのは、アイテムを奪われる事よりも経験値やレベルが下がることです。
DZレベルさえ上がればDZの店売りの設計図が購入可能になりそれなりの装備を揃えることが出来るからです。
アイテムにこだわらずコソコソ雑魚を狩り続けてレベルを地道に上げていくほうが、良いドロップを狙って無理をするよりも効率がいいです。
■ダークゾーンでは皆敵
ダークゾーンで出会うプレイヤーは一見フレンドリーに見えてもいきなり撃ってきたりするので信用しない
特にソロプレイヤーは小鹿以上の警戒心が必要です。自分以外は皆ローグだと思って行動しましょう
人気の多い近道を避けたり、たまには後ろを振り返って追跡されてないか確認するくらいの用心深さは必要です。
■回収はギリギリの15秒以内に
DZからアイテムを持ち帰るには回収ゾーンでヘリの回収を待たないといけないのですが。
照明弾を打ち上げてからヘリが到着するまで1分 荷物を載せて飛び立つまで1分と計2分間待たないといけません
この2分間の間が最もローグに襲われやすい瞬間です。 回収中は他のプレイヤーにも回収中である事が表示されます。
よって荷物を奪われないために照明弾を打ち上げてからヘリが帰っていく1分45秒くらいはできるだけ離れた場所から観察し
安全を確認してから、奪おうとしても奪われないギリギリのタイミングでヘリに荷物を載せることを推奨します。
また、回収するつもりがない場所でわざと照明弾を打ち上げて、欲深なローグ達をおちょくったりするのもとても楽しいです。
■回収地点のモブを利用して索敵
ローグが待ち伏せしてるかどうかはモブで確認することもできます。
回収地点のモブをあえて倒さずに放置しておくことで他のプレイヤーが接近すると
彼らが攻撃したりそれに対してプレイヤーがスキルを使用する独特の音なので存在を確認できます。
■サバイバーリンクを活用する
ソロでDZを生き抜くうえで重要なスキルです。一時的に防御力と移動速度を劇的にアップします。
危険な敵から逃げる時、貴重品をごり押しで奪い取る時、敵の真っただ中でヘリに荷物を載せる時などに活用できます。
■追尾マイン(炎上)
隠れている敵を強制的に立たせたり、大勢の敵の動きを止めたりととにかく応用力の高いスキルです。
PKプレイヤーは粘着爆弾を使いますが、私はローグをやらないソロプレイヤーなので追尾マインを使います。
■此方から攻撃できて、モブからは攻撃ができない角度がある
武器にスコープを装着して、カバーアクションをせずに、普通に構えて角からギリギリ狙える角度が存在します。
スコープでのぞきながら撃てばどんな強敵だろうが此方からだけ一方的に攻撃できます。
これを知ってるかどうかでソロできるか出来ないかが劇的に変わります。よってカバーアクションはソロだと基本罠です。

■総評
ゲームは文句なく面白いです、強力な装備を求めて延々とダークゾーンにこもっていると一匹の獣になった気がします。
怖いだけだったローグプレイヤーも今ではちょっとしたスパイス程度の存在です。最近はアイテムを奪われることも殆どありません
ソロだと厳しいとの評が多いのですが、むしろソロでコツコツプレイするのが好きな人に超おすすめしたいです。
0コメント| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月31日
ストーリー・ミッション・回収品などは一通り終わらせました。
UBIさんのゲームをプレイするのはウォッチドッグス以来でしたが、一気に最後までプレイ出来ました。
ストーリーやミッションは一通りクリアするまでは基本的にソロプレイに特に困る点は無く、むしろオンライン必須の必要性をまるで感じませんでした。
クリア後のデイリーミッションは、難度ハードはソロでもクリア出来るので一人でもコツコツとフェニックス通貨を貯める事は出来ます。
あとクリア後のメインコンテンツと思われるPVPが可能なダークゾーンですが、ここで拾ったアイテムは特定の場所で回収ヘリに一旦回収してもらわないと取得出来ない仕組みになっています。ここで問題になるのがダークゾーンにも難度別にエリアが区切られているのですが、明らかに高ランクの装備に身を固めた4人組のパーティーが低ランクのエリアで弱者狩りをしている状況が度々発生します。この状況になってしまうとダークゾーン入門したての装備のプレイヤーでは抵抗しても敵うわけも無く一切アイテム回収が出来なくなってしまいます。PVP行為自体にそれでなくては得れないメリットや報酬が無いので弱者狩りパーティーを討伐する自警団のようなパーティーなどいるわけも無くこの状況になってしまったら、弱者狩りパーティーのみなさんが飽きていなくなるまでダークゾーンに近づかない方が良いと思われます。
ただアイテム回収は出来なくともNPCの敵を倒せばダークゾーン経験値は貰えるので全く無意味では無いのかもしれません。
このゲームのPVPは現状メリットが少なくただの嫌がらせ行為の域を出てないので、その辺に調整が入ると良いのかなと思います。
まぁそれでPVPが活発になるとソロプレイヤーは肩身が狭くなりますが。

