Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.648
5つ星のうち3.6
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年2月20日
本体は基本成型色。白もほんのすこし緑かかった感じです。
顔の部分塗装も省略無しで色に関しては文句ありません。
ほぼ全部がABS製で太モモ、二の腕もABSでカッチリ造形されています。
造形は昨今の小顔でヒョロリとしたガンダムではなく、昔のアニメのやぼったい感じのガンダムです。
ガンダムに関してはもう物が出過ぎているのでこれだけは見た目で良いか悪いかは個人の判断によりますね。

ver. A.N.I.M.E. ということでバンダイは結構広告にお金を掛けてあるだけあって
この内容物で値段(特に最近の値上げ傾向に比べると)と出来はかなり頑張っている方かと思います。

可動関係は広告で謳っている通り、ほぼ劇中ポーズが取れるので今後出るMSとのからみが大変楽しみです。
エフェクトパーツも思ったよりも出来が良く、バーニアやビームライフル(初?)のエフェクトでポージングも映えます。
ラストシューティングポーズも出来、CMアイキャッチのビームサーベルポーズも出来
まさしくアニメ版のポーズ再現の謳い文句は嘘ではないです。
可動に関しては前屈だけが苦手な感じですが他は良く動きます。関節の渋みも問題なし。

ですが不満点がないわけではありません
一つに、発表時から言われている、微妙に入っているディティールがミスマッチしている件
何もディティールが入っていないのも寂しいと感じて入れたのかもしれませんし
思ったほど商品を手にとってみたら気にならない…んですが
やはり顔の頬の凹みだけは納得できないかっこ悪さを醸しだしています。
この凹みだけは修正してほしかった…

後ろのスカートアーマーが固定。(サイドアーマーの可動の元なので仕方ないのでしょうが)

関節の色。最近のガンダムといえば関節はグレー色は当たり前なのでしょうが
ANIMEと謳っているならばここは白にしてほしかったです。
特に股関節がやっぱ色が浮いています。

頭部の分割ライン。何故今時真正面に分割線が出るパーツ割を?!

完全な握り手がなく穴あき手しかない。

武装が足らない。(ジャベリン、ハンマー、バズーカ二丁目等)
何時かプレバンで武器セット売るんですかね?

今後は毎月ファーストが出るので楽しみではありますが。
是非とも、顔の修正パーツを付けた武器セットを販売してほしいですね。

あと一点、公式でも触れていませんがビームサーベルラックが根本から可動します
なので背中に刺さっているビームサーベルが前から見ると垂直ほどになります。
今後の展開に期待ですかねぇ
0コメント|61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月20日
凄い完成度です!
1/144初代ガンプラから始まりHG・MG・PG・可動戦士・MIA・プライズとRX78-2は数多く購入して来ましたが歴代の立体物の中でも自分が知る限り最高の可動範囲で様々なポーズが付けられます。
このサイズ(ほぼ1/144)にこれだけの可動箇所と可動域を設ければ普通は耐久性に不安が出たりプロポーションが破綻したりしそうですが実にスムーズに可動し破損にビクビクしながら繊細に扱う箇所も見当たりません。
ですので初代ガンダムが好きで今までRX78-2のフィギュアを持っていない方にはお勧めできます。

ここからは本当に個人的なRX78感に偏っての評価となります。
発売前からサンプル品画像において以下の箇所に違和感が有りました。
・全身に施されたパネルライン
・肘・膝・足首の関節部がプラモデル基準のブロック関節を用いてグレーの配色
・胸部に可動部を設けた為の分割線

商品が届き実物を手に取っての印象
パネルラインに関してはやはり無い方が良かったと思います、胸部・ふくらはぎ・頬のモールドはクドくアニメ版らしさを損なっていると感じます、特に頬のフェイスガードのモールドは小さな頭部に対して結構大きく凹が彫られている為どの角度で見ても目立ち場所が場所だけにえくぼに見えてしまいます。
今回はVer「ANIME」と公言しているのだからどの映像作品にも無いアレンジは加えないで欲しかった。

