Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
103
5つ星のうち4.2
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年6月20日
私的に映画「スチームボーイ」を思い起こす、彩度を抑えたアンティーク風のイヤホン。二つのダイナミックドライバが見える、スケルトン素材が粋です。

音質は、機械的な見た目から硬い音かなと思いきや、意外にも生っぽい音でした。
特に低音が艶やかで美しいです。高音域も澄んでいて、弦楽器の歪みなど、命が込もったように聴こえました。

相性の良いジャンルは、響きや含み、篭りなどの音場を感じる音楽でしょうか。

John Mayerなどのアコースティック要素の強いアーティストや、Jennifer Lopezの初期のR&Bのアルバムなど、とても落ち着いて聴いていられます。90年台後半のロックも迫力がありました。

楽器ではピアノ、アコギなどの弦楽器、クラリネットが聴き応えがあります。
空間や響きの少ない、あるいは無いジャンルは苦手のように感じました。

低音の量は多いですが、高音域も綺麗に鳴らしてくれるので、バランスは取れています。
エージングは必要で、20時間以上鳴らしたところ、自然な音色に変わってきたと感じました。

非常にバランスの良いイヤホンですが、低音域が好きな方、アコースティック系のジャンルをよく聴く方に、特におすすめです!

(写真はJVCのスパイラルドットイヤーピースに付け替えたものになります)
review image
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
私は高級イヤホンを使ったことがありません。ツインドライバ?なんじゃそれ?といった人間です。マニアの方はこのレビュースルーして下さい。
今までは、WMやiPhone付属品で満足しており、壊れてしまった為、PanasonicのHJE150(700円程)を購入し、これで充分!聴ければいいや!と思っていたのですが、ふと、ここのレビューを拝見し興味が湧いてしまい、4千円捨てるつもりで半信半疑で購入しました。

結果、買って正解!でした。

HJE150もあの値段では良い音ですが、比べると、音域が圧倒的に広がり、音の分離が全然違うし、聴こえなかった音が本当に聴こえるし、笑ってしまう程、別格です。中域が控えめなせいか、聴き疲れまったく無し。耳から外したくなくなりますw全体的にバランスが良く、いい意味で上品というか、ピアノ、バイオリンは、「はっ」とさせられるし、ドラムがうるさく無く、バスドラが美しく聴こえるのには驚きました。ライヴ盤は聴くのが楽しくなりました。
良い買い物が出来ました~。

追記:SONYのEX450も値段が近く、気になってしまい、V1と似た様な音質かな?音が良ければいいな~と思い購入。200時間エージングしました。低音はやはりSONYの方が出てます。しかし、妙に造られた音質で音の響きが美しく無いです。ロック等ノリノリで聞くにはEX450が良いですが。
原音を再現出来て美しい音を鳴らせるのはV1の方だと思いますが、高音に歪みがあります(LIBERAのカッチーニのアヴェマリアを聞くと高音が歪みます)。EX450は歪みませんが、ボーカルが前に出て来ません。音源によって使い分けようと思います。

追追記:双方使い込んでいると、「解像度」はSONYよりV1の方が断然良い事が分かりました。
一つ一つの音の分離ってイヤホンでは大事な事だと個人的には思います。ン万円出せば解像度やバランス等も良いイヤホンがあるのだとは思いますが、私の耳ではV1で十分気持ちいいので、普段使いはV1で決定です。
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月18日
初めて聞いた時は音が前に出てくる、今までのイヤホンには無かった音の出方に
これが2ドライブの特徴かと感動しました。が、じっくり時間を掛けて聞いていくうち
に物足りなさを感じます。音が前に出てくるのは良いのですがすべての音が前に
出ようとするため音のバランスが崩れているような。
好みの問題もあるでしょうが自分でしたら同価格帯のEHP-CH1000GDの方を
お奨めします。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月24日
私はamazonで購入したがこの商品海外の通販サイトではだいたい日本円にして2000〜3000円で販売されている。価格に騙されて欲しくないので一応書いておく。
イヤホンに関しては特にこれが良いと行った特徴は無いが悪くも無い。中国のメーカーなので不安ではあったが今のところ全く問題ない。ボックスも豪華で中国に対するイメージが変わった。3000円代のイヤホンとして価格相応である。耐久性が良いならまたリピするかもしれない

