Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年3月1日
「SoundPEATS bluetooth ワイヤレスイヤホン QY8」使い始めてから「1週間」色々と活用してみたので、その感想を含め使用感から音質まで書いていきたいと思います。

・遮音性、装着感について

まず「遮音性」に関しては、イヤホンがスッポリと耳に収まる「カナル型イヤホン」だけあって外の音はかなり遮断出来ます。また音漏れも少ないので、外で聴く時に周りに気を使わなくてすみます。しかしながら遮断性が高いという事はそれだけ外の音も聞きづらいので、状況によっては音量を小さくしたり外したリする配慮が必要ですね。

「装着感」についてですが、こちらの「QY8」は同系列イヤホン「QY9」などと較べても本体自体が小ぶりなので、装着感は快適です。最初から装備されていたイヤーフックのまま左右に首を降ってみても、自然と外れてしまうことはありませんでした。

それでもウォーキングなど運動時に使用したい場合には、付属の「月形イヤーフック」へと変更した方が安定すると思います。どちらのピースも根元から軽く引っ張れば外れるので、自分に合ったものを選んで装着することをお薦めします。

・音質について

肝心の「音質」ですが、低中高音とバランスよく聴こえるクリアな音で、色んな音楽に合うバランスのとれた音だと思います。歌ものを聴くと、低音から高音まで伸びやかに歌声が聴こえてくる感じです。

低中高音のメリハリが程良く効いており、滑らかで抜けのいい音だと思います。ポップス、ジャズボーカルなどを聴くとよりそのバランス感が伝わってきます。高音質「aptX」にも対応しており、この価格帯のイヤホンでこれだけの音が聴けるのであれば、もう必要十分なのではないでしょうか。

・ノイズや音飛びなど、無線環境について

続けて約3時間ほど聴いてみましたが、目立ったノイズや音飛びは全くといっていい程起こりませんでした。Bluetooth 4.1対応ですし、電波が入りにくいという状況で無ければ、ノイズや音飛びに関しては気にしなくても良いのではないでしょうか。通信距離は「10m(障害物無し)」ということで、通信環境はかなり安定していると思います。

・操作性や使用感について

イヤホン上から「音量の調節」も出来ます。また曲の「送り、戻り」も可能です。「+ボタン」クリックでボリュームアップ、長押し(1秒)で次の曲送りとなります。「ーボタン」クリックでボリュームダウン、長押し(1秒)で前の曲戻りとなります。

操作性もスムーズで、何ら問題もありませんでした。また電源オンオフ時(マルチファンクションボタン3秒押し)にも音が流れるので、耳でも確認出来て安心感があります。マルチファンクションボタンが大きめで操作しやすいのはいいのですが、慣れないとイヤホンを触った時に一緒にボタンを押してしまう事がありました。この辺は少し慣れが必要かもしれません。

また装着時に電話の着信があった時には、着信状態からマルチファンクションボタンを押すことで応答可能です。通話中にマルチファンクションボタンを押すせば通話終了となります。スマートフォンへ通話を切り替えるには、マルチファンクションボタンを2秒間長押しします。着信拒否は、マルチファンクションボタンを二度押しします。

また部屋から7,8m離れてみましたが、それでも音はちゃんと聴こえておりました。さすがに部屋の扉を閉めると途中で途切れたりしましたが、それでもまだ音は流れ続けていました。またiPhoneを鞄に入れたまま鞄のチャックを閉じても、そのまま何ら変わりなく続けて使用することが出来ました。

・バッテリー容量について

バッテリーの容量使用感については、Amazonの販売サイトには「待機状態:約175時間、通信状態:約5時間」と記載されています。ちょっと計測してみたところ…

iPhone6sにて 100% →約3時間音楽再生 70%

との表記になりました。バッテリー表示で見てみると、このままの減り具合で使えるならば、9時間ほど使えることになります。しかしながら急激に減ることも考えられるので何とも言えませんが。自分の場合にはボリューム30%程で聴いていたので、その分バッテリーの保ちが良くなっていたのかもしれません。

という事で「SoundPEATS bluetooth ワイヤレスイヤホン QY8」1週間ほど試してみましたが、如何だったでしょうか。つや消しオールブラックで統一され、見た目も格好いいこちらのモデル。イヤホンも比較的軽量に出来ているので、軽い運動時(ウォーキングなど)にも十分対応出来るモデルだと思います。

