Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0178
5つ星のうち4.0
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ベスト500レビュアー2015年12月18日
モニターに参加しました。ハンズフリーヘッドセットは13本目です。
2500円前後の価格は、国内量販店に比べるとずいぶん安いとはいえ、最近の中国並行輸入品群のなかではごく普通。
しかし落ち着いた色合いと塗装がよく、見た目にはワンランク上の質感を持っています。
さっそくペアリングしてみました。
通話品質はクリアでとくに問題ありません。
環境ノイズの低減機能はないので周囲の音は相手に聞こえますが、路面ノイズやエアコンノイズなどが通話のじゃまになるというほどではありませんでした。
ひとつ特筆すべきことがあって、付属のイヤホンを本体に接続して両耳で音楽を聞いてみたのですが、なんとステレオで聴こえます。音質はHiFiとはいえませんが、片耳掛け式ヘッドセットでステレオ音声が出せる製品は初めて見たので、びっくりしました。
他に連続通話時間24時間というのも驚異的だと思います。Bluetooth4.0はもともと省電力がウリなのですが、4.0を謳っていながら大して通話時間が伸びていない製品が多い中、この数字は立派だと思います。
総評としては、
・片耳掛け式ヘッドセットとしての機能、価格は市場製品並みで★3
・連続通話時間24時間、という回路設計のよさに★ひとつ追加
・ステレオで聴ける、という他にない機能に★ひとつ追加
・同クラスに比べて高級感のあるデザイン、品質に★ひとつ追加
以上より★6としました(★5までしかつけられませんが)
review image review image
1コメント1件|32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
販売者のdhtradejp様からの製品提供を受けてのレビューとなります。

耳かけタイプのスタイリッシュなBluetoothヘッドセットです。
電源をオンにして、スマートフォン側で検索をかけると簡単にペアリングできます。
耳の前にセットするヘッドホンタイプで、イヤーアダプタを耳の中へ差し込むタイプとなります。
音質は、やや高音よりにピークがあります。
女性の声は、スムーズに聴き取れますが、男性の声は少し音量を上げた方がよいと思われます。
付属のUSBイヤホンを使用して、ステレオでも使用できますが、
こちらのイヤホンは、高音の抜けが良すぎるので、音が回るような印象を受けます。
高音域が聴き取り難い方には、よいかもしれませんが、普段の使用は本体のみで十分でしょう。

電源、ボリューム、操作スイッチが、それぞれ独立しているので、操作ミスが少ないのも便利な製品です。
review image review image review image review image
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
値段の割に音質が比較的よく十分使える。
見た目も安っぽくないので初めて使ってみる人にも良さそうです。

付属のイヤフォンを刺すことで両耳で音楽が聞けるように
なるので、電話の時、音楽を聞きたい時両方で使えるのも
すごい発想だなと思いました。

今までいろいろ付けてきましたが
重さも軽いほうだと思います。

総合的にありだと思います。

Review by the sample
review image review image review image review image
0コメント|23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月27日
Bluetoothヘッドセットを3つ、BTイヤフォンを7つほど持っている者です。
近年Bluetoothヘッドセットの品質はあがっているものの、どこか抜けきれない満足度(音質・使用感・デザイン等)の壁がありました。
しかし、本製品の音質はとてもクリアで、音楽を聴いてもギターやピアノの中・高音域の抜けが良くナイス。
装着感も素晴らしく、他社のヘッドセットが耳後ろに弓型のプラスチックをはめさせ、外れない様固定するところ、本機はイヤフォンパッド上部に小さい輪っかを初期状態から着けることで固定度をアップ。
この工夫だけで耳にピタッとくっついてくれ、窮屈感がない中で固定感は良く、まったく外れる雰囲気がありません。