次に関節部の処理について、可動域を確保する為にはこの手法が必須なのは明白なのですがTVシリーズや劇場3部作に馴染みが深いオジサンとしては可動域を犠牲にしてでも「連邦の白い奴」に目立つグレーの関節を採用して欲しくなかったです、正面から見た時に肘のグレー部分が隠れるようポーズを取らせると自分の求めているガンダムにグンと近づくのでその分本当に惜しいです。

胸可動部の分割線についてはサンプル画像より実物の方が目立たない印象です、この箇所を可動させた時は当然隙間が生じますが元の状態に戻しコクピットハッチの部分を指で軽く押して調整してやると驚くほど分割部が目立ちません、この辺りの精度はさすがバンダイ!他メーカーでは中々真似できないと思わせる部分でした。

極めてアレンジの少ないプロポーションなので私のようなリアルタイム世代にとってはこれこそ初代ガンダムと思わせる造形ですがもう少しクセの有るTVアニメ風の造形にしても良かったように感じます、具体的には「可動戦士」を今の技術でブラッシュアップしてくれたら大人の利点を活かして複数買いしていました。

過去数多のRX78-2がバンダイから発売されていますが基本的には「もしも実際にMSが存在したら」というリアルさを求めた商品が多く明確にアニメ版としてリリースした立体物は驚くほど少ないです。
そんなバンダイさんがようやく重い腰を上げてアニメ版を発売してくれた事に対し、結果今一つ決定版足り得ないと感じた次第です。
「可動戦士」発売からこの「Ver.ANIME」まで15年位は経過してますかね?次のアニメ仕様を発売してくれるのは何年後になるのでしょう?その頃には私達リアルタイム世代はフィギュアじゃなく恐らく盆栽いじってますよバンダイさん(笑)
0コメント|87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ROBOT魂のRX-78-2ガンダムは、「R-Number 078(ハードポイント増設版を含む)(以下「R78版」)」から約5年ぶりの2作目になります。「ver.A.N.I.M.E.」の「A.N.I.M.E.」は「Action New Imagination Memory Emotion」の略だそうですが、商品自体は「アニメ版」と呼んで差し支えない仕様となっています。

両者を比べてみると、R78版に比べて本商品の方が全長がやや長く(幅はほぼ同じですが)、また全体的に細身だったR78版に比べると全体的にがっしりとしたイメージがあり、更に頭部や手首などが一回り程度大きくなっていることから結構大きくなったという印象を受けます。また、R78版の方は胴体が塗装されていましたが、本商品では成形色となっています。デザイン的にはアニメ版のRX-78に近いデザインとなっています。ガンプラのマスターグレードで例えれば、R78版がVer.1.x、本商品がVer2.0に近いイメージでしょうか。

可動については、R78版よりは可動域が増えているとはいえ、驚くほど可動域がアップしているというほどでもないと思います。R78版に比べて優れていると思える部分としては、
 ・肩が基部ごと90度上がるので、いわゆる「ラストシューティング」のポーズを取らせることができる
 ・肩の引き出し構造がない(これはR78版も同じですが)代わりに、胸部の装甲ごと肩が前に寄せられるため、正面でビームサーベルを構えるといったポージングが無理なく行えるようになった(見た目的には賛否が分かれるところだと思いますが)
 ・脚部の可動域が大きくなった
 ・首を上に向けたときに、R78版ではボールジョイントが見えていたのが、本商品ではそれがなくなった
といったところでしょうか。

武装はビームサーベル、ビームライフル、ハイパー・バズーカ、シールドと、基本的なものは一通り付属します。ビームサーベルについてはR78版と同様、両手持ちを想定した長いグリップと、振りかぶったときのビーム状態を再現したビーム刃が付属します。
手首は本体に付いているものを含めて5種類(R78版は4種類)で、R78版が緑がかっていたのに対して本商品はグレーでアニメ版のカラーになっています。

不満な点としては、ほかの方も書かれているように、中途半端にモールドが入っている点(特に頬のモールドはやはり気になります)が大きいです。「アニメ」を強く意識しているのであれば、思い切って完全にアニメ準拠のデザイン(可動的に仕方のない部分などはともかくとして)に徹した方が良かったと思います。他には、
 ・付属武器がR78版に比べて少ない(R78版を持っていれば、流用できるものもありますが)
 ・シールドにエフェクトパーツをつけるための穴が開いていて結構目立つ(エフェクトを再現するためにデザインを犠牲にするのは本末転倒だと思うのですが・・・)
 ・最近のROBOT魂の流れなのかもしれませんが、交換用のアンテナが付属しない(R78版は付属していました)
あたりが残念な点です。