低中高音とバランスよく聴こえるクリアな音で、色んな音楽に合うバランスのとれた音だと思います。滑らかで抜けのいい音なので、とくにポップス、ジャズボーカルなどの歌ものを聴くのに適している感じがします。

「音質・使用感・デザイン・価格」とトータルに考えてみても、とてもバランスの優れたイヤホンだと感じました。イヤホン選びのご参考になれば幸いです。(^_-)-☆
review image
0コメント|47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月15日
利用中のbluetoothヘッドセットのバッテリーがヘタってきたので新調しようと思い、評価が良いこちらの製品を購入してみました。

作りは悪くなく、電源ボタンも大きいので押しやすい。ペアリングは非常に早く、これは素晴らしい。
本体がデカいのでビックリするが、耳のフィット感はとても良く、ズレは殆ど無い。オフィスワーク中に付けっ放しにしても外れることもなく、痛くもならなかった。

音質は価格の割には頑張っている方だと思う。イヤフォンとしての利用では問題ないレベル。音楽鑑賞では、耳が良い人なら圧縮感は感じてしまう。まあbluetoothはこんなものだろうと思っているので気にならなかった。

ただ、この製品、遅延が致命的でヘッドセットとしては全く使用できない。会話できないレベル。
今までエレコムの安いやつからbeatやmonsterの高いやつまで使ってきたが、遅延で使えなかったのは初めて。余りの酷さに絶句した。

動画やゲームはもってのほかで、300ms〜800msぐらいズレる。ニュース映像を見るとよく分かるが、アナウンサーの声が、最悪の時は1秒近くズレる。アテレコみたいで笑える。

仕事でヘッドセット利用する前提で購入したので、残念ながら即返品させて頂きました。

スポーツでは使用していないので防水のレベルは分かりません。ただ電波の受けは良好のようで、カバンに入れたiPhoneで音楽を聞いていた時も音飛びや無音は発生しませんでした。

遅延以外は問題なく、むしろ価格の割に良かったので遅延がとても残念です。
キャリングケースも工夫されていて好感が持てます。
この製品のまま遅延が解消されたら確実に買い直します。そのくらい惜しいですね。

【補足レビュー】
さらに1週間ほど利用してみました。
ペアリングの速さは相変わらずで、電源を入れたら即iPhoneとペアリングが完了する。この精度は今まで利用してきたbluetooth製品を凌駕していて、たまにペアリング失敗するようなものが多い中、100発100中でペアリングできる。正直感動的。

ペアリング後の到達距離も長く、オフィス内、直線で障害物なしであれば、10mは確かに行けました。寸断も無く、これも驚きの結果です。

また、ホワイトノイズも意識して聞いてみましたが、これはもう「無音」と言って過言ではないレベルです。これだけホワイトノイズが少ない製品はこの価格帯では感じたことがありません。
ノイズキャンセリングもなかなか良く、不自然な感じがありません。効きは弱いですが騒音だけをうまく低減しています。BOSEのような「効いている感」はありませんが、安い製品にありがちな「下手にチューニングして音質を壊す」よりもよほどマシです。

と、この製品、かえすがえすも「遅延」が惜しい、その一言に尽きます。

遅延の他は、当方の試用2週間で、全く問題無いどころか、とても評価が高くなってしまい、返品しづらくなってきました。。。が、当初の目的がヘッドセットでの業務利用なので、どうしてもこの遅延では使い物にならず、泣く泣く返品します。