【追記】⇦重要
このイヤホンを使用し続けて1ヶ月後の感想だが初期の刺さったような音が完全に無くなりなめらかな音になった。この商品は2週間以上使用してその真価を発揮する。聴き疲れもしないしこれは4000円でも買いの商品だと思ったので感想追記。
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月24日
携帯のイヤホンが壊れなので、皆さんのレビューを参考に購入。
最初、高音、低音が籠ったような印象でしたが、40時間ほどエージングでほぐれてきました。
ボリュームを上げても、聴き疲れしないような感じです。
今まで使っていた、もっと安価なイヤホンより奥行きが感じられ、音質も気に入っています。
コアなユーザーではない、素人の自分には十分な製品だと感じています。

音質以外の部分ですが、
LRの表示がなく不安でしたが、突起を頼りに手探りでも
装着できるので、むしろ気が利いていると思います。

コードは硬めのスケルトン素材で中の線のスパイラルが見えます。
デザイン的には嫌いではありません。
ただ、今まで使っていたのが、柔らか目で絡みにくいというのがウリの商品でしたので、
それに比べると、収納時についた癖が取れにくく、その点はNG。

イヤーピースは、スペアで6セットついていますが、
私には今一つフィット感が得られない感じでした。
1セットフォームチップ(低反発ウレタンのもの)がついていたので、それを使っています。
耳の形状は人それぞれなので、この製品が劣っているというわけでなないと思います。

全体のデザインは、好みが分かれるところだと思いますが、個人的には好きです。
随所に使われている金色がチープに感じる人もいると思いますが、
使用しているガラケーと色目が似ているので、その点も気に入っています。

外箱は、無駄に高価な感じの大きめの箱。
「イヤホン・ヘッドホン専門の通販ショップ」と日本語で書かれていますが、
取説は、中国語と英語のみ。
無駄といえば、参考価格14,000円って参考になっているんだろうか?
アマゾンより安く買えるところもあるようだし、単なるお得感の演出?

全体の評価としては、十分満足の域だと思っています。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月23日
購入動機
U ¥5000 の予算で気軽に外出時やベッドで聴く密閉型を物色中
レビューと価格、 2ドライバー構造に魅かれ半ば好奇心で購入。

デザイン・付属品
スケルトン樹脂の本体は軽くて耳への収まりも良く寝ながらもOK
グレー半透明つや消し被覆のケーブルは太目で当初引っ掛かり
折れグセ共に強めだが、使用するにつれ若干なじみが出てくる。
イヤーピースは多種付属するが、私は Lサイズを無理にねじ込まない
いつもの方法が今回も音質、装着感共にベスト・バランスだった。
付け替えにコツと力のいる穴径の小さい型 6個は
低音が詰まり気味になるだけで、無用の長物ではないかと思う。

音質
ジャズ、K-Pops、クラシックを iPod 直挿し及び TEAC HA-P50
ポタアン経由で聴いた印象。当初からシャリ付きや刺さり、硬さの無い
なめらかな音質でドライバーの能率も良く、太目のステム開口から
広い音場で厚い中域を奏でる。この音作りは薄くなりがちな直挿しの
弱点を巧みに補い、ジャンルやソースの録音状態を選ばず音楽を楽しく
ハイ・コスパで聴くことができ、広くお薦め出来る。一方モニター系の
高解像度、レスポンス、クリアーな低域、高域のきらびやかな伸びを
期待される方はより上位の別機種を検討されたほうが良さそうである。
0コメント| 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
有線タイプのカナル型イヤホンです。
まず、デザインがとても気に入りました。
シンプルながら一部スケルトンにより、内部機構が見えているのがオシャレです。
スタビライザなどは付いていませんがフィット感は抜群です。防水ではありませんのでご注意ください。
本体はかなり軽量です。持ち運び等非常に便利であると感じました。