追記:ダークゾーンの入り口や隠し部屋の出口でエリアチェンジして出てきた瞬間の抵抗できない人を複数人で瞬殺し続ける日本人パーティーに遭遇しました。延々とそのパーティーの方々が他のプレイヤーを殺害し続けるログが表示されるという・・・このゲームもう駄目かもしれない。
1コメント1件| 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月9日
バグ多すぎ。
技術棟が開放されないバグを喰らってますが、もう発売から二ヶ月経ちますが、修正する気は無いようです。
やり直せの一点張り→調査が必要とバグの多さに苦しいコメントをしてますが、ほとぼりが覚めるまで誤魔化して乗り切ろうとしてる感がありありです。UBIソフトは人をナメてるとしか言いようがありません。
UBIのゲームは二度買いませんし、皆が買わないように布教していきたいと思います。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月7日
発売日から1ヶ月ほど前までプレイして、レベル•ランクともにカンストしました。
最近ふと思い出したので、これから購入する方へのアドバイスも含めてレビューします。

まず、多くの方が気になると思うプレイ人口ですが一ヶ月前と比べると今はかなり減っています。
このゲーム内で知り合ったフレンドや、別のゲームで知り合ったフレンドなど含め、ディビジョンをやっているフレンドが計70名ほどいましたが先日から確認したところログインしているのは10数名ほどでした。
他の方はダクソやcodやってまいましたw
一応ミッションや、dzでマッチングする分には問題ありませんがこれから人口はどんどん減ってくと思われます。
何かubi大きな改善をしてくれれば人も戻ってくるかもしれませんが...
まあ、掲示板などではまだフレンド募集がありますが以前ほどの活気は感じられませんでした。
プレイ人口は減りましたが、プレイに支障がでることはないかと。

次にゲームの中身について。
このゲームは荒廃したnyでエージェントが...
というゲームです。
マップもそこそこ広いですし、(最初)のうちは探索とかしてワクワクしました。
まあ最初だけで、ある程度やるとすぐ飽きてきました。
マップは、通常エリアとダークゾーンに分かれており後者ではpvpができます。
マップの面積はdz以外の方が広いですが、はっきり言ってdz以外ですることないです。
↑はある程度ゲームを進めれば..の話ですが。
ミッションは一度クリアすればファストトラベルできるので徒歩で行く必要なし、
武器や装備のパーツも拾えますが、それはdzやミッションで十分とれる、
あと、初めのうちはサブミッションクリアしたければ少し歩かないといけませんが最初だけです。
正直サブミッションやエンカウントは、施設などが整えれば行く意味なくなります...
なので、広大なマップはあるけどすることないのであんまり意味ない...って感じです。
ダークゾーンでは、良い武器や装備がとれるので行く意味はあります。と言うより、後半はダークゾーンしかすることないです。

そして唯一の楽しみのダークゾーンでさえ、グリッチで身を固めた猛者たちが蹂躙しています。
まあ、階層が分けられているので初心者が猛者と遭遇することはありませんが、ある程度やれば(...というかすぐに)猛者のいるダークゾーンへ送られます。
まったりプレイしたい!とか、強くならなくていいよ!って方は大丈夫かと思いますが、今から初めて強くなりたい!って方は相当きつい...というか今の人たちに追いつくのは不可能かと。
体感で半数以上の方がいろいろなグリッチを使って装備を厳選しています、しかしそのぐリッチも今や修正されているので、初心者はコツコツやらなければいけません。
しかし、この道がとてつもなく辛い、というか追いつくのは絶対無理!!だと思います。
1日中ゲームできます!って方にはそう言いきれませんが。
とにかく、今から始める方には相当きつい道が待っています。