逆に遅延が気にならない方は、非常に良い選択肢になる製品だと感じました。 2016年3月20日
review image review image review image
1コメント1件|29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月8日
私の環境はiPhone6S Plusで今回はジーンズの左後ろのポケットにiPhoneを収めてテストしています。音は可もなく不可もないといいますか、無難で万能な優等生な感じで個性が薄い感じ。本体がとにかく巨大で500円玉よりは小さいかなという大きさで当然その分重いです。なのでフィッティングが重要なので、このフィッティングパーツの多さは納得です。それでも私の場合は右耳が合わなくて市販のイヤーピースをはめようと思いましたが、はめる箇所も大きいのでいわゆるSサイズなものは手持ちのものではほぼ通りませんでした。
操作性は良好ですが右耳にある操作ボタンを触ろうと右手をかざすと音が飛びがちになります。右側のフィッティングを直そうとかざしても飛びます。ただ飛ぶと言ってもほんの数秒なので我慢できるレベルです。左側はいくら左手で塞いでも音飛びはなしで、たまに右方向を見ると音が飛ぶ場合が多かったですね。ノイズキャンセルもあるのでそんなに大きな音で音楽を聞いていなくても静かな車だと通過していっても音が聞こえませんし、人の会話やスーパーにも行きましたが店内放送もほぼ聞こえない感じでした。しかし右の大きなボタンをクリックすれば一時停止になるので、急に話しかけられた場合でもQY8を装着したまま会話は可能かと思います。弱い風切り音はキャンセル可能でしたが強めな風は無理でした。
買ったらまずは付属のクリップを付けてあげるのをおすすめします。クリップで線を固定してやると(私は今回帽子にクリップを取り付けました)線を介したガサガサする音が消えるので驚くほど快適になります。
買い物にリュックを使っているので有線ですと線が邪魔だったりiPhoneをカバンにしまってたりすると線がごっちゃになるのが嫌で無線を選びましたが、この点が解消されたのはすごく素晴らしいものでした。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月7日
評判が良いようなので、買ってみました。
Xperia UL SOL22で簡単にペアリングでき、SOL22はApt-Xに対応してないのですが特に頻繁に接続が切れるわけでもなく音質も普通に良かったです。
何より付属品が充実してるのが嬉しいですね、ハードケース・三日月型イヤーフック・プラスチックのクリップ・結束用パーツは入ってない商品が多いので
通常使う分には、これで十分でしょう。
特に三日月型イヤーフックは良いです、普通のイヤーフックだと首を振るとすぐ外れてしまうのですが、三日月型イヤーフックだとしっかり固定されてます。
ちなみに人間の耳の形は左右対称ではないので、左右でサイズを変えてみるのも有りです。
自分の場合は、右耳は大サイズ、左耳は中サイズでちょうど良かったです。
イヤーピースも含め色々組み替えて、首を振ってベストな組み合わせを見つけてみましょう。
ただひとつ残念な事は、初日に動かなくなってしまったので返品して買い直そうとしたのですが、2499円で買ったのに2999円に値上がりしてたので諦めました。
なので耐久性については不明です。
評価は、壊れてなかった場合★5です。

ハードケース×1個
USB充電ケーブル×1本
イヤーフック×3サイズ(S,M,L)
三日月型イヤーフック×3サイズ(S,M,L)
イヤーピース×3サイズ(S,M,L)
プラスチックのクリップ×1個
結束用パーツ×1個
ユーザーガイド「英語」×1
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月2日
サウンドピーツ社から商品を提供していただき、実際に使用した上でレビューを製作しております。

防滴仕様のコンパクトなbluetoothイヤホン。 左側ハウジングに目立たぬように仕込まれたマイクはヘッドセット機能を持つのが、このQY8。
同じサウンドピーツ社からは、ほぼ同じ仕様のQY7があります。
防滴仕様ではありませんが、やはりbluetooth接続ヘッドセット機能付きイヤホンとして、Q6やQ9も試しました。

少し大きめの筐体を持つ耳かけ式のQ9以外のサウンドピーツ製品の特長として、やや高域が強めの「爽やかな音調」があると感じております。

このQY8も、姉妹機QY7比で大きめのハウジングを持っていますが、やはり音調が異なる傾向を持っていました。
サウンドピーツ社の「ちょっと大きめのハウジングを持つイヤホン」は、他の製品と比べて「明らかに穏やかな、柔らかい、低域寄り」の音調を持っています。

それは比較すると一聴して判る違いです。  私は、QY7の爽やかな音調も好きですが、このQY8のおっとりとした音調も好きです。
どちらも、極端に柔らかいとか、極端にキンキンするとか、エキセントリックな音調では無いからでしょう。
良い悪いというより 好みの問題、もしくは音源によって使い分ける楽しみの広がりとして解釈すれば良いと思います。

通勤時等、完全に音源に集中できる環境下では無い時や、音楽でリラックスしたい時、このQY8の音調は福音となるでしょう。

ギタープレイの解析や、演奏のコピーを行う時にはQY7の解像度が福音となるように思えます。

ただ、QY7,QY8どちらを選択しても、落語の師匠の声も、好みのボーカリストの声も、老けたり若返ったりしたように感じないのがサウンドピーツの特長かもしれません。 肝心の中域は確保してます。 大事にしているのだと思います。

あとQY7比ですが、少し音場が広がります。
物理的に、イヤピースと振動板との距離が離れているのが そのまま音場再現性に現れているかも と感じました。
ライブ音源を楽しむ時には、それもお楽しみに繋がりますが、ビートルズやサイモンとガーファンクル等の音源には、マルチモノラル形式のステレオ録音があり、それを楽しむ時にはちょっと不自然に感じることもあります。 慣れますけど。