音質についてですが、全体的に素晴らしいのではと思います。
Bluetoothと違い、無線による音の損失、遅延がありません。
全体的にバランスよく鳴らしてくれ、後ろに隠れているギター音やベース音の低域も綺麗に出してくれていました。
高域、中域もしっかりと出してくれている印象を受けました。
特に女性ボーカルなどの高音は非常に気持ちよく伸ばしてくれている印象を受けました。
ピアノの音がすごく透き通っていて、心地よかったです。
総評として、素晴らしい音質だと思います。形状がコンパクトなだけに良い意味で裏切られました。

パッケージの高級感にふさわしい音質をもったイヤホンです。
付属品にはイヤーピースとしっかりとしたポーチがあり、至れり尽くせりであると感じました。
音質など非常に充実しているイヤホンだと思いました。

サンプルレビュー
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月22日
2ドライブなのでアンプがしっかりしてないとボリューム不足になります
音質は中音域が主
低音も高音も得意では無い感じ
またケーブルとイヤホンの音の伝達が凄まじく何かにそっと触れるだけでタイコの様なボンボンと音が聞こえます
この辺は過去に無いくらい最悪な仕様
「Codio 高音質 カナル型 イヤホン 音場広い マイク付き 銅製ハウジング 重低音 MR012」の方がコードも鳴らないしグリップしない断線しにくいです

部屋でじっとして聴く分では、落ち着いて使えると思うのでそこは評価
動くと台無しです
リケーブルとオススメします
ここまで評価が高いのは買った人が他のイヤホン知らないからか企業努力(人件費的な)じゃないかなぁ
1コメント1件|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月2日
まず触れなければならないのは、音質で低評価をつけている人は勘違いしているか、マニュアルを読んでいない可能性が高い。
特に同価格帯の他社製品より劣るという評価は大いに疑問。

カナル型が初めてか否かにかかわらず、マニュアルは必ず読みましょう(中文、英語。日本語はありません)。
注意点は以下の通り。
1.エージング(Burn in)をメーカーが要求しており、具体的方法記載あり
2.イヤーチップの選び方、装着の仕方

エージングについては100-200時間、音量などの指示あり。
ホワイトノイズを入手して編集、自動化すると楽です。

イヤーチップはかなり音が変わるので「低音がぁ」というレビューはマニュアルを読んでいないのでしょう。
もう一つ重要なのは、シリコンチップでも「耳穴にねじ込んで数秒は指で押さえろ」という記載。
これをキチンと守らないと音質以前に、左右で音量が違うという困った事態になります。

ここからは上記マニュアルに従った前提での話。
定番と言われるイヤホンで1万円以下の物なら、こちらの方がバランスが良い。
とはいえ、全域用と中高音用の中間のイヤーチップが欲しいかも(ただし値段を思い出しましょう)。
装着しても耳から飛び出さないので横になっても大丈夫。
キチンと装着するのは結構面倒。
シュアのカナル型よりも耳穴へのねじ込みがやりづらい(気がする)。
ケーブルが絡みやすいのも面倒。

予算が1万円なら試す価値があると思います。
なお「ハイレゾ」という単語は「音質が良い」という意味ではないことに注意。
再生出来る周波数帯が広くても綺麗に鳴ることを意味する訳じゃありません。

このイヤホンに限りませんが、イヤホンケーブル固定クリップがあると使いやすくなります。
COCO 携帯 アクセサリー 【 4個 セット 】ロング ブラック マルチ 携帯 イヤホンケーブル 固定 クリップ
特にシュア掛けする方は必須でしょう。
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月28日
商品説明通り、素晴らしいの一言。価格以上の音質にびっくりです。
今までは、低音重視とケーブル絡みが煩わしくブランドと価格でドデカヘッドのイヤホンを選択していましたが、この時期は寒さでケーブルが硬化し歩くだけでイヤーヘッドが外れてしまい嫌気がさしていました。
見た目の高級感とツインスピーカーに惹かれて購入しましたが、期待を裏切る商品でした。
後は、耐久性の問題かも・・・。
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)