発売前の期待値からすると若干期待外れな部分はあるものの、可動フィギュアとしては十分な出来だと思いますし、「ver.A.N.I.M.E.」シリーズがこのクオリティで続いていくのであれば、期待できるシリーズだと思います。

余談ですが、パッケージに「A.N.I.M.E. of the 1st generation」と表記されていますが、「ver.A.N.I.M.E.」シリーズはファーストシリーズ限定ということなのでしょうか?そのあたりも気にはなります。
0コメント|27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
メーカーの見本画像はフラットな色感が綺麗なのですが、実物の製品は比べると成型色が安っぽく見える感じで、二つ目のカメラアイの色が金色塗装が更に安っぽさを感じてしまいます。
ROBOT魂、ZガンダムシリーズのガンダムMarkⅡやリックディアスのように、全身ほぼ成型色ボディなので塗装された箇所は細かな点のみという仕様です、可動やポージングさせる際に色移りのストレスは殆ど感じませんが、トリコロールカラーのRX-78だと見た目的に物足りなさや安っぽさを感じてしまうのは確かです。
何というか素組みのプラモデルのような感じといった趣きが強い見た目でしょうか。
ver.A.N.I.M.E.を謳っているのですが、モールドもやや蛇足的な感じが否めません。

可動箇所、可動範囲は下半身が特に多く広めなので安定感があります。
頭部は首が上側にかなり反るので、自由落下のシーンや進宙しているポージングに向いています。
胴体は胸部に独自前方への収縮可動ギミックがあり、ビームライフルを両手添えする際などに使用します。
腕や肩などは平均的な可動範囲ですが、ビームサーベル両手持ちもさせやすいです。
手首パーツはやや柔らかめなので、武器各種、シールドの保持強度もあり、交換もしやすいです。
開封時での関節の強度は硬めでしっかりしていますので、バズーカを保持してもぐにゃらないです。
交換用の手首パーツは多めで手首の交換は平均的な硬さですが、若干取り付けにくさがあります。
バズーカを持たせて肩に乗せるとバックパックのビームサーベルラックが邪魔になるので、ラック部分が稼働して妨げにならないギミックもあります。
バックパックのスラスター部分に差し込んで使うジェットを噴出している状態を再現しているパーツが付属しており、根元のジョイント部分が動くので、ジェットエフェクトを自由に動かせるというのが意外と遊べてたりという点があったりします(笑)。
上昇や推進時のポージング等が様になります。
下半身ですが股関節や、太股、膝、足首、つま先の可動箇所、可動範囲が充分にあり、関節の強度もあるので立たせたり膝立ポージングの安定感は素晴らしいです。
足首の可動は内部のフレームの縦横軸の関節があります。
全体的に見て各部分に現行のプラモデルに近い可動箇所やギミックが多い印象です。

ビームライフルはスコープとサイドグリップが可動、バズーカはグリップが可動します。
シールドは腕とバックパックに接続するパーツと、手に持たせる際の接続グリップがあります。
腕部、バックパック接続パーツのボールジョイントの接続部分は差し込むとやや硬めなので、取り外しにくさがあるので破損に注意して下さい。
その他は劇中のABパート切り替わりに有名な状態の長く曲がったビームサーベルのエフェクトや、両手持ち用に長めのビームサーベル基部部品、頭部のバルカン用のエフェクトがあります。
根元部分が膨らんでいる状態のビームサーベルエフェクトも付属。
figmaにあるような手首パーツを差し込んで保管する部品も付属。
ビームジャベリンやナパームといった武装はありませんが、標準的な装備は揃っています。

弄っていての実感としてROBOT魂のアクションフィギュアとしての可動や強度は申し分なく遊び易いのですが、新規のシリーズとしてのインパクトは購入前に期待していたよりも薄いというところが正直な感想です。
成型色も弄っているとあまり気にならなくはなるのですが、金色の目と相まってパッケージに入った状態の初見の印象が悪いので、色味はもう少し上手く纏めてほしかったなぁと思います。