音の話に戻ると、本機は通話用に作られているヘッドセットである為、抜けの良い高音領域を強調することで、町並みや人混みでも通話相手の声がかき消されない様、作られております(たぶん)。
ゆえに、本機で音楽の低音域(ベース・バスドラム)まで十分味わうことは、仕様上少し難しいかもしれません。
しかし、全体的な音域・音質のバランスは良く、音のシャープネスも利いていて、通話時も人の声がとても聞き取りやすいです。
他のレビュアーさんが仰るとおり、少し耳に刺さる感じはあるので、そこは好みで他社との比較で商品を選ばれてください。
デザインもスッキリしておりクール、電源スウィッチがある為、OFFからONにするだけでBluetoothに自動接続、ストレスがほとんどなく、ユーザビリティーが高いです。
欠点らしい点がなくとても満足出来ているので、何を選ぶか迷われている方には普通にオススメをさせていただきますm(_ _)m
review image review image
0コメント|47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月20日
耳掛けが2本ついてましたが、一日も持たずにどちらも壊れました。
一本は掛けてる最中に、何にもしないのに壊れました。
音については、相手が聞き取り難い時があるようです。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月30日
深夜での作業用BGMや映画などをダラダラ再生が目的で、
ごろ寝でもコードが煩わしくなく、再生しながら多少の移動もでき、周囲の音も注意をはらえる片耳タイプ
って理由でこちらの商品を探し当てましたが、結果まぁ成功です。
なんせ約24時間連続再生可能ですからね。爆発しないか心配なぐらいです。(Made in China)
デバイス情報からLC-B41と判別されるので"Link Dream LC-B41"と同じ製品と思います。
こちらのmarsboyの方が音漏れしづらい形状のイヤーチップだと思い購入しました。
※以下のレビューはPC(windows7)とiphoneで出力のみの使用で、電話やボイスチャットの入力の使用はありません。

付属のイヤホンでステレオ再生が出来るとの事ですが、これが曲者です。
使用ドライバやOSの環境にもよると思いますが(こちらはBroadcomのスタックでwindows7 64bitの環境です)、
コンパネからサウンド→テストしたところ、確かにピロロン↓ポロロン↑と音が左右別れて鳴っていました。
ですが付属のイヤホンを外した片耳でも常にステレオ出力で、ポロロン↑とだけしか聞こえません。
つまり片耳装着のみでは聴こえない音がある訳です。
windowsからではモノラル出力に変更不可能なので、この商品は基本両耳装着が前提になります。
ググっても両方からの音を片耳でまとめて聴く方法が無さそうです。
※(Broadcomスタックの)LC-B41の"コントロール"にある「ステレオヘッドホン」のチェックを外しても何も変わらない。
と、
諦めかけましたが出来ました!!!
このLC-B41のプロパティから「Bluetooth AV」のドライバを"無効"にします。
これで表示では「2 チャネル、16 ビット、48000 Hz (DVD の音質)」とあったりしますが、音はミックスされたモノラルで鳴ります。
周囲の音も気になり片耳のみ装着がいい方や、片耳難聴の方などには良い情報のはずです。
ですが!です。…ぬか喜びで申し訳ない。
この事により、何かを再生中は常にバックでノイズが聴こえ、確実に音質は低下します。
A2DP(高音質送受信)を無効にしてHSPのプロファイルで再生って事なんでしょうね。
1週間以上使っていてこのノイズに気付きました。^-^;
結局私はノイズが気になって耐えられずステレオ出力にまた戻し、両耳は塞ぎたくないので片方の音は諦めて使用しています。

