Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive SOS0501 Amazon MasterCard 車&バイクの雨対策 Musicexclusive ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4107
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2016年5月20日
マルチデバイスキーボードが欲しく、レビューが良いのでこちらを購入してみました。
マルチデバイス機能は、これが欲しかった!という文句の無い具合でした。
ただ1点、致命的ともいえる問題があったので書かせていただきます。

F1~F12キーなのですが、何故かデフォルトでfnキーと同時に押さないと使えない設計になっており、
そのままF1~F12キーを押すと、誰も使わないような各メディアやショートカットのキーとして機能します。
一応、「Logicool Options」という公式ソフトでデフォルト設定をF1~F12に変えられるのですが、
バグ or 仕様により、キーボードの電源がOFFになるか、デバイス切り替えによって設定がデフォルトに戻ってしまうという、謎な事になっています。

キーボードの電源は長時間使わないとOFFになるので、毎日家に帰ってきてPCを付け直した時や、デバイスを頻繁に切り替えて作業するときなど、
そのたびにLogicool Optionsを起動しないとF1~F12が使い辛くて仕方がありません。
また、まだ必要になってないので試していませんが、Playstation4や3、
その他スマートフォンなどのデバイスでF1~F12キーをfnキー無しで使いたい場合、
Logicool Optionsが導入できないので、これらの機器では設定変更は不可能・・・となるのかもしれません。

ちなみに、日本のサポートに問い合わせているのですが、1週間たっても返事すら返ってきません。どうなっているのでしょうか?
F1~F12を日常的に使っている方はくれぐれも気をつけてください。
0コメント|16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月4日
3台までペアリングを切り替えられるのが便利です。
切り替えがメカニカルなのも、何と接続しているか一目で分かり便利です。
ただ、丸いキーが意外となれません。

それから、この製品ではありませんが、何故マウスの方には切り替えられるBTマウスがないのでしょう。
それで困っています。
今後に期待します。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月28日
iOS 9.1 で、カナ配列のマッピングがおかしく正しく動きません。詳しくは、
 へ ー ゜ む ろ 「 」
の 7 文字が刻字とは異なるキー(一部はシフトを押す必要あり)に割り当てられてしまいます。
メーカーによると、原因は iOS 側の問題なので、Apple により修正されるのか、また、いつ修正されるのかについてはなんとも言えないとのこと。
ただ、原因の所在がどちらであれ、販売時点ですでに世に出ている iOS 9.1 で問題が確認されているのであれば、「iOS 対応」の謳い文句を外すか、購入者に対して注意を喚起するべきでしょう。

【追記】
iOS 9.3 でもやはりダメでした。
0コメント|68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月13日
SonyTablet11を使っていてキーボードのダメさに限界を感じて購入
結果としてはかなり気に入ってます。

・デザインがよい。ポップな感じで好みはあると思う。
 キートップが丸いけど打ちやすさは変わらない。色は黒というよりグレーですね。
・ほどほどな重さ。すごく軽くはないけど自分にはちょうど良い。
・Vaioのキーボードはよく切断されてイライラしてたけど、この商品では切断されることはない。
・キーが連打されたり、打鍵を取りこぼすこともなく快適。
・ストロークは深くない、普通のノートPCぐらい、適度なうち心地で音も静か。
・デフォルトではファンクションキーがFn押しながらでないと使えないけど、公式ツールで変更可能
・電池もちと耐久性についてはまだわかりません。
・裏足は出る機構ではないのでキーボードの角度は平置きになります。
・デザインを考えるとlogicoolロゴが無い方がよかった。

満足度かなり高いです

追記
電池持ちそこそこよい!
普通の電池で電源入れっぱなしにしてます。
(エネループも使えたけど、持ち具合は不明)
その分スタンバイ状態から打鍵すると最初の1秒だけはディレイがあります。
この瞬間はFnの設定がデフォルトに戻っていることがあります。
しばらく使用した結果でも満足度高いです。
0コメント|9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年11月12日
購入し早速使ってみたところ、Vキーが明らかにおかしい・・・引っかかる感じで、たまに押したまま戻らない。
と言う訳で交換してもらいました。(交換品は1日で来ました。早っ)
交換後は問題なく打鍵出来ました。
こんなハズレもあるので、購入した方は一度全部のキーを押してみて確認する事をおススメします。
0コメント|48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月14日
環境はwindows10、タブレット
まず、ペアリング待機状態にどうやってもらならない。
正直初期不良化だと思って、返品しようと思ったが
ふとファンクションキーを押しながらF1を押したらペアリング待機状態になった。