過去のサウンドピーツ社製イヤホンをアウトドアで使う時にしばしば感じられた、タッチノイズに関しては、改善傾向にあると感じました。
少し早めのジョギング時に感じられたことがある「風切音」に関しては ゼロになったと報告できます。
フラットケーブルは、絡みづらく使いやすいもの。 長く感じるユーザー向けにケーブルをまとめるピンチも、帽子や襟に装着できるピンチが付属します。
防滴仕様でもあります。 アウトドアで楽しむイヤホンとして準備万端だと感じました。
ただ、防滴仕様と引き換えにマイクロUSB端子のキャップは、爪楊枝等を使わないと外しづらいかもしれません。

使用手順や 使用感は 他のサウンドピーツ社製品に準じますので、他の同社製品のレビューに書いたモノを以下に転載します。 

使用手順
左側ユニットにマイクロUSB端子が潜んでいますので、爪か針先等を利用してカバーを外します。
カバーは本体から取れない様に工夫されているので、安心ですね。 充電後はキチンとカバーを閉めることによって防汗機能が担保されます。
充電中は右側ユニットに装備されているメインスイッチが赤く光ります。 ランプが青くなれば充電完了のお知らせです。
充電完了を待ってペアリングモードに入ります。
一度ヘッドセットの電源を落とします。 メインスイッチを2秒ほど押し続けると電源が落ちるのですが、両ユニットから「パワーオフ」コンピューターボイスで知らせてくれます。 
必ずこの状態を確認してから、ペアリング対応機のブルートゥース探索モードをアクティブにしておきます。
次にヘッドセットのメインスイッチを5秒以上長押しします。 充電中に赤く光っていたロゴマークが赤と青の点滅モードに移行すれば準備完了。
ブルートゥース機側でQY8が表示されるのを確認できるようになります。
手元にあるiPhone6S VAIOフォン iMacYosemite iPod touch旧モデルの全てでペアリング完了を確認しています。
一台のQY7は、2台のペアリング機器と同時に接続可能です。 ペアでのジョギング、ウォーキング、ジムに活躍してくれそうですよ。
因みに通信距離は見通しで10メートルを誇ります。 50平米程度のワンフロアでは通信が途切れないことを確認済みです。

装着
付属のイヤフックは外耳の内側にある襞に合わせて選択する仕組みです。
人間の外耳の大きさ、襞の形状は千差万別ですので、こればかりは「推奨組み合わせ」を提案することは出来ません。
私の場合は、中サイズ三ヶ月型イヤフックと中サイズのイヤープラグがフィットしました。
前述のイヤフックですが、プラグ奥にある窪みにあわせてはめ込む仕組みで、角度は自由に変えることができます。
ちょっと面倒ですが、鏡を前にしてベストポジション・ベストパーツを探すことをお勧めします。
プラグは柔らかいシリコンゴム製でした。 SONYの同タイプのものが使えないかと思い試したみたところ、本体取付部のサイズは若干異なるもののなんとか使えそうです。 もしお気に入りの他社プラグをお持ちなら、試されるのも良いと思います。

電池切れ
使用中にコンピューターボイスで「バッテリーロウ」のアナウンスがあり、メインスイッチが赤色で点滅します。
ヘッドセットイヤフォンと言いながら、マイク部品が見当たりません。
音量スイッチ下に開いているとても小さな穴がマイクです。 ちょっと不安でしたが、十分使えます。
小声で通話したい時には無理を感じる性能ですが、雑踏の中でスマホを利用できる状況下なら問題なく使える性能だとお伝えいたします。
待機時間145時間という数字はともかく、連続通信時間の5時間担保は、スポーツヘッドセットとして十二分だと思います。
釣りには足りないかもしれません。

ワイヤレス仕様に伴うかもしれない ホワイトノイズ等は一切感じません。 ノイズレスと断言します。
なんでも、この商品に採用されている apt-XコーデックスとVOLTEという最新技術が凄いらしいんです。
apt-Xは、圧縮率がSBCと比べて格段に少ない為、音域が消える事も少なく、高品質な音を楽しむ事が出来る。タイムラグもほぼ無くなっている為、動画と合わせても違和感を覚える事が少ないんですと。
VOLTEは、従来の第3世代移動通信システムを上回る通話品質を得られるとのこと。