届いて初日にイヤーフックの根本が折れて、次の日に予備も折れました。
イヤーフックの取り外しや、耳に掛けたままひねったりしたらすぐ折れます。
硬くて弾力性がなく耳の裏側がすぐ痛くなりました。
無いとどうやっても歩けばポロポロ落ちる耳の形なので困ります。
そこで、PLANTRONICSのイヤーチップ(イヤーフックも)がこのヘッドセットと合います。
私は純正のPLANTRONICS イヤーチップ Mサイズ(イヤーフック付き)を買いましたが、
marsboyに付属の物と比べると大変良く、イヤーチップは遮音性では劣りそうですが摩擦が高くて落ちにくく、
イヤーフックは結構弾力性があり耳の裏はさほど痛く無くなり、かなり装着感が増しました。
ただ私の場合グイグイ押し込む為、イヤーチップのU字の出っ張りが耳穴を圧迫し痛くなってくる問題がまだ残ります。
そこで、まずこちらの方は絶対おすすめしませんが、
低反発ウレタンイヤーピース(適当に多摩電子工業S0001Lを購入)を接着剤でPLANTRONICSのイヤーチップに貼り付けてみました。
接着剤の固まった箇所はパリパリで耳が痛いのでつまんでちぎり取りました。 ※写真を御覧ください
考えが甘かったようです。接着剤も乾いてなかったら耳にくっつきますし、接着面も狭いので何回もとれるし失敗です。
次に、多摩電子工業S0001Lを(偶然直径が同じ事からPLANTRONICSのイヤーチップは使わず)直接本体に、
はがせる強力両面テープと医療用のホワイトテープで貼り付けました。 ※写真を御覧ください
底面の直径が12mmぐらいで平らなら多摩電子工業S0001Lでなくてもなんでも良く、
例えばKOSSのThe Plugのイヤーチップやコンプライも使えそうです。
両面テープは底面にドーナツ状に、側面のテープはなるべく柔らかく薄いものを選びましたが、透明で摩擦が高い方がより良いと思います。
音はこもった感じになりましたが、密着度が増してシャカシャカした感じはなくなり音に迫力が出ました。
装着感と遮音性は更に良くなり、耳穴も痛くなくなりイヤーフックはそれほど必要ありません。
付属イヤホンの方にも多摩電子工業S0001Lがそのまま差し替えれます。
A2DP機能も(おそらく)有効に戻した事で音はものすごく良くなりました。こちらの改造は簡単でおすすめします。

アナウンス音量がMAX音量と同じぐらい大きくてビクッとします。小さくは出来ません。
私の所に届いた物では全て英語アナウンスで中国語はありません。
ステレオ再生にならない方といい、製造ロットの違いがあるのでしょうかね。
接続は「パワーオン」と電源を入れれば2秒程で「サウンド1コネクティッド」っと自動接続してくれます。
ただし自動接続してくれるのはLC-B41本体にサウンド1と認識されたデバイスのみで、
サウンド2のデバイスには(サウンド1が自動接続した時以外は)手動接続になります。
iphoneと後から繋いだのですが、後から繋いだ方がサウンド1と置き換えられるようですね。
この情報をLC-B41からリセットする方法を発見しました!
ボリュームの上と下ボタンを同時に押しながら電源を入れます。
電源を入れてすぐ(1秒以内)に「ペアリング」とアナウンスがあれば成功です。
念のためボリュームの上下ボタンを押し続けて下さい。いつもと違い、数秒おきに「ペアリング」と鳴るはずです。
リセットできれば登録済みのペアリング情報は削除し、もう一度ペアリングし直して下さい。

Bluetoothアダプタとの注意点ですが、
手持ちのアダプタがBluetooth4.0 class2(省エネ対応で範囲10mまで)で少し離れただけで3秒以上の音ズレがおきました。
使用中の電子レンジに近づいたせいかも知れませんが、class1(範囲100mまで)アダプタだと問題ないかもしれません。
PC裏からUSB延長ケーブルにて手元までアダプタを持ってきて使用すれば、以後問題は起きていません。
Bluetoothアダプタがまだ無いなら、Bluetooth4.0以上のアダプタでclassは1か2のを選んでください。
でないとおそらく本製品の24時間連続再生はできません。
また、SCMS-Tに非対応なので、SCMS-T対応必須である東芝スタックを使っているなら接続できず使えません。
aptXにも非対応なのでCSRスタックである事もとりあえず必要ありません。
何を言っているのか解らないかも知れませんが、私も詳しくは理解できていません。

驚異の24時間連続再生可能ってだけで使いやすく5つ星付けたかったところですが、
・基本ステレオ出力だったという画像詐欺
・折れやすい付属のイヤーフック
・装着感が標準ではしっくりこなかった
って点で、代わりになるイヤーフックや装着感の問題は解決できた事もあり星4つです。
ダメな点をもれなく書きましたが製品としては普通以上に良いものです。
格安小型ヘッドセットに重低音や音質を追求、音楽・映画鑑賞するのは間違っている気もしますが、
電話やボイスチャット目的なら片耳のみの装着でも良いわけで使いやすい製品でしょう。
重低音や音質も求めるなら、両耳密閉タイプですがNOONTECの「Zoro II Wireless」(35時間連続稼動)に
高額ですが今は惹かれるものがあります。
ですがこちらmarsboy LC-B41は、高音が高めで低音には弱い感じですが音は良くかなりコスパ良いです。
改造の為、多少の出費はありましたがまぁ大した事は無くむしろ楽しかったです。