最後に、というより一番大切かもしれませんがこのゲームはとにかくバグが多いです。
しょっちゅうバグ、グリッチ、そんなのばっかりです!
の割には修正遅いし、修正されても新しいグリッチ見つかるし...
真面目にコツコツプレイしたい方にはおすすめしません。真面目にやってるのが馬鹿に思えてきますよ。
例えば、ミッションでグリッチを使わない人が来れば蹴る...といった風習も少し前はありましたし。
いろいろゲームやってきましたが、ここまで酷いのははじめてです。
ダークゾーンで暴れてるのは、装備固めたグリッチャーが多いですからね。もちろん、真面目にやってる方もいるかもしれませんが少数でしょうね。
というより、そういった方は見切りをつけて辞めているでしょう。

長々となりましたが、こんな感じです。
人はかなり減りました。
グリッチャーか、かなりやり込んでる人がdzを蹂躙してます。
(皆が襲ってくる訳ではないですよ!友好的な方もいます。)
とにかくバグが多くて、修正も遅い←一番重要
コンテンツ少なすぎてすぐに飽きる
今から初めて最強を目指す方...がんばってください、難しいと思いますよ
シーズンパスはオススメしないです、後悔しても返金はできないので、少し様子見でプレイしてから買ったほうがいいかと
↑自分はすっっごく後悔してます

とにかくこれからディビジョン始める方には全くおすすめしません。
...というかやめた方が...
コンテンツ少なすぎてすぐ飽きますよ、destinyより飽きるかも。
ゲームを楽しいと感じるのは序盤だけ、それ以降は単なる作業の繰り返し。
それをやっていてもグリッチやった人には勝てない...そんな不平等な世界です。

↑を見ても買いたい方はどうぞ。
でもシーズンパスはある程度やってからの方がいいです絶対!
後で後悔するかもしれません。

それとプレイヤーは減少していくと思いますので、そーゆーのは気にならない方はどうぞ。
0コメント| 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月1日
クソゲーです。敵の種類も少ない、やること同じなので中盤からマンネリ。それならと思いダークゾーンに入ってドンパチやってれば、一時間で三度のフリーズ。障害物にめりこむバグで強制死亡多発、敵の謎の無敵状態からのタコ殴り等。画質もそこまで綺麗ではないし、入れる建物も少ないので敵との戦闘も路上がほとんど。そして、飽きようがクソゲーであろうが売れないという、このゲーム。3000円くらいに値下がりしてから、買うことをオススメします。
0コメント| 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月27日
*4月18日 プレイ時間、200時間を越えた私の個人的感想を述べさせてください。

追記分 4月18日時点 <あくまでも個人的な感想です>

①下記で述べております、数々のバグ、ラグは今もなお修正されておりません。週末はサーバー混雑の為、敵と交戦中の銃が撃てない、スキルが発動しない、敵の瞬間移動、突然死はほぼ100%起こっています。もはや言葉が出ないほどのストレスと問題の連発です。

②ローグについてですが、4月12日の無料アップデートにより高レベル装備のローググループからの執拗なPKは若干の改善が見られました、というのも装備品にはスコア(このスコアが高ければ高いほど基本的には強い装備品)がついた為、そのスコアによってエリアを分けられたためです。そして下記でご説明致しますが《ファルコンロスト》と呼ばれる超高難易度ステージとそこで手に入るセット装備収集の為以前ほどダークゾーン(以後DZ)にはプレイヤーがおりません。

③ファルコンロストとグリッヂ(裏ワザ)についてです。
無料アップデートの目玉であります、新ステージ《ファルコンロスト》ですが兎に角、兎に角難しいの1言に尽きる難易度です。
その為ネットではグリッヂなどの裏ワザが発見されており、比較的簡易なファルコンロストのクリアが可能であるため、マッチングで他のプレイヤーなどはボイスチャットやメッセージで「グリッヂ知ってるか?」と言われたり、勝手に自分のみでグリッヂを行われてしまいます。私もDZでローグにやられないためやりたいのが本音ですが、しっかりクリアした後にならという思いがありまだ試していませんが、このグリッヂは要するにバグを使ったものであり、はっきり言って落ち度はUBIの開発が未熟であり、落ち度は発見する人、グリッヂを行う人には無いと私は感じます、様々な意見はあるとは思いますが、初期からグループローグでマンハントをしている人も、こうしたグリッヂをされる方もしっかりとこのバグとラグと不秩序や不条理が横行する「ディビジョン」を楽しもうとしているのです。
しかしUBIはこうした抜け穴の対処のみは迅速に対応します。そしてグリッヂを行ったプレイヤーへの罰も検討しているようです。