次にキーボードが配置通りに起動しない。
101キーボードが選択されていたせいもあるが
それを106に選択しなおしても、正常にキー操作が出来ない。

たとえば「I」、「K」が一切効かない
「L」をおすとwindowsロック発動
「↑」をおすとページアップ
「Ctrl」が効かないなど。

色々手探りで調べたところ、「fn」+「back」で治った。。
キーボードの配置をレジストリで切り替えたり色々試行錯誤したが
一番つらかったのは、こういったノウハウが公式サイトに載っていいないこと。
正直多少価格が高くても楽に設定できるやつの方がいい
0コメント|53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月15日
K480の方が入力はしやすく安定しています。
けど、K380の方は音が静かでコンパクト。
かなり気に入ってます。

Bluetoothで切り替え接続できるキーボードを以前から探していました。
3台のノートPCをHDMI切替器で繋ぎ、デュアルディスプレイ環境で利用しようと、同じロジクールのK480を半年前くらいに購入して使っていました。
K480は入力のしやすさはいいのですが、カチカチという音が気にりずっと不満でした。
おそらくこの音が好きな人は結構いるだろうし、デスクトップ用のキーボードを使ってきた人ならたぶん気にしないと思います。
僕の場合、ここ10年ノートPCをずっと使っていたため違和感を感じてました。
タイムサービスで3千円を切ったので、この際買い替えてみようかと思い購入しての感想です。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年2月1日
Macにつなげると、JISキーボードと認識され、Shift + 2で「"」が入力されます。「かな」「英数」キーも使えます。
iPhoneやiPadにつなげると、USキーボードと認識され、Shift + 2では「@」が入力されます。さらに、「かな」「英数」キーも使えるので、日本語と英語との切り替えがとても便利です。

また、iPadやiPhone側で設定することで、ローマ字入力だけでなく、かな入力もできます(参考: [・・・] )。ただし、iPadやiPhoneにBluetoothキーボードを接続した状態でないと「ハードウェアキーボード」の設定項目が出てこないので注意してください。
2コメント2件|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2016年2月7日
ZOTACのZBOX CI520(デスクトップPC)
ASUSのzenfone2(スマホ)
で使用しました。

bluetoothの設定を出して、黄色いキー3つのうち設定したいキーを長押すれば設定が始まります。
後は指示にしたがってペリングを完了すると、次回からは黄色いキーを押せば切り替わります

色はブラックというよりグレーです。
キーの色が若干濃い色になっています。

(写真1)
重さは電池を入れた状態で416gでした。
以前、使っていたエレコムのTK-FDP021がほぼ同じサイズでおよそ300gなので、このサイズのキーボードとしてはちょっと重い方ですね。

(写真2)
接地面との隙間が狭いので隙間に指を入れて持ち上げにくいです。

(写真3)
裏面はシールなど貼っていないので、すっきりしています。
スタンドもありません。

・気になった点
ファンクションキーはfnキーを押しながら押さないといけません。
ロジクールのサイトでLogicool Optionsをダウンロードしてインストールすると設定することが出来ます。
ファンクションキーをそのまま使う設定と、F4~F7は個別に機能を割り当てることが出来ました。

プリントスクリーンの位置がわかりにくかったです。
fn+tabでプリントスクリーンになります。

・使用感
キーの打ちやすさは特に問題ないと思います。
パンタグラフ式らしいですが、打鍵音も静かです。
キーが丸いのは特に打ちにくいとは感じませんでした。

デスクトップPCでは、Bluetoothスピーカー(CREATIVE T12 Wireless)と無線マウス(Logicool M325)を使っていますが、同時に使っても問題ありませんでした。

黄色いキーがちょっと派手なので、青の方が良かったと思わなくもないですが、全体的に非常に満足しています。
review image review image review image
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年5月17日
仕事上、上記3デバイスを使い分けており
LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/Bと使い分けていたのですが
コンパクトな本品を見つけて購入しました。

接続は電源を入れて左上のボタンを押すだけで非常にシンプル。
各機器すぐ認識し切り替えも簡単です。
キータッチも自分には合っているようで丸型のボタンもよく設計されているなと思いましたが
永らくK270を使用していたため、パンタグラフ方式と、メンブレン方式でのタッチ感は
やはり多少の慣れが必要で、キーピッチ18mmも手の大きな方には小さく感じるかもしれません。

iPadで利用の場合、以下を認識しておく必要があります。
・キーボード設定で「日本語 – ローマ字」と「英語」が選択されている必要がある
・US配列になるので@の位置などが異なり(@はshift+2)キーボード右上の薄い部分になる
・ソフトウェアキーボードをしまう場合はF6、ホームに戻るはF4になる
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)