型番:Bluetooth V4.1 +EDR
対応プロファイル:HSP/HFP/A2DP/AVRCP
通信距離:10m(障害物無し)
ノイズキャンセル:CVC6.0
待機状態:約175時間
通信状態:約5時間
充電所要時間:約2時間
サイズ:40*24*32mm (L*W*H)
質量:16.4g          見た目より相当軽いです、装着感も同じく軽快です。

アタッチメントやケーブルも収めることができるジッパー式のコンパクトケースが付属します。

この性能、この音質、この付属品の充実度を想うと、三千円以下の販売価格はバーゲンプライスだと断言します。
サウンドピーツ社さんから過去に提供していただいた製品の中でも特にオススメできる製品だとお伝えします。
review image review image review image
0コメント|52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月31日
初めてのBluetoothのヘッドホンの購入になります、色々レビュー参考にしてこちらにきめました。
商品到着してまず感じたことは他の人も書かれておられましたが、お値段以上の質感が感じられました。充電完了後、ペアリングこれも問題なくPC接続完了、簡単にできすぐに視聴開始、
いい感じで聴けます、低音がいい感じです、高音もいいです、思っていた以上の音質です。
このお値段でこの音がと思います、そしてBluetoothでこの音がと不思議に感じました、今まで有線ばかりできた私にしては初体験でびっくり、そして、何故か感動してしまいました。そして、次は有線に切り替えて同じ音源で聴き比べですが違いは有線のほうがはっきりした感じがしました。 コードがないこれは本当に便利で凄く助かりますし引っかからないから安心です。
使用感は使い始めの時にはパットが若干少しきつく感じられましたが、徐々に慣れてきていい感じで使えています(顔がでかいからいや頭がでかいからww)。使って2ヶ月目であれ、充電ができないあれ・・・やはり充電ができない・・USBコード?バッテリー?なんで? 原因は不明です、こちらの取扱の不注意かもしれないとSound Soul Audio JAPAN症状の連絡、すぐさま返信いただき、保障対応していただき交換していただきました。 交換もスピーディーで安心なメーカーさんです。
これはこのお値段では買った方が良いと思います。 買って良かったです。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年12月31日
オーディオが好きでモニターに参加しました。ステレオイヤホン/ヘッドホンは56本目です。
ハウジングの大きさ、独特の形状が本機のいちばんの特長です。
さっそくペアリングして聴いてみました。
とにかく低域から中高域にかけて非常に充実しており豊かな印象の音です。
周波数特性を測ってみましたが、一般のイヤホンに比べるととくに2kHzから4kHzまでがよく出ていて、この特性はほかの機種ではほとんど見ることはありません。さらに5kHzから10kHzも減衰がなだらかでフラット感を保っており、高域もちゃんと出ていることがわかります。
ほかに、イヤチップとイヤフックが3サイズずつ用意されていたり、専用ケースが付属していたり、2600円くらいの製品とは思えないくらい付属品も充実しています。
総評としては、
・品質はプラスチック製であまり高級感はなく、市販製品並みで★3
・ハウジングの工夫だと思いますが、よく作りこまれた音質が素晴らしく★ひとつ追加
・充実した付属品と安価な価格に★ひとつ追加
以上より★5としました。
実は別ブランドですが、ぼくはこれと同じ製品を常用しています。ロック系が好きな方にはおすすめします。
review image review image review image review image
0コメント|44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月26日
ランニング用に購入しましたが、走っていると本体の大きさがじゃまになります。平らなケーブルも跳ねて重さを感じる。アタッチメントを色々試しましたが固定出来ず走っていると落ちてきます。ランニングでの使用は諦めて部屋で使っています。接続等の不具合は無いのでヘッドフォンとしては問題ありません。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月26日
高音域があまり出ないのが気になりました。結果曇ったような音で、有線の1000円くらいのカナル型イヤホンの方がいい音に感じます。Bluetoothイヤホンでこの値段ならそんなものなのかもしれませんが、インターネットの評価が異様に高かった分、落胆の方が大きかったです。それと、受電部分のカバーが外れにくい。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月27日
私は以前までaudio-technica SOLID BASS カナル型イヤホン ブラック ATH-CKS77X BKを使ってました。
値段は定価で1万円弱のもの。
紛失したので、この機会にとワイヤレスに変えようと思い買いました。
とりあえずのつなぎとして買ったつもりが、届いて使用したところ、音質など、ワイヤレスなのにとてもよく、驚いています。(あくまでも個人的な感想です)
思わずいい買い物をしてしまいました。
ぜひ、ワイヤレスでコストパフォーマンスを求める方はさんこうにしてみてください!
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)