足りない武装は別売りで発売されるかもしれませんし、いつも通りG-3や大河原リアルタイプカラー、パーツ変更でプロトタイプなども発売される可能性もあるとは思いますが、もう少し高級感のある成型色の選定をお願いしたいところです。
ジオン公国側のMSは更に成型色が肝心なので、あまり安っぽくならないようにしてほしいところですね。
ガンキャノンやGMといった連邦側のMSも期待しています。
review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月5日
 ロボットフィギュアとして見ると、間接の処理に関してはかなりの進歩が感じられ、確かにアニメの様なポーズが取れるぐらいに動きまくります。
 写真で見る分には、プロポーション(ポージング)もアニメっぽいと思います。
 ここまでのところで満足出来れば、☆5個で間違いないでしょう。
 しかし多くの方の指摘にもある様に、肘等の関節が白くないというところは、アニメバージョンというからには致命的です。
 材質の問題もあるでしょうし、ゼータガンダム以降のモビルスーツ世代の人にとっては普通のことかも知れませんが、ファースト世代にとっては旧キットのガンプラと同様、間接はグレーではないのです。
 それから、モールドが入っている点もいただけません。(アニメの目も、金色ではありません。)
 普通にガンダムフィギュアの進化版としての発売であれば、ほとんどの人の評価は高かったと思いますが、「アニメ」と入れてしまったために期待を膨らませ過ぎた反動が来てしまったと思います。(関節の色については、最初から写真でわかる事なので今更言うのもおかしいのでしょうが、かなりアニメよりに意識してくれた商品だっただけに、残念すぎて言いたくなってしまいました。)
 付属武器の少なさについては、他のモビルスーツに比べて多すぎるので、値段を考慮してのことでしょうか。
 今後はジオン軍のモビルスーツも出てくるようですが、ザク・ドム・グフについても写真で見る分にはアニメっぽい(と言うか設定資料っぽい)感じで良さそうですが、ザクの関節がグレーに見えるのがやはり残念です。
 アニメでは関節はグレーでないこともモールドがないことも製作側では百も承知でしょうから、この辺は標準仕様なのでしょうが、返す返すも残念でした。

 
 
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月16日
スタイルは昨今発売されているRX-78の中で現状一番アニメ版に近く素材としては満足しています。
ただそのまま飾るには、成型色まんまという所とアニメ版や設定画に存在しないモールドのお陰で安っぽさが出ているので、諸々の不満点を修正する必要はありますが
塗装箇所が少ない分、再塗装はやり易く思います。
私も含め30数年前ガンプラを作りまくった世代の方なら
改修作業も含めてこのガンダムは楽しめると思います。

スジ掘り埋めと顔の凹をパテ修正、誤塗料箇所の再塗装と現在改修中ですが、今後購入予定のザクやグフにドム等、複数買う物にもこれしないといけないとなると疲れてきますね。
設定画にないスジ掘り等のアレンジは今後やめて頂きたい。

✳分解すると分かりますが、胸の可動部分の軸にひび割れがある物もあります。
ボールジョイント部を抜いた後、組んだらジョイントがギシギシと軋みますが、シリコンスプレーを注入すると直ります
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月20日
たくさんの方々のレビューにある通り可動に問題はありません。スムーズに動きバンダイ特有の腰や足首の関節の弱さもありません。可動域もこのサイズで様々なギミックが盛り込まれかなり動きます。デザイン上足首と腹部はこれ以上無理なのかな?もう少し頑張って欲しいかも。独自の解釈するなら関節はプライズのSCMシリーズを参考にして欲しいです。ドムやザク等めっちゃ動きます。でも強度があるのでこれが市販品の限界かな?贅沢言い過ぎました。で、デザインなんです。顔が残念過ぎて悲しくなります。頬当て?かな。フラットな部分に要らないディテールが追加されていてびっくり。アニメーションモデルの本作品になぜ?疑問符が尽きません。絶対要らないディテールアップです。いやダウンです。ファーストガンダムに飛びつく世代は間違いなく40代の方々でしょう。例え10代20代でもファーストのアニメを見て好きになった方々だとしてもこの顔には疑問を抱くでしょう。ガンプラだけで育った方々ならばカトキさん等のデザインに慣れて物足りなく思う事もあるかも知れませんがアニメーションと銘打ってるのですから古い世代を大切にして欲しいです。新しい世代も取り込もうとした結果なのでしょうがデザインした人も許可通した人も反省すべきでしょう。自分のような若輩者でもこれ程の憤りを感じるのですからファースト世代の方々の怒りは計り知れませんね。せめて交換用顔パーツをきっちりアニメーション版も同梱すればパーフェクトだったのでは?と後一歩のサービス精神の足りなさが惜しいです。あ、オマケに画像崩壊版の顔パーツも同梱すればめっちゃ売れたと思うのは私だけ?可動域が素晴らしい分デザインが残念でした。これから購入予定の方は顔を良く見て決めて下さい。あの顔が気にならなければ間違いなくファーストガンダム決定版です。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月20日
かめはめ波のポーズが普通にできるほど可動は良好です。関節も程よい固さです。