以上長文失礼しました。

※画像は「付いてきた日本語取扱説明書」「低反発ウレタンを無理矢理取り付けたもの」「テープで貼り付けただけの最終形態」です。
review image review image review image
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月26日
Bluetoothイヤホンはこれで2台目です。

初めてのBluetoothはTaoのヘッドセットで、約一年ほど使っていますが音質と装着感が素晴らしく、音楽鑑賞用として文句なし

なのですが、
ごく最近、マイク機能を使い始め、Taoのヘッドセットのマイクでは使いにくいので
こちらを購入しました。

最低限の音声通信ができればいい、くらいに考えていましたが、使ってみると
予想以上に音が良くてビックリ。片耳だけでこんなに音楽を楽しめるとは・・・

Taoはカナルタイプなので、密閉性が高く外界を遮断して音の世界に浸れますが
装着時にちょっと手間がかかることもあります。

こちらはフック+付属のシリコンカバーで、サッと付けられて装着がラク。
それだけに密着感も薄れますが、ふつうに歩く程度では耳から落とすことはないです。

肝心のマイクの性能に関してですが、
感度がとても良い・・・とは言えませんが、普通に使っていますので今のところ合格点です。。
でも時々、相手に聞こえにくいこともあり、完璧なマイク性能を求める方には他製品も検討されたほうが良いと思います。

他のレヴューにもあるように、たしかにクセがあって慣れるのに時間がかかりますが、
1000円台で音楽を楽しめて、手軽で通信にも使えるんですから。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月7日
耳にかけるパーツが壊れるとありますが問題なく装着できました。エレコムのLBT-PAR500AVRDも使用してますが外出時に音楽聴くときはエレコムを使用してます。部屋でちょっとしたゲームのモニターに使用するために安価なヘッドセットをと思い購入♪エレコム使ってるだけにバッテリー持ちのよいヘッドセットをと♪更にガラケーの着信も同時に待ち受けれるようにと♪残念ながらエレコムのはマルチが出来ないのでこのヘッドセットはいい買い物したとおもてます♪音質はエレコムのが全然よいですが、あくまで部屋でのモニタリングと着信通話用ですから高価な物も要りませんし壊れると心配していたパーツも壊れずに装着できましたし♪本当に良かったとおもてます♪このヘッドセットとエレコムのが今まで使用していたなかではいいですね♪それと耳栓がわりに使うもんではないので軽く装着して使用してますので周りの音も聞こえますし耳も痛くならないです♪
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月25日
購入後即レビユーを書いてとdhtradejpサポートセンターからメールが来たので書きます。購入後1から2時間使って2日目には耳にかける部分のプラスチックが割れて2個目に交換しました。購入前からプラスチックの素材に問題がありそうなレビューがあって到着後確認し簡単に割れる素材とおもいましたので丁寧に扱っていたのですが、やはりぼろぼろに砕ける形で割れておりました。現在プラントロニクス イヤーチップ 【互換品】を注文しておりますが、最初からjabraのヘッドセットを買っておけばよかったと思いました。jabraをつかっており、2台目の予備として購入しましたが、安物買いの銭失いでした。わざわざレビューを書けとメールまで送ってきたので書きますが、二度と買いません。気に入って使っている方々には不快なレビューになり申し訳ありません。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月16日
耳かけフックが二本ついていたので疑問に思ったのですが、その答えはすぐに判明しました。
使用した初日に一本目があっさりと割れて、二本目も鞄に入れていただけで一週間と待たずに壊れました。
耳かけフックが無くなると、この機器のイアホン部分は耳穴に入れるのも不可能な巨大さで
全く安定せず使用不能です。某国製の詐欺まがいの不良品です。
0コメント|8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)