もうはっきりと言います。「ふざけるなと」。どこまで楽しみにしていた購入者の気持ちを踏みにじるんだと。

このソフトは店頭やアマゾンで現在5000円から7000円前後します、そして月500円前後のプレイステーションのネット環境のも必須です。蓋を開ければバグやラグ、ローグを推奨するような仕様に、簡単に他プレイヤーを貶められ、騙し騙されの本当に無秩序な世界を提供しておいて、バグ利用のグリッヂには罰を?寝言は寝て言えと言いたい。グリッヂ対策するなら週末しかプレイできない人々の為にサーバーを増やし、根本的に下記や上記に書いたバグ自体を早急に改善していけ、話はそれからだ。

最後ですが、他の方々もレビューで散々書かれておりますが、今から始める方はそれなりの覚悟を持つことを強く強くお勧めします。
そして、この値段にははっきりと見合う商品では無いと個人的感想を言わせて頂きます。
★1の評価が★5の評価と拮抗しているソフトだということをまず考えてみてください。
中には本当にちゃんとしたフレンドリーなディビジョンエージェントもおられます。友達と楽しむにもいいかもしれません。
しかし、もっと安くなり、サーバーが安定するくらいの人数になる頃までは他のFALLOUT4やダクソ、アンチャなどを推奨致します。
追記はここまでです↑

こんな所に書くのも憚られますが、ゲームのレビューなどほぼした事がない私がどーしても言いたい事が山程ございます。

まず初めに、多くのレビューで書かれておりますが、兎に角バグが多過ぎます。
溝にハマる、アイテムが取れない、ミッションが始まらないは100歩譲って断腸の思いで仕方ないとしても【本当は許されません】、敵にダメージ与えられない、スキル発動しないってのはもはやこのソフトは購入者にストレスを与える為に開発されたのでしょうかと疑問が起こります。
まあそれは技術面での問題です。毎週メンテナンスがあるのですから、エリア拡大などしていないで早く修正よろしくお願い致します。

第2に、何故そんなに個人プレイヤー等に過酷な設定なのでしょうか?
ローグプレイを否定するつもりはありません、それもこのソフトの楽しみなのでしょう。
しかし、折角ダークゾーンで何時間もかけ敵を必死に倒しつつ獲得した宝をほんの数秒で高レベルのローグプレイヤーに奪われなければならないのでしょうか?
先程までパーティーを組んでいだプレイヤーからの回収寸前での裏切り、マンハントグループによるソロプレイヤーへのローグプレイ、最早【イジメプレイ】です。
ダークゾーンに限らず、チャレンジレベルのミッション中最後の最後でグループから外されたり、あまりにソロプレイヤーには辛すぎる設定の数々、地道に楽しみながらプレイしていましたが、ゲームと呼べるものではなくなるほどのストレスです。ストレスを発散さたり、楽しい気持ちにさせるのがゲームではないでしょうか?
確かに私はあまりオンラインプレイは好きではありません、それはゲームは個人で楽しむ事の出来る遊びだったからです。ディビジョンをプレイするためだけにプレイステイションのネット環境を整えました。
人を騙したり、裏切ったり、わざとローグにしたり、最後の最後でグループからはずしたり、集団で個人を嬲ったりという事がこのディビジョンでは日々行なわれています。
賛否両論あるとは思いますが、色んな方の言うように、PVPにオンオフをつけたり、チャレンジレベルのソロプレイを可能にしたり、バグの修正、どうかどうか今後もディビジョンを楽しくプレイする為によろしくお願い致します。
下手で内気なソロプレイヤーの切実なお願いです。
1コメント1件| 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月15日
一人である程度やるのは良い。思った以上にマップが狭く感じるけど
発売当初は同レベルの人と苦戦して死にながらもクリアしていました
しかし今はレベルの低い人がおらず、まず最初のうちでしたら同レベルの人は見付からないでしょう

ダークゾーンで昨日パーティと思われる複数人にボッコボコにされました
サブマシンガンのマガジン1つ分撃ったってハンドガンのマガジン二つ分頭に撃ち込みまくったって死なない人達に
こりゃ酷いと思いましたね

とはいってもゲームは中々面白いと思うよ
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥14,000
¥3,908