最大の問題はやはり頬当ての凹みですね。
アニメのような動きを目指すなら、ユーザーはアニメのデザインを思い浮かべるはず。
なのに変なモールドのおかげで台無しです。
開発者の記事を読みましたが、ホントにガンダムが好きならそこは譲れないところじゃないでしょうか。
あと、首や股間のグレーも可動がいい分目立ちます。短パン穿いてますよ!

リアルタイム世代が開発担当でなくなると、やはりズレが出てしまうのが残念です。

商品としては星5個ですが、ガンダム愛が感じられないので星4個です。
0コメント|32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月21日
宇宙世紀のガンダムシリーズはファンも多く自然とレビューも厳しくなりますよね。このガンダムはver ANIMEというだけあって頭デッカチで背部ランドセルのバーニアも小さめで全体的に丸みを帯びています。とても懐かしいスタイルの「ガンダム」のようなモノに近いです。顔を上げて裏面も赤色のシールドとビームライフルを持たせて魂ステージで飾ると結構表情豊かで躍動感のあるポーズで飾れます。他のレビューにも有りますが余分なディテールとか(特に両頬のモールド)足りない部分とか少しはあると思いますが(そもそもファーストガンダムにスカートアーマーなど存在しません)50歳代くらいのオジサン世代から10歳くらいの若年層までの万人のファンが満足できる「ガンダム」をイメージして作るのは不可能に近く難しいと思います。確かにロボット魂「Zガンダム」系MSの極端な体型アレンジによる失敗?もありましたが今回は体型も可動部分も許容範囲だと思いますよ。この素体をいかして「ジム」や「G-3ガンダム」が欲しくなってきました。
追伸、「G-3ガンダム」がプレバンにて予約開始!割引きナシの限定販売に少しガッカリしました(涙)
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年6月4日
価格も安くなったので購入しました。
造形:サンプル通りの出来ですかね。当初「ver. A.N.I.M.E」は、アニメ版のデザインを準拠したシリーズだと勘違いをしていたのですが、
   実はアニメと同様のポージングが取れる商品だと知って納得しました。
塗装:成形色ですが、悪くはないですね。
可動:流石にアニメのポージングが取れるために作成された商品だけあって、可動域は広いですね。
   ただ、肩については、肩の引出し式ではなく、左右の胸部が稼働するシステムは馴染めない思いですが。
   それと、腰の後ろ(臀部)のアーマーが可動しないのは残念です。
付属品:武器…ビームライフル、ハイパーバズーカ、ビームサーブル(光刃(直線×2、湾曲×1)、シールド
    エフェクトパーツ:バルカンエフェクト、バーニアエフェクト、ビームライフルエフェクト
    他:ハンドパーツ、各種ジョイントパーツ、交換用サーベルグリップと付属しています。
    ビームライフルは、ブリスターに格納されていると大きく見え、シールドは短く見えますが、
    実際に本体に持たせると程好いバランスに見えてきますので不満無しです。
総合的には、造形のデザインに賛否が別れる所でしょうが、上述した通り、アニメののポージングを取れる為に、可動域を重視した設計であれば満足な出来と思っています。    
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告